どうしても冬はマイアミ浜オートキャンプ場が多くなる件

この記事は約5分で読めます。

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

どうも、キャップです。

今年の冬もマイアミ浜オートキャンプ場にはお世話になりっぱなし。

  1. 冬期シーズン料金が安い
  2. 全サイトAC電源付き
  3. 温水が出る(管理棟前の洗い場のみ)

と3拍子揃った冬キャンプの聖地です。

 

 

 

久しぶりのファミリーキャンプで2泊

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

年末は家族4人で2泊しました。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

久しぶりのファミリーキャンプは久しぶりのリビロン。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

冬は滅多に設営しないヘキサエヴォも張っちゃいます。

久しぶりの設営でしたがペグ位置が1発で決まって嬉しかったです。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

雨が降っても焚き火できるようにTAKIBIインナールーフも装着。

家族で焚き火と焼き芋を楽しみました。

焼き芋が異様に美味しかったのは焚き火で焼いたからなのか。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

娘は謎のオブジェを作成。

冬の写真(冬休みの宿題)を盛り上げる為に作ったそうです。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

2日目はピエリ守山のスーパー銭湯へ。

息子が「エアコン壊れてるんちゃうか」と言い出すくらい脱衣所が暑くて、アイスを買うハメに。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

夜はすき焼き。

佐賀牛(いただきもの)が絶品でした。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

息子も娘も楽しそう。

野外で泊まって、ちょっと夜更かしするから、ワクワクするんでしょうね。

「はっきり覚えてないけど、何となく楽しかった幼少期の記憶」は人生の大切な養分。良い経験じゃないかなと思ってます。

 

 

 

ご無沙汰ギアの3連コンボでヘロヘロ

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

「リビロン × ヘキサエヴォ × TAKIBIインナールーフ」というご無沙汰ギアの3連コンボだったもんですから、設営も撤収もえらく時間かかりました。

やっぱり「ギア過剰=現地で楽しむ時間が削られる」の法則は間違いない。

ファミリーキャンプでも「コンパクト&クイック」は重要ですね。

 

 

年末キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

TAKIBIインナールーフは1年半ぶりの設営。前回使ったのは2021年5月です。

 

スノーピーク HDタープヘキサエヴォPro.TAKIBIインナールーフ TP-250IR
スノーピーク(snow peak)
¥44,999(2022/03/20 19:33時点)
セット内容:本体、収納ケース

まだ3回目しか使ってないんですよね。もったいない。

 

 

 

娘・息子と3人キャンプ

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

年が明けて2023年。娘・息子と3人でキャンプ。

冬はCサイトを利用することが多いです。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

3人でリビSは狭いので今回もリビロン。

ただしシールドルーフは無し、タープも無し。

できるだけ「コンパクト&クイック」で。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

ポテト料理の準備にとりかかる2人。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

取り合いながら食べております。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

綺麗な夕焼けが見れました。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

夕飯はみんなでカレーを作りました。

やっぱりカレー最強ですね。ベタですけど。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

焚き火は薪2本だけ。

 

 

 

ベーコン強盗に遭う

ベーコン

ジャーマンポテトを作ったんですが、おなかいっぱいで食べきれず、テント内のテーブルの上に置いてました(ちゃんとラップをして)。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

夜の散歩。

この時はまだジャーマンポテトは無事でした。

 

 

しかし翌朝、ラップが破られ、ベーコンだけが食べられてました。

 

キツネが忍び込んだようです。

リビロンの出入口のファスナーは全部きっちり閉めてたんですけどね。

 

最近、マイアミ浜オートキャンプ場にはよくキツネが出没します。

サンダルを持って行っちゃう事件も発生してるそうなので、利用される方は注意してください。

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

息子も娘も「キツネに会いたかった!」と残念がってました。

朝食のカレーうどんが大好評で、そんな話題はすぐに忘れ去られましたが。

 

 

 

3人キャンプは貴重

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

水辺を散歩したり、

 

 

3人キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

鹿とたわむれたり。

 

 

マイアミ浜オートキャンプ場

4月から習い事が増えるので、娘がキャンプに来る機会は更に減りそうです。

なので3人キャンプは貴重。

まったり、じっくり楽しみました。

 

 

 

月2回はマイアミ浜

父子キャンプ@マイアミ浜オートキャンプ場

1月末にも父子キャンプでマイアミ浜オートキャンプ場。

 

 

リビロン内の風景

今年も1月~2月で4回(5泊)利用する予定。

 

 

マイアミ浜オートキャンプ場

毎年1月~2月の利用回数が多く、そのままトップを独走するパターン。

2023年も有力候補ですね。

 

 

 

以上、どうしても冬はマイアミ浜オートキャンプ場が多くなる件でした!

 

コメント