ゼインアーツのゼクーMを購入!~開封&設営レビューとセカンドロット仕様変更点まとめ~

5

ゼインアーツ ゼクーM

どうも、キャップです。

とうとうゼインアーツのゼクーM(ZANE ARTS ZEKU-M PS-003)が届きました!待ってたぞ!!

2019年5月に予約してから実に4ヶ月も待ちました。

ゼインアーツというブランドについて、そして創業者の小杉敬さんについて情報をまとめた上で、ゼクーMをレビューしたいと思います!

 

 

ゼインアーツ(ZANE ARTS)とは?

ゼインアーツ ゼクーM

ZANE ARTS
ZANE ARTS

ゼインアーツは長野県松本市に本社を置くアウトドアブランドです。

テントの企画・開発を手がける会社であり、製造は中国企業に委託しています。

 

 

社名とロゴの由来

ゼインアーツという社名は「禅」と藝術(げいじゅつ)の「アート」を併せた造語。

英字の綴り「ZANE」は「座して半畳」の座(ZA)と「寝て一畳」の寝(NE)から。

ロゴはZANEの「Z」と「N」をくっつけたもの。Zは座っている人、Nは寝ている人を表現。

 

 

会社の歴史

設立は2018年8月。創業者は小杉敬(こすぎけい)さん。

2018年11月にWEBサイト開設。渾身のプロダクト4つが公開されました。

ゼインアーツの記念すべき1stロット発売日は2019年4月6日でした。

https://zanearts.com/products/

 

 

ブランドの特徴

ポリエステルリップストップ出典:ゼインアーツ

ゼインアーツというブランドの特徴は「数字上のスペックに捉われず、できるだけ価格を抑えつつ、ユーザーが本当に必要としている機能を美しい姿で実現する」という開発姿勢じゃないかなと思います。

その特徴がよく現れているのが素材。

ゼインアーツの幕体は「ポリエステルリップストップ」という素材(生地)を採用しています。

表面はシリコーン、裏面はポリウレタンで処理された軽量で高強度な素材です。

耐水圧は1,500mm。特徴的なのは耐水圧加工処理を必要最低限にするという考え方。こうすることで生地劣化を抑え、引裂強度を維持できるそうです。

「オーバースペックを是としない」という姿勢が感じられます。

 

 

 

ゼインアーツ創業者の小杉敬(こすぎけい)さんとは?

YAMAPに小杉さんのインタビュー記事が掲載されています。

2019年注目の新アウトドアブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」。藝術性と機能性を高次元で追求する独自のモノづくりとは? | YAMAP mag.
「機能的でスタイリッシュなテント、タープ」「次世代を担うアウトドアブランドの誕生」……。2019年4月の製品発売を前に、そんな賞賛と期待の声を以て注目を集めているブランドがある。その名は「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」。2018年8月に長野県松本市で産声を上げたばかりの、新進気鋭のアウトドアブランドだ。 創業者の...

 

経歴には「某・大手アウトドアメーカーの開発担当として様々なギアを開発してきた」とあります。

スノーピーク出身であることは伏せられていますが、小杉さんはスノーピークの執行役員企画本部長だった人ですね。

名前をググれば出てくるし、スノーピークの過去IR情報にも載ってますので、隠していると言うより「人の褌で相撲を取らない」という流儀かな、と。

 

小杉さんの代表作は2014年にグッドデザイン賞を受賞した「HDタープ“シールド”ヘキサエヴォ Pro.」じゃないかと思います。

ディレクター、デザイナーどちらも小杉さんです。

テント [HDタープ“シールド”ヘキサエヴォ Pro.]
グッドデザイン賞の仕組みや、過去のすべての受賞対象が検索できる「グッドデザインファインダー」など、グッドデザイン賞に関する情報をご紹介するサイトです。毎年1回(4~6月頃)募集する、グッドデザイン賞への応募もこのサイトから行うことができます。

 

スノーピークで役員を務めていれば「超」安泰だったはず。その地位を捨てて自らブランドを立ち上げた覚悟と想いは相当なものだろうと思います。

今回のブランド立ち上げでは「製品を藝術の域まで高められるよう、時間をかけて丁寧に設計した」そうです。

 

 

 

ゼクーM(ZEKU-M PS-003)とは?

ゼインアーツを象徴する初代エース

ゼインアーツ製品群出典:ゼインアーツ

ゼインアーツがブランドスタート時に発表したプロダクトは4つ。

中でもゼクーMはブランドを象徴する人気No.1アイテムだと思います。

PS-003 / ゼクーM | ZANEARTS
ZEKU-M PS-003 / ゼクーMの製品ページ。エクステンションフレームで生まれる広い空間と、大胆に開口するパネルで、ワンポールのデメリットを解決したミドルサイズシェルター。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM出典:ゼインアーツ

僕はこの写真を見てゼクーMに一目惚れ。

この見た目だけでも購買動機として十分なんですが、それだけじゃありません。

 

 

購入の決め手1:ワンポールシェルターなのに室内空間が広い

ゼインアーツ ゼクーM出典:ゼインアーツ

エクステンションフレームで生まれる広い空間と、大胆に開口するパネルで、ワンポールのデメリットを解決したミドルサイズシェルター。

と説明にある通り、ワンポールの弱点である「室内空間の狭さ」を克服する工夫が秀逸です。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM出典:ゼインアーツ

この写真を見ても室内空間はけっこう広そう(後述しますが実際広い)。

「カッコいいコヨーテカラーのワンポールシェルター」でありながら、空間設計の工夫により十分な実用性を兼ね備えています。

設計思想はけっこう硬派。「多少の使い辛さや狭さは我慢のビジュアル系」ではありません。

 

 

購入の決め手2:ワンポールシェルターなのに専用フロアシート付属で76,800円(税別)

ゼインアーツ ゼクーM出典:ゼインアーツ

このフロアシート、良くないですか??

専用設計の五角形のフロアシートです。

シェルターのフロアが六角形なのに対してフロアシートは五角形。隙間が生まれて土間エリアが確保できます。よく考えられてます。

この専用設計のフロアシート、オプションじゃなく付属品です。

76,800円(税別)という価格でフロアシートも付属。素晴らしい。

 

 

購入の決め手3:スカート付きのワンポールシェルター

ゼインアーツ ゼクーM出典:ゼインアーツ

ゼクーMにはスカートが付いています。『スカート付きワンポールシェルター』ですね。

スカートが付いてないテントやシェルターはけっこうあります。

後付け用スカートを自作する記事もチラホラ見かけます。僕もスカートの後付け作業を間近で見たことがありますが、寒い季節にかがんで作業するのはすごく大変そうでした。

腰を痛めそうで怖いし(僕は腰痛持ちなので)、もし冬もキャンプするならスカートが付いてるシェルターを選ぶ方が幸せになれるのではと思います、個人的には。

冬キャンプに必要な3種の神器、それはシェルター!ストーブ!!湯たんぽ!!!
アメニティドームは良いテントですが冬キャンプには不向きです。シェルター+ストーブで暖かい空間を作り、湯たんぽを抱えて眠れば最高の時間が過ごせます。
逆にゼクーMにはインナーテントは付属しません。オプション品も発売されてません。

 

 

 

 

ゼクーMを開封!

ゼインアーツ ゼクーM

総重量は10.5kg。これはリビングシート(1.2kg)も含めた重量です。

サーカスTC(リビングシート無し)と同じくらいの重さ。

収納時のバッグのサイズはアメニティドームLくらいですかね。リビングシェルほど大きくないです。

 

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

こちらがバッグの中身。

左からリビングシート、ポールケース、ペグ・ロープケース、幕本体。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

ペグ・ロープケースの中身。

ガイロープは3mが15本(内3本は予備)、1.5mが3本。

ペグはYペグ(長い方)が6本、Vペグ(短い方)が15本。ペグにはZNのブランドロゴ。

ゴム留めされてる丸いものはトライアングルハンガーです。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

これがトライアングルハンガー。

センターポールに引っ掛けるフックを中心にして、そこから3本のテープが伸びてます。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

こちらポールケースの中身。

センターポールが1本、エクステンションフレームが3本。

全てショックコード内蔵です。

塗装が綺麗で質感は良好。

 

 

 

ゼクーMを設営!

ゼインアーツ ゼクーM

本体を広げてみました。

ポリエステルリップストップに初めて触れて感触に驚きました。ツルツルのサラサラ。滑ります。

生地表面のシリコーン加工が一切剥がれていない、新品の頃だけの手触りなのかも知れません。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

グレーのビルディングテープのコーナーにグレーのロープが付いています。

まずこのグレーのロープ4つをペグダウンします。

これで六角形のフロアの頂点4つを固定したことになります。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

伝わりにくいですが、これで4つの頂点をペグダウンした状態。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM出典:ゼインアーツ

上の手順図の1番が済んだってことです。

位置決めしてペグを4本打つだけなので、ここまで5分ほど。

次はセンタポールを入れて立てます。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

立てました。

ここまで10分もかからず。早い。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

で、残り、黒いビルディングテープの端に付いている黒いロープをペグダウンします。

これで六角形の残りの2つの頂点がペグダウンされたことになります。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM出典:ゼインアーツ

上の手順図の3番まで済んだってことです。

15分かかってないと思います。本当に簡単。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

ここからは幕にテンションをかける行程。

まずエクステンションフレームを六角形の3つの辺にセットしていきます。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

3辺全てにエクステンションフレームを取り付けました。

まだテンションかけてないので中に沈み込んでる状態。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

ガイロープを全てペグダウンしました。

テンションを調整し、これで外観は完成。かっこいい!

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

暑い日だったので、大型フロントパネルを開け、エクステンションフレーム3面をメッシュにしました。

次は室内のセッティングです。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

室内の様子。こんな感じでグレーと黒のビルディングテープが交差しています。

公式サイトの室内写真のイメージ通り、実感として広いです。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

トライアングルハンガーをセンターポール上部のDループに引っ掛けます。

フックはかなり高い位置にあり、身長182cmの僕が背伸びして手を伸ばしても届きませんでした。

何度もジャンプして引っ掛けましたが、次回からはポールを立ち上げる前に引っ掛けておいた方が良いと思いました。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

まず先端のフックをボトムのコーナーリングに引っ掛けます。

次に中間フックをシェルター側の腰くらいの高さにあるループに引っ掛けます。

最後にテンションを調整してトライアングルハンガーの取付が終了。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

最後にセンターポールの下にリビングシートを通して敷きます。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

リビングシートは中央部分が二重に補強されてます。この位置にポールを置きます。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

以上で設営完了!!

慣れればたぶん15分~20分くらいで設営できるんじゃないかな、という感じ。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

フロアの片方にインフレータブルマットを2枚敷いて、この余裕。

思った以上に室内は広いです。

 

 

 

ゼクーMの仕様変更点(セカンドロット)

ゼクーMの仕様変更出典:ゼインアーツ

公式サイトでアナウンスされたゼクーMの仕様変更点は

  • エクステンションフレームの上部固定フックをバックルに変更
  • リビングシートにスタンディングバーを追加

の2つ。

 

ゼインアーツ ゼクーM

これがエクステンションフレームの上部固定バックル。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

バックルなので留めた後のテンション調整が容易です。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

ファーストロットではバックルじゃなくこの形状のフックだったようです。

 

 

ゼインアーツ ゼクーM

もう1点はこのリビングシートに付いたスタンディングバー。

ファーストロットではこの部分には何も無かったようです。

たぶんスタンディングバーが無くても不満は感じなかったと思いますが付いてる方が嬉しいですね。

 

 

 

ゼクーMまとめ

完成度が高い

まだ1泊しただけですが、設営しやすいし、思った以上に室内が広いし、風による揺れやバタつき等もありませんでした。

設営サイズの割に収納サイズがコンパクトなので荷物の積み下ろしも楽です。

機能的な工夫が色々あって便利であるにもかかわらず、デザインとカラーは最高にカッコいい。

今のところ、僕の評価は満点です。

 

 

初回設営時の注意点

ゼインアーツ ゼクーM

ゼクーMにはガイロープ接続点が15カ所あります(ガイロープは予備を含めて18本付属します)。

僕はガイロープを幕体に付けっぱなしにする派なので2回目以降は発生しない作業なのですが、初回は15本のガイロープにもやい結びでループを作り、それぞれをゼクーMに結び付けていく必要があります。

もやい結びに慣れてないこともあり、このガイロープの初回準備にけっこう時間がかかりました。

もうちょっと普段からロープワークを練習して慣れておかないとな~と思ったけど、たぶん練習しないんだろうな!

 

 

以上、期待の新星、ゼインアーツのゼクーM開封レポでした!

The following two tabs change content below.

コメント

タイトルとURLをコピーしました