アフィリエイト広告を利用しています

【スノーピーク】ソリッドステークデルタ30を購入!~インナールームの設置がめちゃ楽になった!~

5.0
この記事は約4分で読めます。

ソリッドステークデルタ 30

どうも、キャップです。

スノーピークの2024年新製品で「発売されら買う」と決めてたアイテムがもう一つありました。

ソリッドステークデルタです。

 

 

 

「ソリッドステークデルタ」とは?

ソリッドステークデルタ 30

ソリッドステークデルタは2024年の新製品です。

発売されてすぐ、2023年末に発売されました。

サイズ展開は20cm、30cm、40cm、50cmの4種類。

 

ソリッドステークデルタ 30 | テントペグ・ハンマー・ロープ・ポール | キャンプ | スノーピーク(Snow Peak)
ソリッドステークデルタ 30(R-403)の商品ページです。【公式】スノーピーク(Snow Peak)の公式サイトです。 スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・アパレルを中...

ペグ上部にも浅いフックがあるのが特徴です。

 

 

 

インナールーム用に2本購入

ソリッドステークデルタ 30

店員さんと相談して、30cmサイズを2本購入しました。

 

リビングシェルロング.ProとリビングシェルSのお尻用。

ペグ打ちした後でインナールーム用のロープを引っ掛ける用途です。

 

その用途なら20cmでも大丈夫な気がしました。

でも、念のため1サイズ大きめを選びました。

 

 

 

ソリッドステークデルタ30のディテール

ソリッドステークデルタ 30

最大の特徴はヘッドの形状。

ロープを引っかけるフックが2カ所あります。

 

 

ソリッドステークデルタ 30

基本的な造りはソリッドステークと同じなので質感も似てます。

持った感じは同じサイズのソリッドステークよりちょっと重いですね。

 

 

ソリッドステークデルタ 30

ヘッドを上から見ると菱形。

これも通常のソリッドステークとの違いですかね。

 

 

 

ソリッドステークデルタ30実践デビュー

ソリッドステークデルタ 30

使用中。

ペグ打ちし終えた後に、インナールームのロープを引っ掛けました。

 

 

ソリッドステークデルタ 30

下のゴムはリビングシェルのフライ。

ペグ位置を決めて打ち込んだら外せなくても問題ナシ。

 

上に掛けてるのがインナールームのロープ。

フライを固定した後、インナールームをセットしてからペグに引っ掛けました。

 

普通はペグを打ち込んだ後にロープを掛けるは大変です。

ロープを掛けるフック部分が地面に食い込んでるので。

 

でも、ソリッドステークデルタならペグ上部に別のフックがあるので、そこにロープを掛けるだけ

 

 

 

ソリッドステークデルタはアリです!

ソリッドステークデルタ、良いですね。

地味に便利です。

ちょっとしたことですが、こういうストレス軽減の満足度は高い。

 

新製品と言ってもペグの形を少し変えただけです。

 

でも頻繁にキャンプやってる人じゃないと思いつかないアイデアです。

最近は業績不振で苦しいスノーピークですが、こういうタイプの新製品が生まれてくるうちは、まだ大丈夫なんじゃないか、と勝手に上から目線の感想を抱く僕でした。

 

 

以上、スノーピークのソリッドステークデルタ30を購入したらインナールームの設置がめちゃ楽になった話でした!

コメント