ファミリーキャンプで使うフライパンのオススメ5選!~素材は鉄製が良いと思います!~

ユニフレーム10インチスキレット

どうも、キャップです。

フライパンは調理道具の中でも使用頻度が高いので「良いもの」が欲しいですよね。

今でも時々「新しいフライパンが欲しいな~」と思います。

ただ、フライパンって種類が多過ぎて迷います。キャンプ用じゃなく家庭用を選んでも良い訳だし。

僕が今まで使ったもの、購入時に比較検討したものの中から「今買うならコレかな」というフライパンを5つ紹介したいと思います!

 

 

 

ファミリーキャンプで使うフライパンの条件とは?

サイズは22cm~26cmがベスト

ファミリーキャンプで使うフライパンのオススメサイズは22cm~26cmです。

家庭用フライパンで「1番使いやすい」と言われているのが26cmです。

fan5などの有名なクッカーセットに含まれるフライパンはだいたい22cm~24cmです。

フライパンのサイズは外側(上部)の直径です。焼き面(底面)の直径ではないので注意しましょう。

 

理由その1.28cmは大き過ぎる

「1番使いやすい」と言われている26cmは3人家族を想定したサイズだそうで、4人家族だと28cmがオススメのようです(家庭用の場合)。でも28cmは重くて大きいです。

キャンプ道具として持参することを考えると28cmはちょっと大き過ぎ。

「家族4人分の料理を1回のフライパン調理で作り終えなければならない」という場面はそうそう無いはず。

理由その2.20cmは小さ過ぎる

20cmは朝食で1人分のソーセージを炒めたり目玉焼きを焼いたりするのにちょうど良いサイズ。

サブのフライパンとして持つなら良いですが、ファミリーキャンプで夕飯の調理をするには20cmだと小さいと感じると思います。

 

 

素材は鉄がベスト

ここは賛否両論あると思いますが、僕は鉄製のフライパンをオススメします

鉄製のフライパンは熱に強く直火(炭、焚き火)料理も可能です。空焚きの心配がありません。

熱伝導率が高く冷めにくいので高温を維持できます。高温を維持して調理された肉は美味しいです。

メンテナンスさえ怠らなければ長く使えます。油が馴染んでくると焦げ付きにくくなりますし、「鉄だけど錆びにくい」という素材もあります。

理由その1.アルミ製やチタン製よりも扱いやすい

アルミやチタンは軽いので山岳系クッカーの素材に採用されることが多いです。

その「軽い」という特性を活かす為に薄いものが多いのですが、薄いアルミは火のあたる部分が焦げやすく、薄いチタンは焼きムラが出やすいです。

ファミリーキャンプのメインで使うフライパンの素材にあえてアルミ製やチタン製を選ぶメリットは少ないと思います。

理由その2.ステンレス製は薄いと焦げるor厚いと高価

薄いステンレス単層のフライパンも焦げやすいです。

底が肉厚or多層構造(アルミ+ステンレス等)だと熱が均一に広がるので焦げ付きにくく使いやすいんですが、値段が高くなりますし、重さは鉄製のフライパンと殆ど変わりません。

理由その3.表面加工が施されたフライパンは長持ちしない

フッ素加工、テフロン加工、ノンスティック加工など、焦げ付き防止の表面加工が施されたフライパンは鉄製じゃなくても使いやすいです。

ただし表面加工が剥がれないよう丁寧に扱う必要があるのでキャンプ向きじゃないと思います、個人的には。

キャンプでは夜中に薄暗いシンクで洗い物をする場合も多いので「早く洗い物を終わらせよう」と乱暴に洗ってしまいがち。表面加工を傷付けてしまうことが多いです(僕の場合)。

 

 

フタ付きがベスト

これは好みの問題ですがフライパンのフタがあると何かと便利です。

フタをすることで蒸気を閉じ込め「蒸す」という工程を加えることができます。

ジャガイモを茹でずにジャーマンポテトが作れます。目玉焼きが美味しく作れます。

 

 

 

フライパンのオススメ5選

1.極SONS COCOpan ベーシック 26cm(COCOpan)

極 SONS 鉄 フライパン ベーシック 26cm COCOpan C101-006
COCOpan
¥7,040(2021/02/03 22:07時点)
サイズ:直径26x底面17.5x高さ5x底の厚さ0.16cm

今やココパンは持ち手が外れるフライパンの代表選手ですね。

覚悟を決めて長く使えるファミリーキャンプ用のフライパンを選ぶなら、今のところこれがベストじゃないかと思っています。

極シリーズは国産の鉄フライパンメーカー「リバーライト社」とのコラボ商品です。

鉄を特殊熱処理(窒化鉄)することで錆びにくいのが特徴。

サイズ展開が豊富で、直径16cm~28cm、深さも5種類から選べます。

同じ深さなら直径が違うフライパンをスタッキングできるので持ち運びやすいです。

ちょっと重いですが大小2つのフライパンをココパンで揃えれば、便利さ・満足度とも最強ではないかと思います。

 

別売りですがフタもあります。

パングリッパー L型
イービーエム(EBM)
¥1,320(2021/02/03 22:07時点)
外寸 :全長:190mm

 

 

2.クラシックフライパン 28cm(ターク)

フタは無いですが2位はターク。

鉄フライパンの王道。キャンプに持って行くだけで気分がアガります。

タークの鉄フライパンには「クラシック」と「ロースト」の2種類があります。

クラシックは鉄の塊(銑鉄)を叩き続けて鍛造された、つなぎ目のない一体型のフライパンです。手作りなのでローストより高価。対してローストは量産品で取っ手は溶接ですがクラシックより安価です。

底が浅い独特の形状なので一般家庭のメインで使うなら6号(28cm)がオススメのようです。

 

Turk - ターク日本公式ホームページ
ドイツで鉄製一体型の鍛造フライパンやグリルパンを製造する「Turk - ターク」日本代理店の公式ホームページです。

鉄製造で有名なドイツのルール地方で1857年に誕生したturk(ターク)。鍛冶職人が一つひとつ手仕事で鉄の塊を叩いて仕上げたフライパンは100年使えると言われています。

いいですね、ターク。永く愛せる逸品だと思います。

 

 

3.スキレットコートパン(アイリスオーヤマ)

3位はこれ。僕がずっと気になってる商品です。

鉄製じゃなくアルミ製なんですが24cmでフタ付き。

アルミにスキレット風のコーティングが施されています。

スクエアタイプは収納時にデッドスペースが生まれにくいし、把手も取り外し式なので収納・運搬しやすそう。キャンプ向きだと思います。

20cmの深型フライパンもセットなので、このセットだけで鍋とフライパンの用途をそこそこカバーできそうです。

 

 

4.ちびパン(ユニフレーム)

ハイマート佐仲オートキャンプ場

4位はちびパン。

サイズは16cm。サブのフライパンとしてオススメです。

素材は黒皮鉄板(くろかわてっぱん)。

アヒージョを作って放置しても錆びないし、臭いが気になれば洗剤でゴシゴシ洗えてメンテが楽チンです。

僕はリッド(フタ)も一緒に買いました。目玉焼きが美味しく作れて幸せです。

ユニフレーム ちびパン 666357
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,880(2020/06/03 08:55時点)
サイズ:直径163×35mm
ユニフレーム ちびパン リッド 666388
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,390(2020/06/03 08:55時点)
【サイズ】φ164×44mm

 

 

5.バーミキュラ フライパン(バーミキュラ)

目指したのは、世界一、素材本来の旨味を凝縮するフライパン。 | Vermicular(バーミキュラ)公式サイト
料理のおいしさと使いやすさを追求した鋳物ホーローフライパンです。手料理の世界を広げるバーミキュラの自信作が、あなたの暮らしを変えていきます。

5位はただただ僕が欲しいだけ。このフライパンは超魅力的です。

高価だしホーローコーティングなのでキャンプに持って行くのは勇気がいりますが、一度使ってみたい。

鋳鉄製ですが最薄部は1.5㎜、重さ約1.1㎏。「スキレット」というより普通のフライパンです。

別売りでフタもあります。

水が馴染む独自開発のホーローコーティングが施されており、余分な水分が瞬時に蒸発します。

一般的なアルミ×フッ素コート加工のフライパンより100倍早く水分が蒸発するそうです。すごい。

もやしを炒めるだけで、シャキシャキッと食感豊かな絶品料理が完成。

公式HPの想いや解説を読むだけで期待が膨らみます。これマジで欲しいです。

 

 

 

スキレットのオススメ3選

スキレットはフライパンと別カテゴリにしました。

スキレットは分厚い分、フライパンより重いです。そのぶん蓄熱性が高く、無骨で重厚感があります。所有欲を満たしてくれるアイテムです。

 

1.スキレット 10インチ(ユニフレーム)

ASOBITO帆布ケース

スキレットの1位はこれ。僕のイチオシです。

ユニフレーム スキレット 10 661062
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥6,600(2020/06/03 08:55時点)
【サイズ(内寸)】鍋経25cm×深さ5cm(全長39cm)

 

  • サイズ25cm
  • 鉄製
  • フタ付き

と僕が掲げるフライパンの条件を全て満たしています。素材は錆びにくく洗剤で洗える黒皮鉄板(くろかわてっぱん)です。

 

 

ユニフレーム スキレット

ちょっと重いのが難点ですが、密閉性の高いフタも付属するし、フライパンとして万能です。

ちなみに調理中は把手が熱くなるのでハンドルカバーは必須です。

ユニフレームのスキレット(10インチ)はオススメですよ。別記事で詳しく紹介しています。

ユニフレームのスキレット(10インチ)を購入!~メンテが楽だから気軽に使える!~
スキレットこそユニフレームの黒皮鉄板製を選ぶべきだと思います。黒皮鉄板のスキレットは超便利です。スキレットなのにサビにくく、洗剤で洗えて、金タワシで洗えるなんて最高です。

 

 

2.ロジック コンボクッカー(ロッジ)

2位はこちら。

どうせメンテの必要な鋳鉄製を選ぶならLODGE(ロッジ)を選びたい(僕の願望ですが)。

ダッチオーブンが有名なLODGE(ロッジ)ですがスキレットもあります。

中でもこのロジック コンボクッカーは蓋がスキレットで鍋がダッチオーブン。まさに「1粒で2度おいしい」優れものです。しかもIH対応です。

 

 

3.スキレット(ニトリ)

スキレット

僕が最初に買ったスキレットです。

通称ニトスキ。安くて高品質。

ごく普通の鋳鉄製なので食材を入れたまま翌朝まで放置しておくと錆びますし、ちょっとメンテナンスには気を遣います。

 

 

出典:ニトリ

でも鋳鉄製のスキレットが安価に入手できるのは嬉しいですね。

この価格なら試しに買ってみる、という考えもアリだと思います。

 

 

 

 

番外編

鉄板:ツーバーナー用がファミリーキャンプ向き

SOTOバーナー

ヨコザワテッパンとか男前無骨系の鉄板はソロキャンプで人気ですが、あまりファミリーキャンプには向かないと思います。

使用前後に何かと手間がかかりますし、焚き火やシングルバーナーに載せて灼熱した鉄板は子供がいると火傷が心配です。

 

ソト(SOTO) アルミグリドル ST-560
ソト(SOTO)
¥6,050(2020/06/03 08:59時点)
寸法:幅 506 ×奥行 255 ×高さ 43.5MM

ただし、ソト(SOTO) アルミグリドルみたいにツーバーナーにセットすることが前提の鉄板はアリだと思います。

片方で肉を焼いて、片方で野菜を炒めるとか、2種類の料理を同時並行で進めることができて便利です。面積が広いので2家族分の焼きそばを一気に作ることもできます。

表面コーティングが施されており、金たわし洗浄NGですがサッと流せばたいていの汚れは落ちます。

SOTOだけでなくユニフレームのツーバーナーにも合うみたいなので、もしツーバーナーを持ってるなら選択肢に入れても良いと思います。

 

 

ダッチオーブン:万能選手だけど重くてデカい

ダッジオーブン

フライパンを調べていると何故かダッチオーブンが欲しくなります。僕だけでしょうか。

ダッチオーブンは焼く・炒める・煮る・蒸す等の様々な料理が可能です。

その気になればフライパンみたいな使い方もできますし、まさに万能選手。

ただしファミリーキャンプで使う標準サイズ(10インチ)だと5kgくらいの重さになり、毎回キャンプに持って行くのはけっこう大変です。

 

 

クックケースと収納例

「普通のフライパンや鍋では作れないような料理にチャレンジしたい」というモチベーションが維持できないと買ってもお蔵入りする可能性大です(僕もそのパターン)。

欲しくなる気持ちはわかりますが、じっくり考えてから決めましょう。

 

 

 

まとめ

この記事に載せたオススメのフライパン、本当にどれも僕が欲しいです。

オススメを5つに絞るのが大変でした。フライパン選びも沼ですね。

でも大事なのは「どんなフライパンを買うか」じゃなく「どれだけフライパンを活用できるか」だと思います。

買っただけで満足してしまって、キャンプ料理は毎回手抜き・・・みたいなことにならないように、財布と相談しながら、ちゃんとキャンプで使いこなせるフライパンを選びましょう。

 

以上、ファミリーキャンプで使うフライパンのオススメ5選でした。

 

 

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました