関西のキャンプ場の一泊料金って相場はどれくらい?

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

キャンプを始めたばかりの頃は相場がさっぱりわからなかったのですが、だんだん感覚がつかめてきたので、いったんまとめてみようと思います。

決める際に必要な情報は一泊料金だけじゃないですよね。設備、チェックインとチェックアウトの時間、キャンセル料の相場についてもまとめてみました。

関西のキャンプ場の一泊料金

非オートサイト(車を横付けできない)=1泊3,000円~4,000円
オートサイト:フリーサイト=1泊4,000円~5,000円。
オートサイト:区画サイト=1泊5,000円~6,000円。
オートサイト:区画サイトかつAC電源付き=1泊6,000円~7,000円。

だいたいこんな感じかな~と。

非オートサイトのキャンプ場は設備も価格もピンキリで激安の場合もあります。

市営キャンプ場は激安ですが市役所に申し込みに行く必要があったり申込用紙をFAXする必要があったり、お役所的な手配が必要で非現実的な場合も多いですね。

関西のキャンプ場の設備

設備が整っているかどうか、いわゆる高規格キャンプ場かどうかで一泊料金にも差が出てきます。激安キャンプ場で高規格っていうのはあり得ないですね、当たり前ですが。

グレード1:トイレが和式のみ。洗い場に屋根無し。常夜灯無し。売店無し。
グレード2:トイレに洋式あり。洗い場に屋根あり。常夜灯あり。売店あり。
グレード3:トイレと洗い場が綺麗。コインシャワーあり。売店に備品充実。
グレード4:ウォシュレット完備。温水が出る。温泉併設。売店に飲食店併設。
グレード5:区画毎に専用の洗い場やシャワー設備あり。

グレード3以上がいわゆる高規格キャンプ場でしょうか。

グレード5は区画サイトに限った話でグレード4との間に明確なレベルの差は無いです。

関西のキャンプ場のチェックインとチェックアウト

チェックインとチェックアウトの時間はキャンプ場によってけっこうマチマチな印象があります。強引に分けると以下の3パターンかな、、、と。

A:13時チェックイン、翌日12時チェックアウト
B:15時チェックイン、翌日10時チェックアウト
C:11時チェックイン、翌日14時チェックアウト

一番多いのはAパターンかな~と。

Bパターンは格安キャンプ場に多い気がします。

Cパターンはアーリーチェックイン、レイトチェックアウトOKタイプ。

子連れキャンパー(子供の行動が読めず時間調整が難しい)にはCパターンがありがたいのですが、Cパターンはレアですね。

関西のキャンプ場のキャンセル料

場所貸し商売なのでキャンセル料を設定しているキャンプ場は多いです。

ただ、実際にキャンセル料が発生した際どのように徴収するのか、支払方法が明示されているケースは少ないです。仮予約の連発や悪戯の抑止目的で設定している、というのが実際のところなのかも知れません。

A:キャンセル料あり。7日前から30%、3日前から50%、当日キャンセル100%
B:キャンセル料なし。ただしなるべく早めに事前に連絡ください。

だいたいAのパターンが多いですね。

キャンプ場によっては天候を加味して免除してくれたり、次週以降に予約変更することで免除してくれるケースもあるようです。

以上、関西のキャンプ場の相場についてでした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告