【スノーピーク】リビングシェルロング Pro.を購入!~リビングシェルから買い替えました~

リビングシェルロングPro.設営写真

どうも、キャップです。

4月は新幕体への入幕シーズン。

僕はノーマルのリビングシェルを卒幕し、Pro.幕のリビングシェルロングPro.に入幕しました。

とうとう憧れのPro.幕ゲットです!

リビングシェルに大満足

リビングシェル

スノーピークのリビングシェルを導入してから1年半ほど経過しました。

導入時にランドロックと比較し、機動力の差でリビングシェルを選びました。

【スノーピーク】リビングシェルを選ぶべき7つの理由~我が家の必須条件を全てクリアした優等生~
【開封写真あり】とうとうリビングシェル購入しました!我が家の条件を全て満たす幕はランドロックではなくリビングシェルでした。さらばランドロック。こんにちはリビングシェル。

 

リビングシェルの設営し易さは評判通り。

子連れキャンパーにとってリビングシェルの設営の楽さは本当に助かります。子連れキャンパーはテントの設営時間が長引くとロクなことが起こりませんからね。

【スノーピーク】リビングシェルを初設営!~20分で完了!本当に簡単!~
【写真多め】河川敷公園でリビングシェルを初設営。組み立て過程を写真で紹介します。噂通りの簡単さ。20分かからず設営できました。

 

この1年半、リビングシェルで30泊くらいしましたが大きな不満はありません。

全長455cmという絶妙なサイズで小回りが利くし、石油ストーブの熱も回りやすい。ホント良い幕です。

スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル [4人用]
スノーピーク(snow peak)
¥107,784(2019/09/23 07:45時点)
○ 材質:本体/75Dポリエステルタフタ・70Dナイロンタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム(ルーフ部)、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)・UVカット加工・テフロン撥水加工、マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、フレーム/A6061(φ16mm+φ19mm)

 

 

でもリビングシェルロングPro.が欲しくなるのがスノーピーク沼

マイアミ浜オートキャンプ場

ランドロックと比較してリビングシェルを選んだ理由は以下7つ。

  1. 設営の簡単さに定評がある
  2. 5m以内の大き過ぎないサイズ
  3. 僕が室内で立てる全高210cm
  4. デカ過ぎない収納サイズと重量(76cm×28cm×33cm、13.2kg)
  5. 冬キャンプ対応のスカート付き
  6. 夏キャンプ対応のメッシュ窓
  7. 税別価格でギリギリ10万円切りの99,800円 (税別)

 

僕が知る限り、この7つを全て満たす幕は他に無いです。

でも僕はいつしか、こう考えるようになっていました。

「リビングシェルロングPro.なら2番、4番、7番の条件は妥協しても良い」と。

「いつかはランドロック」だったはずが「いつかはリビロン」に。

何故そんなにリビングシェルロングPro.が欲しいのかって?

そりゃあなた、理由は決まってるじゃないですか。「欲しいから」ですよ。

嗚呼、スノーピーク沼。

スノーピーク(snow peak) テント リビングシェル ロング Pro TP-660 [6人用]
スノーピーク(snow peak)
¥186,840(2019/09/23 07:50時点)
●材質:本体(フライ)/150Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム(ルーフ部)、150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)・テフロン撥水加工・UVカット加工、フレーム/A6061(φ16mm・19mm)

 

 

リビングシェルとリビングシェルロングPro.を比較

リビングシェル寸法

出典:スノーピーク

リビングシェルロングPro.寸法

出典:スノーピーク

サイズ比較。

全長が75cm長く、高さが10cm高いのがリビングシェルロングPro.です。幅は415cmで同じ。

重量は5.4kg重くなります。リビングシェルが13.2kg、リビングシェルロングPro.が18.6kg。

ちなみにランドロックの重量は20kg越えます。

 

 

リビングシェルロングPro.床面積出典:スノーピーク

一番惹かれたのはこの図。

リビングシェルロングPro.は専用インナールームを設置してもリビングスペースが310cm確保できます。

この図を見て「リビロンに乗り換えたい!」とスイッチが入りました。

 

 

リビングシェルのリビングスペース

ノーマルのリビングシェルは専用インナールームを設置すると、境界線が側面ドアの中心位置あたりになります。リビングスペースは約230cmです。

まぁ、230cmでも工夫すれば何とかなります。「狭過ぎて無理!」ってことはありません。

ただ、家族4人がリビングスペースに集まると少し手狭に感じるのもこれまた事実。妻の感想は「4人だとちょっと狭いかなー」です。確かに・・・。

 

リビングシェルロングPro.なら専用インナールームを設置しても310cmの広いリビングスペースが確保できる。

しかも設営し易さはリビングシェルと殆ど変わらない。

多少重くなっても、多少サイズが大きくなっても、リビロンならきっと大丈夫!

 

 

ようこそリビロン!

リビングシェルロングPro.外箱

涙ぐましい様々な金策の末、とうとうリビングシェルロングPro.をゲット!

ようこそリビロン!

 

 

リビングシェルとリビングシェルロング Pro.の比較

収納時の大きさ比較。

上:リビングシェル=76cm×28cm×33cm

下:リビングシェルロングPro.=80cm×28cm×30cm

幅、高さはほぼ同じですが全長が4cm長いです。

 

 

リビングシェルとリビングシェルロング Pro.の比較

上から見た図。これが全長4cmの差。

実はこの差は大きかったです。我が家の収納庫は横幅80cm。

ギリギリセーフですが、ジャストフィット過ぎて収納庫にリビロンを入れるのが大変・・・。これは想定外。

 

 

リビングシェルロングPro.を設営してみた!

リビングシェルロングPro.設営写真

羽化する前のリビングシェルロングPro.です。

すごく綺麗に折りたたまれた状態。このパーフェクトなサナギ状態はこれで見納め。

 

 

リビングシェルロングPro.設営写真

リビングシェルロングPro.設営写真

クルクルと展開すると中からケースに入ったポールとガイロープ一式が出現。

 

 

リビングシェルロングPro.設営写真

リビングシェルロングPro.設営写真

更に展開。ホント綺麗に折りたたまれてますね。

中にポールをくるんだ状態であのサイズだったとは。もう二度と無理やな。

 

 

リビングシェルロングPro.設営写真

設営中。

一番右に見えるポールは寝室上部を支えるテントフレームです。これはノーマルのリビングシェルには無いパーツ。

リビングシェルと大きく構造が違う点はこれくらい。設営のステップもほぼ同じです。

 

 

リビングシェルロングPro.設営写真

フロント側のドアパネルはセンターで分割できます。リビングシェルとの差。

 

 

リビングシェルロングPro.

綺麗な立ち姿。やっぱ良いな。

 

 

リビングシェルロングPro.設営写真

ドアパネルにサイドウォールが付いています。これもリビングシェルとの差。

横風と視線を防いでくれるサイドウォールはリビングシェルロングPro.の大きな魅力ですね。いいわ、これ。

 

 

リビングシェルロングPro.設営写真

メッシュの多さは特筆モノ。蚊帳みたい。

 

 

リビングシェルロングPro.設営写真

中から見るとこんな感じ。

メッシュにしたら内側パネルを一つずつ巻いて留めるのがちょっと面倒ですが贅沢な悩みです。

 

 

まとめ

リビロンの設営は楽チン。ほぼリビシェルと同等。強いて言うなら違いは以下2点。

  • 全長が75cm長く、材質がPro.幕になったので、幕を広げる時にちょっと重い。
  • 全高が10cm高く、天井面積も広くなったので、シールドルーフをかける作業に手間取る。

どちらも想定内。たぶん慣れれば20分以内で設営できますね。

 

いやー、リビロン、最高です。

早く実戦投入したいです!

 

 

以上、人生初のスノーピークPro.幕をゲットした話でした!

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

  1. 岡野 より:

    はじめまして。リビングシェルについて検索していて辿り着き、いろいろ参考になる記事を、興味深く読ませていただきました。
    今、アメニティードームMとコールマンのタープでキャンプしていますが、リビングシェルかリビングシェルロングを買おうと画策中で、どちらにするか悩んでいまして、リビングシェルロングの使用感の記事、楽しみにしています!

    • キャップ より:

      岡野さん、コメントありがとうございます!
      四国キャンプ旅行に出かけたりとブログ更新が滞っておりますが、早いうちにリビングシェルロングPro.の使用感の記事も書きたいと思っております。またご覧いただけると嬉しいです!!

      • 岡野 より:

        返信ありがとうございます!
        記事を拝見していて、嗜好が近そうなので、とても参考になっています。
        冬キャンプの道具なども、揃えようと思っています。
        リビロンの記事、楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました