リビンングシェルSの室内レイアウトをアップデートし続けている話

この記事は約6分で読めます。

十二坊温泉オートキャンプ場

どうも、キャップです。

今回はリビングシェルSの室内レイアウトの話です。

 

 

 

リビンングシェルSはデュオキャンプにピッタリ

マイアミ浜オートキャンプ場

リビングシェルSは2022年に廃盤になりました(2022年のカタログに載らなかった)。

リユース市場でしか買えない幕の話で恐縮ですが、今でも僕の最高の相棒なので、そんなことは気にせず話を進めたいと思います。

 

 

リビングシェルS+コネクトタープヘキサ

コネクトタープと組み合わせてオールシーズン使ってます。

2人でキャンプするのにベストなサイズ感。

超お気に入りの幕体なので、もし壊れたら同じものを探して買い直すと思います。

 

 

CAMPうら山

インナールームを設置すると残りの床面は2m×3mほど。

この2m×3mの室内レイアウトの工夫をいくつか紹介していきます。

 

 

 

リビンングシェルSの室内レイアウト Ver.1

インナールームの前に立って、室内レイアウトを広角で撮影してみました。

 

 

リビンングシェルSレイアウト

テーブルはエントリーIGTひとつだけ。

フラットバーナーを装着するのでテーブルとして使えるのは2ユニット分。

この2ユニットの下に「IGTハンギングラック 浅型」をセットしてます。

 

テーブルの奥にフィールドラックを2段重ねて天板を置き、サイドテーブル兼ラックとして使っています。

 

写真右手奥、隅っこに焚火テーブル。

エントリーIGTに置けなくなった物を置いてます。

 

 

リビンングシェルSレイアウト

僕の椅子の周辺。

椅子の左手側に天板を置いたシェルコン25。

幕際にフィールドラックを1台置き、その上にクーラーBOXを置いてます。

 

隅っこに常温の食材をいれたバッグ。

 

 

リビンングシェルSレイアウト

僕の椅子の右手後方にフジカハイペットを置いてます。

(こちら側からは出入りしない)

 

椅子の背後には2つめのシェルコン25を置いてます。

使わない火器や調理器具が入ってます。

 

椅子の背後は振り向いて荷物を出し入れする姿勢が苦しいので、なるべく使用頻度の低い荷物を置くようにしてます。

 

 

 

アイテムの整理と工夫(成功編)

シェルコン50は持って行くのをやめた

府民の森ひよし

最初の頃はシェルコン50とシェルコン25の両方を室内に置いてました。

テーブルと椅子を置いて、歩く導線も確保しようとすると、どうしてもシェルコン50が邪魔。

なのでシェルコン50は自宅待機させることにしました。

シェルフコンテナ50が重すぎる!~シェルコン沼プチ脱出計画~
シェルコン50が重すぎるので、中身を簡単に持ち出せる仕組みを考えてみました。

 

 

シェルコン25は天板とレッグを付けてサイドテーブルに使う

KIMICAMP セパレ テーブル

シェルコン25はKIMICAMPのセパレ テーブルを導入して、脚付きのサイドテーブルとして活用しています。

脚があれが雨でも気にせず地面に直置きできます。

KIMICAMPのセパレ テーブルを購入!~シェルコン25用の天板・レッグ・テーブルと1台3役!!~
オーク材で税込11,490円。高コスパで多機能でデザインも良いなんて最高です。

 

 

テーブル下にシェルフを付けて空間効率をアップする

IGTハンギングラック 浅型

エントリーIGTの下に「IGTハンギングラック 浅型」を装着してテーブル下にカトラリーや調理道具を収納しています。

キッチン道具を全て収納できる訳じゃありませんが、スペース効率はアップします。

【スノーピーク】IGTハンギングラック 浅型を購入!~エントリーIGTにも装着できます!~
IGTフレームに引っ掛けて使う2ユニットサイズの吊り下げラックです。エントリーIGTにも使えます。

 

 

 

アイテムの整理と工夫(失敗編)

IGTテーブルが渋滞

エントリーIGTの下に「IGTハンギングラック 浅型」を置くようになったので、ネイチャーハイクの「フレーム付き折りたたみバケツ」はIGTにセットできなくなりました。

IGT互換のPVC素材バケツを購入!~ネイチャーハイク(Naturehike)のフレーム付き折りたたみバケツ~
IGT互換でフレームはステンレス製。折りたたんでコンパクトになるし最高ですね!

今は洗い物を放り込むバケツとして単体で使用しています。

サイズがガビングキューブとほぼ同じであることを利用して何か工夫できないか検討中・・・。

 

 

焚き火テーブルは室内では脇役

レッグラックで2段化した焚き火テーブルですが、室内ではメインのテーブルじゃないので、どうしても隅っこに押しやられがち。

ユニフレームのレッグラックを焚き火テーブルに装着!〜純正オプションに勝るモノ無し!〜
装着は超簡単!脚と干渉せず天板裏に収納できるのが素晴らしい!

良い活用方法が無いか検討中・・・。

 

 

 

現時点の完成形(2024年3月現在)

試行錯誤を繰り返していますが、これが今のベストレイアウト。

焚き火テーブルを排除してワンアクションローテーブル竹を入れました。

 

 

IGTテーブルの奥にワンアクションローテーブル竹を横付けして、その下にシェルコン25(あまり使わない物が入っているほう)を置いてます。

 

 

リビンングシェルSレイアウト

以前はこの位置に2段重ねのフィールドラックを置き、隣に焚き火テーブルを置いてました。

天板面積が小さく、下段のラックも使い辛いので、天板面積の広いワンアクションローテーブル竹に変更。

 

 

  • セパレ テーブル下のシェルコン(左手)
  • エントリーIGT下のIGTハンギングラック 浅型(正面)

に必要な小物を格納しています。

 

 

 

リビンングシェルSは室内レイアウトを工夫するのが楽しい

十二坊温泉オートキャンプ場

「この方法、良いんじゃないか!?」

と思いついたことを実践して、うまくいくと嬉しいですね。

 

軽量・少量を突き詰めるソロキャンプじゃなく、デュオキャンプ(父子キャンプ)が前提です。

 

室内空間を有効に使いたいので、収納関連を整理・工夫することが多いんですが、僕が「うまくいった!」と思っても、相手(息子)に「これちょっと不便・やりにくい・・・」と言わて失敗に終わることがあるのが難しいところ。

 

まぁでも、そういうのも含めて、楽しみながら工夫し続けたいと思います。

 

 

以上、リビンングシェルSの室内レイアウトをアップデートし続けている話でした!

 

コメント