【スノーピーク】焚き火用トング「火ばさみ」ゲット ~大きく開くので掴みやすい!でも開きっぱなしで収納し辛い!~

スノーピーク火ばさみ

どうも、キャップです。

スノーピークの火ばさみを購入したので購入経緯と開封レポです!

 

テンマクデザインのキングトングが歪んだ

焚き火

以前、焚き火グッズについての記事を書きました。

焚き火台の次に揃えたい!おすすめ焚き火グッズ5選!!
焚き火グッズって、使ってる人それぞれにウンチクや語りたいことがあって、正解と正義が無数にあるんだと思います。

 

 

キングトング

その焚き火グッズ紹介記事でテンマクデザインのキングトングを「握った時に復元しようとする弾力、金属の剛性感が丁度良い」と紹介しました。

テンマクデザイン KING Tongs キング トング
tent-Mark DESIGNS
¥1,069(2019/09/23 09:40時点)
●サイズ:約395mm ●重量:約157g■Made in Japan

 

ほんとにそうなんです。程良い柔らかさ。「握り疲れ」が少ないです。

 

ただ、程良く柔らかいせいなのか、ちょっとしたアクシデントで変形しがちです。

運搬時に収納袋の中で押しつぶされて変形したり、踏んづけてしまって変形したり。

「全部あんたの注意不足やん!」と言われたら全くその通りなのですが、要するに変形して歪んでしまいました。アララ。。

 

 

次なる焚き火用トングに悩む

焚火

焚き火グッズ紹介記事でユニフレームのファイアグリルとFGポットハンガーをエラそうにオススメしました。

しかし、これら一式を売却してスノーピークの焚火台Lを手に入れていました。

【スノーピーク】焚火台Lスターターセットを購入!~まさに焚き火台の最高峰~
開封写真たっぷりで紹介。質感の高さにニヤける。オーバースペックだからこそ満足感もハンパないです。

キングトングが歪んでしまったことを言い訳に、焚火台Lにマッチする焚き火用トングの物色を開始。

 

 

スノーピーク(snow peak) タキビツールセットプロ N017R
スノーピーク(snow peak)
¥9,720 (¥119 / oz)(2019/09/23 09:40時点)
サイズ:全長各520mm

流石に「タキビツールセットプロ」は大袈裟(&値段も高すぎる)のでナシ。

 

 

こういうシンプルで安価な炭ばさみでも機能的には十分ですよね。わかってます。

でも、もうちょっと気分がアガる物が欲しくなるのが焚き火心というものです。

 

 

ユニフレームのUFトングは堅牢で使いやすいみたいです。実質本位ならこれかも。

 

 

でも「薪バサミ」とかの方が焚き火心を満たしてくれるんですよね。こういうのを求めてるんです。良いなーコレ。

 

 

 

スノーピークの「火ばさみ」を購入

スノーピーク火ばさみ

結局コレ買いました。スノーピークの火ばさみ。焚火台もスノーピークですし。

スノーピーク(snow peak) Pinchers Hibasami 火ばさみ N-020 N020
スノーピーク(snow peak)
¥2,052 (¥86 / oz)(2019/09/23 09:40時点)
本体サイズ(約):幅4×長さ40.5×高2.5cm

スノーピークにしては価格が良心的だと感じるのは麻痺してるだけか。

 

 

スノーピーク火ばさみ

グリップ部分はビーチ材です。ブランドの焼き印が渋い。

 

 

スノーピーク火ばさみ

日本製。質感も良いです。

 

 

スノーピーク火ばさみ

薪などを掴みやすいように先端は波型。

作りは精巧。握ってカチカチ噛み合わせると、正確に波の先端同士がくっつきます。

握り心地は固め。片手で閉じるのにはけっこう握力が必要。柔らかくはないですね。

 

 

 

開きっぱなしで収納し辛い

スノーピーク火ばさみ

購入時はビニールテープで留められてますが、

 

 

スノーピーク火ばさみ

ビニールテープを外すと開きます。標準の角度がこれ。閉じた状態にできないので収納時にかさばります。

 

閉じて収納できるように、レザーケースを自作されてる方もいるようです。

 

 

 

焚き火グッズは揃えること自体が喜び

焚き火ツールケース

こんな焚き火ツールBOXも購入し、ギアを収納してニヤニヤしております。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS)の焚火ツールケースを購入!~ペグで自立するだけじゃない3つの美点とは~
ペグで自立するだけじゃなく、ハンドル部がベルクロで留まるしファスナーで大きく開口します。

 

 

以前も書きましたが焚き火グッズは嗜好品。その性質上、衝動買いによるアイテム増加の危険と背中合わせです。

「要るの?」と聞かれたら「持っときたいの」と答えがちですが、定期的に断捨離していく必要あるな~とは感じてます。

 

以上、スノーピークの火ばさみを選ぶまでのウダウダ考察と開封レポでした!

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました