ユニフレームのスキレット(10インチ)はメンテが楽だから気軽に使える

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

ユニフレームのスキレット(10インチ)を購入しました。

メンテが楽なSOTOステンレスダッチオーブンの満足度が想像以上だったので、メンテが楽なユニフレームの黒皮鉄板スキレットを選びました。

スキレットは鋳鉄製が多い

よく見かける黒いダッチオーブンやスキレットは鋳鉄(ちゅうてつ)製です。

高温で溶かした鉄を型に流し込んで成型する、いわゆる鋳物(いもの)です。鉄を溶かして作るんですねー。

鋳鉄製で有名なのはLODGE(ロッジ)。キャストアイアン(鋳鉄)にこだわるロッジの製品は5mmの肉厚な鋳鉄で作られています。

鋳鉄(ちゅうてつ)は蓄熱性が高いことが特徴です。
2%以上の炭素を含む鉄合金のことを鋳鉄と呼びます。炭素が2%以下なら鋼(はがね)と呼ばれます。
鉄に含まれる炭素量が多いと溶ける温度が低くなります。一般的な鋼材が1500℃以上に加熱しないと溶けないのに対し、鋳鉄は1200℃程度で溶けます。
鋳物(いもの)とは高温で溶かした金属を鋳型(いがた)の空洞部分に流し込み、冷やして固めた製品のことです。鋳物をつくることを鋳造(ちゅうぞう)と言います。
鋳物は複雑な形状の製品を安く大量に作ることができます。鋳型には砂を固めて作った砂型、金属を削って作った金型、樹脂型、石膏型などの種類があります。

ユニフレームのスキレットは黒皮鉄板製

ユニフレームのスキレットは鋳鉄製ではありません。

「黒皮鉄板」と呼ばれる1枚の鉄板を、鍋状にプレス成型して作られています。黒皮鉄板の厚みは3.2mmです。

ユニフレームは黒皮鉄板のダッチオーブンも発売していますが、SOTOもステンレス製のダッチオーブンを発売しており「鋳鉄製ではないダッチオーブン」は珍しくはありません。

でも僕が調べた限り「鋳鉄製ではないスキレット」は珍しいです。SOTOはステンレス製のスキレットを発売していません(ダッチオーブンの上蓋をスキレットとして使えるタイプはありますが)。

「メンテナンスが楽なスキレット」を探すとユニフレームの黒皮鉄板製スキレットが浮かび上がってきます。

黒皮鉄板とは?

黒皮鉄板とは「黒皮」を持つ鉄板のこと。

鉄を高温で加熱すると表面が酸化変質を起こします。この酸化皮膜が黒皮です。

黒皮は1枚の鉄板を鍋状にプレス成型する製造工程の中で生まれます。

鉄を溶かして成型する鋳物では黒皮は生まれないんですね。

業務用の中華鍋やフライパンで使われ、熱伝導の優れた「黒皮鉄板」。特性を理解して、末永くお使いください。 グレーまたは青黒色の皮膜が黒皮皮膜です。 油がなじんでいくと黒くなっていきます。 クリアラッカー皮膜が剥がれ、地の素材が見えますが、これが黒皮鉄板です。 黒皮がはがれたわけではありません。この状態でご

黒皮鉄板の特徴

洗剤や金タワシで洗える

酸化皮膜は洗剤で落ちることはありません(化学的に)。金タワシでこすったくらいでは剥がれません(物理的に)。

サビにくい

酸化皮膜が表面を保護しているので赤サビが発生しにくくなります。サビは酸化です。既に黒錆びで酸化しているので、それ以上酸化しない、という理屈です。

鋳鉄製よりもタフ

鋳鉄製に比べて耐衝撃性耐温度変化に優れています。鉄を一度溶かして固めるより、一枚の鉄板を圧延加工して作る方が強い、ということですね。

ユニフレームのスキレットには蓋が付いている

箱から出したばかりのスキレット。右が蓋です。

税込6,500円は安いとは言い難いですが、この値段で蓋も付いてます

蓋があると目玉焼きも美味しく焼けるし、料理の幅が広がるので嬉しいですね。

もちろん蓋も黒皮鉄板製。黒皮鉄板のフタの厚みは2mmです(本体の厚みは3.2mm)。

ユニフレームのスキレットの特徴(嬉しいポイント)

洗剤で洗えるって嬉しい

これはスキレットとして革命的な利点だと思います。

洗剤で洗えるダッチオーブンはあるけど、洗剤で洗えるスキレットって今のところユニフレームの黒皮鉄板製しか無いのでは(探せばいくつか見つかるのかも知れませんが僕は知りません)。

アヒージョを作った後のスキレットで次の料理を作ると匂いが残って嫌だったんでが、ユニフレームのスキレットなら洗剤で綺麗に洗ってから次の料理を作れます。

サビないって嬉しい

鋳鉄製スキレットの弱点、サビ。

「アヒージョは殆ど油だから大丈夫だろ」と放置していたら翌朝スキレットのフチがサビてました。それくらい鋳鉄製はすぐにサビます。

「夕食でスキレットを使ったら翌朝まで放置できない・・・」

こういう自由を奪うプレッシャーって嫌ですよね。

黒皮鉄板製はちょっとやそっとじゃサビないし、メンテは使用後に油を塗っておくだけでOK(たぶん毎回やらなくても大丈夫っぽい)。

嫌なプレッシャーから解放されてハッピーです。

蓋が本体にピッタリ合うって嬉しい

鋳鉄製スキレットの中には本体と蓋がピッタリ合わず隙間が空いてしまうものもあります。

ユニフレームのスキレットは精密に切削加工されているので、本体と蓋の接地面がフラット。本体と蓋がピッタリ合います

細部の仕上がりが美しい製品は見ていて気持ちが良いですね。

ユニフレームのスキレットの弱点(残念なところ)

ちょっと高価

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: アウトドア用ダッチオーブン の中で最も人気のある商品です

10インチ、25cm前後の鋳鉄製のスキレットはだいたい2,000円~3,000円。それと比べると6,500円というユニフレームのスキレットの価格はちょっと高価です。

「蓋付セット」で比べるならロッジのコンボクッカーあたりかも知れませんが、こちらはダッチオーブンとスキレットの両方を兼ねる製品。それでも8,500円くらいです。

確かに6,500円は安くはないです。

でも個人的には値段以上の満足感があると思います。

初回のシーズニングは必要

蓋をシーズニングしてるところ。

ユニフレームのスキレットは使用前にシーズニングが必要です。

黒皮鉄板製品は表面の変質を防ぐ為にクリアラッカー塗装が施されています。使用前に空焼きしてクリアラッカーを焼き切る必要があります。

空焼きして白い煙が出なくなると、黒い本体が徐々に青黒くなってきます。実は黒色はクリアラッカーの色。青黒いのが黒皮鉄板です。

この行程が面倒と言えば面倒。

SOTOステンレスダッチオーブンはシーズニング不要、使用後に油を塗る必要もありません。黒皮鉄板製よりもステンレス製の方がメンテナンスは楽です(もちろん値段も高くなりますが)。

ロッジのスキレットは鋳鉄製ですが出荷前にシーズニング作業を終えている為、使用前のシーズニングは不要です。

蓋は付いてくるが袋は付いてこない

買ってしまいました、スキレットと蓋がピッタリ収まるケースを。

黒皮鉄板のスキレットを見てると何故か無性に収納袋が欲しくなりました。

収納袋はasobito(アソビト) の防水帆布ケースがベストチョイスだと思います。

ヘビーデューティーな9号綿帆布のゴワっとした風合いが雰囲気を盛り上げてくれます。

ハンドルカバーもシリコンじゃなくて革製を選びたくなりますね。これは雑誌fam(ファム)の2016春号の付録です。ユニフレームのスキレットの把手にジャストフィットします。

ユニフレームのスキレットをキャンプに連れて行くとどうなるか?

一言で言うと、気分がアガります。

「重量級のお気に入りグッズをわざわざ持ってきたぞ!」という自己満足感が高まります。

無骨な見た目にテンションが上がります。不必要なアドレナリンが分泌されます。

重量級タフギアには男性の本能に呼びかけてくる何かがある気がします。

まとめ

SOTOステンレスダッチオーブンを購入して料理に対する感情が変化しました。

キャンプは好きだけど料理が苦手だった僕がSOTOステンレスダッチオーブンを買って料理するようになりました。その変化について。

サビないスキレット、洗剤で洗えるスキレット、金タワシで擦れるスキレット。

「手間暇かけてメンテしてね」と主張しないスキレットって最高です。

ユニフレームのスキレットも僕を料理好きにしてくれます。

  • 本格的なスキレット料理ができる
  • でもスキレットにありがちな面倒なメンテナンスは不要

この両立は本当にワンダフル。

ユニフレームの黒皮鉄板製品としてはダッチオーブンより知名度が低いですが、スキレットこそユニフレームの黒皮鉄板製を選ぶべきだと思います。

以上、ユニフレームのスキレット(10インチ)はメンテが楽だから気軽に使える、という話でした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告