いわゆる「小川張り」に専用セッティングテープは必須なのか?

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

最近アメニティタープ ヘキサLを小川張りでリビングシェルに合わせることが多いです。

この記事でお伝えしたいのは

×:小川張りはハードルが高い。
〇:小川張り簡単。誰にでもできる。
×:小川張りはセッティングテープが無いとできない。
〇:小川張りに専用ツールは必須じゃない。テープ(ロープ)は何だって良い。

ということなんですけど、詳しくは本文で!

「小川張り」とは?

出典:CAMPAL ONLINE STORE

「小川張り」とはテントの入り口にタープをかぶせて設営するタープの張り方です。

タープとテントを近付け過ぎるとタープのウイングポールとガイロープ(張り綱)がテント前室とぶつかり邪魔になります。

そこで、テントに近い側のウイングポールをテント背後に移動させ、テント上部を通過させたロープ(セッティングテープ)でタープとウイングポールを連結させて設営します。

このタープの張り方を「小川張り」と呼びます。

なぜ「小川」なの?

出典:CAMPAL ONLINE STORE

このタープの張り方を最初に提唱したのがテントメーカー「小川キャンパル」だったからだと言われています。

「小川キャンパル」が発売した「システムタープヘキサDX」が元祖です(現在も発売中)。

このヘキサタープにはテントとタープを合体できる「セッティングテープ」が付属しており、簡単に「小川張り」ができます。

ちなみに現在『ogawa』ブランドを展開しているのは「キャンパルジャパン株式会社」です。
2000年:「小川テント」からテントメーカー「小川キャンパル」が分社化。
2015年:「小川キャンパル」が自己破産。「キャンパルジャパン」が事業と『ogawa』ブランドを引き継ぐ。

タイトルに”いわゆる「小川張り」”と記載したのは、メーカーが「小川張り」という表現を使ってないからです。メーカーが主張してる訳じゃなく自然と広まった俗称のようです。

メーカーのインタビュー記事を見つけたのでリンクを張っておきます。

キャンパーの間で話題の”小川張り”をググってみた! あるとき、「テントとタープの組み合わせで、いろいろな小川張 …

「小川張り」にセッティングテープは必須なのか?

出典:Amazon

セッティングテープが無くても小川張りはできます。ここ勘違いしてる人が多いのでは。

セッティングテープとは、ポールを挿し入れるタープエンドの穴を延長できるテープのことです。前述の「システムタープヘキサDX」に付属しますが、単体での販売はありません。

ネットで「小川張り」を検索すると、セッティングテープの自作記事が大量にヒットします。100均で売られている材料で手軽に自作できるようですね。

この自作記事の多さが初心者の勘違いを誘発してると思います。「セッティングテープを自作してからチャレンジするもの」と錯覚しちゃう。僕がそうでした。

いえいえ、そんなことはありません。セッティングテープが無くても小川張りはできます。ガイロープで小川張りできます。

コーナンラックの背面にテープを取り付ける加工もそうですが「王道カスタマイズ」が存在すると「やってみた」系の記事ばかりが大量にヒットして基本情報の記事が探し辛くなる傾向があります。これはGoogleの検索ロジックの弱点じゃないかと思います。

ガイロープで小川張りできます。セッティングテープはガイロープで代用できます。

蒜山高原オートキャンプ場では、リビングシェルとアメニティタープ ヘキサLを小川張りで設営しました。

普段はアメニティドームMとアメニティタープ ヘキサLを小川張りで設営することが多いです。

僕は小川張りにセッティングテープは使ってません。スノーピークのガイロープを使って接続してます。

このガイロープはアメニティドームかアメニティタープどちらかに付属していたものです(どっちだったか忘れた)。

これがセッティングテープに該当する部分。

タープとウイングポールを繋いでるのは普通のガイロープです。二股のガイロープを使ってるので1本じゃなく2本です。ガイロープの長さは約2mです。

ウイングポールを挿し入れるタープエンド側。

普通にガイロープを結んであるだけです。

ウイングポール側。

こちらもガイロープを結んであるだけです。

ガイロープはタープやテントを繋ぎ止める為の張り綱なので素材の強度は十分です。結び目の位置で長さも簡単に調節できるので不便はありません。

繰り返しになりますが、セッティングテープ等の専用品が無くても、ガイロープで小川張りできます。

×:専用品なんて必要ない!
〇:専用品が無ければガイロープでも小川張りできるからビビる必要ナシ!

スマートに小川張りする方法(自作や代用じゃなくて)

出典:スノーピーク

今年スノーピークから発売されたエントリーパックTTならスマートに小川張りができます。

付属のタープには「コネクションテープ」なるものが付属しており、これがogawaで言う「セッティングテープ」に該当します。

出典:スノーピーク

エントリーパックTTに付属するタープは両エンドにコネクションテープと接続できるバックルが付いた小川張り仕様

タープの材質は210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工なのでアメニティタープ ヘキサLと同じ

今のところ単体での販売は無くエントリーパックTTでしか入手できないタープです。

テントとタープ両方を揃えたいならエントリーパックTTは超オススメですが、小川張りタープだけ欲しい場合あまり現実的なチョイスではありません。

最近では小川張り専用セッティングテープがogawa以外のメーカーから発売されています(ogawaも単体販売したら良いのに・・・)。

  • 自作は面倒だし強度や耐久性が不安
  • やっぱり専用セッティングテープだけはちゃんとしたものが欲しい

という人はこちらを検討してみても良いと思います。

【2018年9月29日追記】

とうとうコールマンからも「エクステンションウェビィングキット」という名前でツールが発売されました。

値段はちょっとお高めデス。

韓国コールマン製の逆輸入品が出回ったのが昨年だったと思いますが、パッケージはその時のまま韓国語バージョン。

当時はもうちょっと安かったような気がします。日本正式発売と言い切って値上げしたのかな。。。実態は昨年の逆輸入版と同ロットのメーカー在庫品なのかも。

小川張りについてまとめると

  • 「小川張りには専用セッティングテープが必須」は思い込みです。
  • 小川張りはガイロープでも可能です。

強度と安全性が担保できるならガイロープ以外のものでも可。

もちろん自作するのが悪いとも思いません。サードパーティー製を購入するのも手。専用設計のパーツの方がワクワクして嬉しいですしね。

言いたかったのは

×:小川張りはハードルが高い。
〇:小川張り簡単。誰にでもできる。
×:小川張りはセッティングテープが無いとできない。
〇:小川張りに専用ツールは必須じゃない。テープ(ロープ)は何だって良い。

ということ。

僕が小川張りしたくてネットを調べた時に、こういうシンプルな事実が書かれたサイトが無かったので、記事にしておこうと思いました。

以上、いわゆる「小川張り」に専用セッティングテープは必須か? でした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告