【スノーピーク】リビングシェルは本当に設営が簡単!初めてでも20分で設営できました!

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

とうとうリビングシェルを買ったのです。

【開封写真あり】とうとうリビングシェル購入しました!我が家の条件を全て満たす幕はリビングシェルでした。

買ったら嬉しくてすぐに使いたくなりますよね、そりゃ。

よく行く淀川河川公園でリビングシェルを試し張りしてきました。

リビングシェルは収納サイズもアメニティドームMよりも一回り大きい

リビングシェルの収納サイズ(キャリーバッグサイズ)は

76×28×33(h)cm、13.2kg

対してアメニティドームMの収納サイズは

74×22×25(h)cm、8kg

アメニティドームMと比べて多少大きく重いものの、「こりゃ大変だよ~」と嘆く程ではありません。ぜんぜん許容範囲内ですね。

リビングシェル開封。最初は綺麗に畳まれてます。

バッグから初出し。

開けるとこんな感じでコンプレッサーベルトに絞られた幕体が綺麗に鎮座。

こんなセット内容です。

クルクルと広げてみる。

いやあ、やっぱ最初は綺麗に畳んで収納されてますね~。

もう二度とこの綺麗さでは収納できない自信があります。

リビングシェルはまずAフレームを組んで立ち上げる

まっすぐで短い棒はAフレームのリッジポール。

リッジポールの先端(紺色)をAフレームのジョイント穴に刺してセンターリングを引っ掛けます。この時Aフレームジョイントは紺色シールを外側に。

紺色シールの貼られたAフレームの先端に、紺色テープ(ペグダウン用)と同じ輪に付いているリングピンを差し込みます。

これだけで立ち上がります。早い。あっけない。

リッジポールで吊り下げらた幕を2つのAフレーム(先端の4箇所が地面に接地)で支える格好ですね。

リングピンがフレームの穴に刺さって抜けないので一人でも楽に設営できます。

アメニティドームはピンをポールの穴に刺してもすぐに抜けてしまいますからね。刺されば抜けないリングピンはナイスです。

次にCフレームを組む・・前にやるべきことが

続いてCフレームをAフレームの外側にセットします。

赤色シールの貼られたCフレームの先端に、赤色テープ(ペグダウン用)と同じ輪に付いているリングピンを差し込みます。

あ、シールドルーフを付けるの忘れてる・・・。

立ち上げてしまうと全高210cmあるので天井にシールドルーフを付けるのが大変です。

先にシールドルーフを付けてから立ち上げる方が良いんでしょうね。

これでCフレームの取付完了。シールドルーフも付きました。

リビングシェルはアップライトポールが標準で付属する

アメニティドームMはアップライトポールが別売りでしたが、リビングシェルはアップライトポールが標準で付属します。

そのアップライトポールを使ってドアパネルを跳ね上げてみました。

お~!いい感じ^^

本当に設営簡単ですね。ここまで20分かからなかったと思います。

リアパネルと三角ポケット

跳ね上げたドアパネル側から撮影。こっちがリアパネルですよね。

外から見たリアパネル。

アメニティドームMとドッキングする際は外側のサークルまで幕をまくり上げて固定します。

「三角ポケット」なるものが2枚付属します。

ここに引っ掛けるらしい。「収納ポケットとして利用してね」ということかな?

う~ん、これは今後は付けることはなさそう。面倒だし。

リビングシェルの室内空間は丁度良い広さ

荷物を置いてみました。

丁度良い広さに感じました。キャンプ場に行くのが楽しみ。

記念写真をパチリ。

この広さなら寒い時期は家族4人幕内で食事できますね。

うん、家族4人のリビングとしても丁度良さそう。

必要にして十分、という印象です。

リビングシェルは満足感がハンパない

スカートの付いてる幕は初めて。

スカートが付いてると妙な安心感があります。何だろ、この感覚。

安定感のある立ち姿も気に入りました。

冬キャンプへの期待も膨らみます、うん。

リビングシェル、すっごく満足です!

あ。。。「シームリング剤で目止めしてください」って書いてあったけどやるの忘れた。

以上、リビングシェル開封&試し張り、でした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告