【スノーピーク】リビングシェルの選び方~3種類のサイズ感やレビューまとめ~

リビングシェルシリーズ一覧

どうも、キャップです。

今年リビングシェルSを購入したことでリビングシェル3兄弟の全てを制覇しました。

アイボリーラインやアニバーサリーモデル等の派生モデルは未経験ですが、

  • リビングシェルS
  • リビングシェル
  • リビングシェルロング Pro.

と3種類のサイズを購入・使用し、それぞれ記事にしてきました。

この節目でリビングシェルシリーズに関するまとめ記事を作成しておきたいと思います。

リビングシェルシリーズを検討している方の参考になれば幸いです。

 

 

 

リビングシェルの購入・使用レビュー

リビングシェルロングPro.外箱

リビングシェルS、リビングシェル、リビングシェルロング Pro.の購入レビューです。

購入した嬉しさから少し浮かれた文章になっています。

購入前に検討したことや購入に至った理由などをまとめています。

 

リビングシェルS:2020年9月

【スノーピーク】リビングシェルSを購入!~幕沼の旅2020~
設営の簡単さ、安定性、身長180cmの僕でも立って着替えることができる十分な室内高。「S」と言えどリビングシェルの良い点は全て網羅されています。
スノーピーク(snow peak) リビングシェルS TP-240
スノーピーク(snow peak)
¥104,280(2020/09/22 01:50時点)
● セット内容:本体、Aフレーム(×2)、リッジポール(×1)、Cフレーム(×2)、アップライトポール(190cm×2)、ジュラルミンペグ(21cm×22)、三角ポケット(×2)、コンプレッションベルト(×2)、自在付きロープ(3.5m×6、リング付2m×4)、シームグリップ剤、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース

 

リビングシェル:2017年11月

【スノーピーク】リビングシェルを購入!~我が家の必須条件を全てクリアした優等生~
【開封写真あり】とうとうリビングシェル購入しました!我が家の条件を全て満たす幕はランドロックではなくリビングシェルでした。さらばランドロック。こんにちはリビングシェル。
スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル [4人用]
スノーピーク(snow peak)
¥98,480(2020/06/03 07:47時点)
○ 材質:本体/75Dポリエステルタフタ・70Dナイロンタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム(ルーフ部)、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)・UVカット加工・テフロン撥水加工、マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、フレーム/A6061(φ16mm+φ19mm)

 

リビングシェルロング Pro.:2019年4月

【スノーピーク】リビングシェルロング Pro.を購入!~リビングシェルから買い替えました~
インナールームを除いたスペースはリビロンが310cm、リビシェルが230cm。この差は大きい!
スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル ロング Pro TP-660 [6人用]
スノーピーク(snow peak)
¥190,300(2020/06/03 07:41時点)
●材質:本体(フライ)/150Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム(ルーフ部)、150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)・テフロン撥水加工・UVカット加工、フレーム/A6061(φ16mm・19mm)

 

 

 

リビングシェルのインナールーム購入・使用レビュー

リビングシェルインナールーム

リビングシェルとリビングシェルロング Pro.のインナールーム購入レビューです。

インナールームなのでサイズにまつわる情報が多めです。

※リビングシェルSはインナールームを購入していないのでレビュー記事ナシです。

 

リビングシェルのインナールーム:2018年9月

【スノーピーク】リビングシェルのインナールームを購入!~専用設計って最高!さすが純正オプション!!~
リビングシェルの純正インナールームは室内空間に無駄が生まれないので超オススメ。小型~中型シェルターは専用設計のインナールームが無難です。
スノーピーク(snow peak) タープ リビングシェル インナールーム 4人用 TP-512IR
スノーピーク(snow peak)
¥26,950(2020/06/03 07:41時点)
●材質:本体:68Dポリエステルタフタ・ブリーザブル撥水、ボトム:210Dポリエステルオックス・PUコーティング・耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)

 

リビングシェルロング Pro.のインナールーム:2019年7月

【スノーピーク】リビングシェルロングPro.専用インナールーム実写レビュー ~広い?狭い?リビングシェルと比較して紹介します~
差はココだ!リビロンのインナールームとリビシェルのインナールームを徹底比較!!
スノーピーク(snow peak) タープ リビングシェル ロング Pro. インナールーム TP-660IR
スノーピーク(snow peak)
¥36,080(2020/06/03 08:42時点)
●材質:75Dポリエステルリップストップ、ボトム/300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧10,000mmミニマム

 

 

 

リビングシェルの設営と修理について

リビングシェル リッジポール修理

リビングシェルの設営や修理にまつわる記事です。

リビングシェルは設営しやすく作りもしっかりしていますので必須情報ではありません。

いざという時の情報として。

 

リビングシェルの設営:2017年12月

【スノーピーク】リビングシェルを初設営!~20分で完了!本当に簡単!~
【写真多め】河川敷公園でリビングシェルを初設営。組み立て過程を写真で紹介します。噂通りの簡単さ。20分かからず設営できました。

 

リビングシェルのリッジポール修理:2018年4月

【スノーピーク】リビングシェルのリッジポールが曲がってしまったので修理に出してみた
スノーピークのオンライン修理受付を利用してみました。超スピード対応でした!!

 

リビングシェルロング Pro.のシールドルーフの設置方法:2019年8月

【スノーピーク】リビロンのシールドルーフの設置方法~説明書はちゃんと読もう~
まず最初にフロントのCフレームに引っ掛けるのが正解です。
スノーピーク(snow peak) タープ リビングシェル ロング Pro. シールドルーフ TP-660SR
スノーピーク(snow peak)
¥13,750(2020/09/22 14:42時点)
●材質:75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工

 

 

 

リビングシェル3種類の良い点・悪い点

リビングシェルとリビングシェルロング Pro.の比較

それぞれの良い点、悪い点を簡単にまとめてみました。

当たり前ですが完全無欠100点満点の幕はありません。

良い点があればその代償として悪い点があります。

「悪い点」と表現しましたが「欠点」ではなく「特徴のひとつ」です。

 

リビングシェルSの良い点・悪い点

〇:軽量コンパクトで設営が超簡単かつ大人が立てる室内高

×:インナールームが小さい(2人で満員)

 

リビングシェルの良い点・悪い点

〇:狭めの区画サイトでも設営できるオールマイティーなサイズ

×:インナールーム余剰スペースは家族4人のリビングとして少し手狭

 

リビングシェルロング Pro.の良い点・悪い点

〇:家族4人で2ルーム的に使えるサイズながら設営が非常に簡単

×:Pro.幕なので結構重い。シールドルーフを付けるのが大変。

 

 

 

どのリビングシェルを選ぶ?

リビングシェル

リビングシェルシリーズの選び方。

リビングシェルを3種類全て使ってみて「この使い道ならこれ」という僕の意見であって、あくまで個人的な主観です。

冬キャンプでストーブをインする考え方等も自己責任。この点はご了承ください。

 

 

3つのリビングシェルのサイズ

まず、それぞれのサイズをおさらいしておきます。

リビングシェルS

リビングシェルSのサイズ出典:スノーピーク

リビングシェル

リビングシェル寸法出典:スノーピーク

リビングシェルロング Pro.

リビングシェルロング Pro.のサイズ出典:スノーピーク

 

 

各寸法は上図の通り。

リビングシェルS → リビングシェル → リビングシェルロング Pro.

の順にそれぞれ

  • 全長:350cm → 455cm → 530cm
  • 横幅:320cm → 415cm → 415cm
  • 全高:205cm → 210cm → 220cm

です。

 

一番の違いは全長。

リビングシェルロング Pro.はリビングシェルSより180cmも長いです。大人の身長ほど差があるってことですね。

ちなみにリビングシェルロング Pro.はポールの数が1本多いです。Aフレーム2本とCフレーム2本(3兄弟共通)に寝室上部を支えるテントフレームが1本追加されます。

 

横幅はリビングシェルSだけが短いです。

リビングシェルとリビングシェルロング Pro.の横幅は同じです。

 

全高にそれほど差は無し。

最小サイズのリビングシェルSでも205cm。リビングシェルロング Pro.と15cmしか違いません。

 

このサイズの違いも踏まえた「この使い道ならこれ」という僕の意見が以下です。

 

 

4人のファミリーキャンプならリビングシェルロング Pro.

リビングシェルロングPro.

家族4人でオールシーズンキャンプをするつもりなら、リビングシェルロング Pro.これ一択です。

対抗馬はスノーピークならランドロック、他社ならトンネル型ツールーム等かと思います。

僕はランドロックや他社のトンネル型ツールームを所有・使用したことが無いので断言できませんが、このサイズでこの設営のし易さは群を抜いてる気がします。

家族4人で1泊2日とかだとテント設営にかける時間と労力はできるだけ減らしたいので、そういう意味でもリビングシェルロング Pro.はベストチョイスだと思います。

名前に「Pro.」と付いてて値段も高いので「ベテラン用の幕なのでは」と思うかも知れませんが全くそんなことはありません。

初心者でも家族4人でオールシーズンキャンプをするつもりなら、最初から買ってしまってもOK。

後悔することは無いと思います。

 

 

フジカハイペット芯交換

専用インナールームは必須です。

他社製でカンガルーしても良いですが、スペース効率では専用に適いません。

インナールームを設置した後に生まれるリビングスペースは家族4人でも十分な広さです。

フジカ・ハイペット等の石油ストーブをインしても、室内レイアウトにはそこそこ余裕ありますし、もろもろ考えても家族が幸せになれる幕だと思います。

 

 

 

3人ならリビングシェル

リビングシェル

家族3人でオールシーズンキャンプをするつもりならリビングシェル。

僕は最初にリビングシェルを購入したのですが、家族4人でオールシーズンキャンプを続けてると室内空間が手狭に感じ始め、リビングシェルロング Pro.に乗り換えました。

誤解のないように付け加えますが「家族4人だと無理!」とは言い切れません。工夫すれば家族4人でも使えます。

でも僕は「リビングシェルロング Pro.だったらもう少し広いのかな~・・・」と妄想し始めてしまいました(そうなると妄想が止まらない)。

 

 

リビングシェルのリビングスペース

専用インナールームを設置した後の室内空間はこんな感じ。

リビングシェルのインナールームはリビングシェルロング Pro.ほどスペース効率が良くないので、3人での使用なら他社製でカンガルーしても良いと思います。

 

親子3人で使うならならリビングシェルはジャストサイズだと思います。

少し狭めの区画サイトでも苦労せず張れますし、持ち運びサイズもそこそこコンパクト。

石油ストーブをインした時の熱効率(≒室内の暖まり方)も良好です。

サイズバランスはシリーズ3兄弟の中でリビングシェルがベストじゃないかと思います。

 

 

 

ソロや寝室的な用途ならリビングシェルS

スノーピーク リビングシェルS

最後にリビングシェルS。

スノーピークの説明には

1~2名程度での使用に適したサイジングでリデザインしました

とありますが「室内では寝るだけ」と割り切れば親1人子供2人とかでも使用可能と思います。

ソロ幕としては十分過ぎるスペックと大きさ(と言うかオーバースペック)。

ソロなら室内にコットを置いて更に各種道具を配置できる広さだと思います。

 

 

スノーピーク リビングシェルS

まだ使い込んでいませんが冬のデイキャン(タープだと寒い)にも使えるのではと思っています。

タープと同じくらいサッと設営できますし、シェルターなので風を遮ってくれます。石油ストーブをインすれば暖まれますしね。

ゼクーMも冬のデイキャンで活躍したので、立てやすいシェルターは、そういう使い道もぜんぜんアリだなと思います。

 

個人的な意見としては、リビングシェルSは2つめのリビングシェルに最適です。

「いざとなればリビングシェルロング Pro.がある」という安心感の元、「今回はリビングシェルSで出撃してみようか」という選択ができる。この幸福感はたまりません。

 

 

 

 

以上、リビングシェルにまつわる情報まとめでした!

 

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました