アフィリエイト広告を利用しています

<2023AW版>難燃素材の焚き火ウェアが欲しい!~火の粉に強いアウター5選!!~

この記事は約6分で読めます。

ファイアープルーフデナリジャケット出典:Orange

どうも、キャップです。

「キャンプ用に難燃素材のアウターが欲しい!」

毎年そう思いますが、そんなに毎年ウェアを購入できない!

なので願望・欲望を落ち着かせる意味でも、いま僕が気になってる焚き火ウェアBest5の2023年秋冬版を勝手に発表したいと思います。

 

 

 

1.NANGA(ナンガ)の「TAKIBI DOWN JACKET(タキビダウンジャケット)」

NANGA | ナンガ
羽毛に拘ったダウンスリーピングバッグ・メーカーNANGA。安全で品質の良いダウン(羽毛)を使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、「暖かく、そして軽い」。当社の製品が必要とされる貴方の元へ運ばれ、「このメーカーは良い!」と思って頂けれ...

nanga_TAKIBI DOWN JACKET

出典:NANGA

ナンガで冬キャンプ用の難燃アウターを選ぶならタキビダウンジャケットが最強かと。

表地に難燃素材を採用し、ポケットは7つ。ヘッドランプや手袋などの小物がしっかり収納できます。

 

NANGA | ナンガ
羽毛に拘ったダウンスリーピングバッグ・メーカーNANGA。安全で品質の良いダウン(羽毛)を使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、「暖かく、そして軽い」。当社の製品が必要とされる貴方の元へ運ばれ、「このメーカーは良い!」と思って頂けれ...

ナンガのアパレル人気No.1はオーロラダウンジャケットだと思います。

最高峰のヨーロピアンダックダウンを使用し、表地は高レベルの防水透過性を誇る「オーロラテックス」を使用。

そもそもナンガと言えばシュラフ。オーロラライトは不動の人気。そのシュラフで培った技術がダウンジャケットに投入されているのですから、ダウンの品質も保温にまつわる技術力も、まず間違いないですよね。

 

[ナンガ] ダウンジャケット TAKIBI DOWN JACKET タキビダウンジャケット TAKIBI DOWN JK 2 CHA L
Nanga(ナンガ)
¥74,800(2024/05/30 17:44時点)
ポリエステル生地に難燃素材アラミドを配合した独自のタキビ生地を採用し、化学繊維の弱点である焚き火を楽しむことが出来るアイテムです。
[ナンガ] 別注モデル 焚火 RIP DOWN JACKET タキビリップダウンジャケット(L, BLACK)
Nanga(ナンガ)
¥35,800(2024/05/30 18:17時点)
オーロラダウンジャケットのフォルムに難燃素材「焚火リップ」を融合した別注モデル

 

 

 

2.スノーピークの「FR 2L Down Jacket」

FR 2L Down ファイヤーレジスタンス2レイヤーダウン - 2023 AUTUMN & WINTER | スノーピーク * Snow Peak
難燃・防水・防風性はそのままに、より軽量にアップデートされた“FR 2L Down”

スノーピーク FR 2L Down Jacket出典:スノーピーク

 

毎年アップデートを重ねるFRダウンシリーズの新作

  1. 表地はポリエステルにアラミド繊維を混紡した難燃素材。しかも透湿防水素材。
  2. 耐摩擦・高強度のリップストップ生地に耐久撥水加工と防風機能を付加
  3. 中わたは800フィルパワーの撥水ダウン。しかもウォッシャブル仕様で家庭での洗濯も可。

「考え得る全ての機能を盛り込んダウンジャケット」と言っても過言じゃないと思います。

これだけの高機能ならスノーピークだとしても「無茶苦茶な値段」とは言えません。

アウトドア・キャンプ用品の通販 | スノーピーク(Snow Peak)
【公式】スノーピーク(Snow Peak)の公式サイトです。 スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・アパレルを中心としたアウトドアブランドです。
アウトドア・キャンプ用品の通販 | スノーピーク(Snow Peak)
【公式】スノーピーク(Snow Peak)の公式サイトです。 スノーピークは厳しい自然での検証に裏打ちされたハイスペックな製品群を提供するキャンプ・アパレルを中心としたアウトドアブランドです。

 

 

 

3.Grip Swany(グリップスワニー)の「FP DOWN JKT( ファイヤープルーフダウンジャケット)」

GRIP SWANY FP DOWN JKT

GRIP SWANY / グリップスワニー
レザーグローブのGRIP SWANY / グリップスワニー / GRIP SWANYのホームページです。通販オンラインショップなど。

グリップスワニーの焚き火用ダウンジャケットです。

素材は難燃ミリタリーファブリック「BRAZE SHLELDR」です。中綿には最上級のダウンを使用。

胸元にグローブが収納できるサイズのポケットが付いてるのがグリップスワニーらしいところ。

[グリップスワニー] FP DOWN JKT 5.0 ダウンジャケット GSJ-86 (M, Olive)
Grip Swany(グリップスワニー)
¥41,800(2024/05/30 09:10時点)
難燃ミリタリーファブリック、BRAZE SHLELDを使用した焚き火用ダウンジャケット。

 

 

難燃加工/BRAZE SHIELD - GRIP SWANY / グリップスワニー
レザーグローブのGRIP SWANY / グリップスワニー / GRIP SWANYのホームページです。通販オンラインショップなど。

僕の勝手な思い込みかも知れませんが、いわゆる「難燃素材」を世に広めたのはグリップスワニーじゃないかと思います。

以前は「FIRESHEILD」という素材名だった気がしますが、今は「BRAZE SHLELD」という素材名で難燃生地シリーズを展開しています。

 

 

 

4.Grip Swany(グリップスワニー)の 「FIRE PARKER Ⅳ(ファイヤーパーカー)」

https://www.grip-swany.co.jp/?pid=119963904

GripSwany_GSJ-28出典:Grip Swany

Grip Swanyの難燃アウターと言えばファイアーパーカーじゃないでしょうか。

西村キャンプ場で西村さんも着てますね。

ただし中綿タイプじゃく1枚生地のコートです。ちょっと防寒性が疑問で僕は踏みとどまってしまいました。

 

[GSJ-51] FIREPROOF CAMP PARKA / COYOTE
GRIP SWANY / グリップスワニー / GRIPSWANYの【GSJ-51 FIREPROOF CAMP PARKA / COYOTE】の通販ページです。

ちなみにファイアーパーカーの最新型はGSJ-51みたいですが、フロント開閉がボタンからファスナーになったり、色々と「進化し過ぎ」な感じがして、僕はあまり惹かれません。どこかクラシックな佇まいだった旧型の方が僕は好みです。

 

 

 

5.Grip Swany(グリップスワニー)の 「Fire Proof Poncho(ファイヤープルーフポンチョ)」

[GSJ-40] FIREPROOF PONCHO / BLACK
GRIP SWANY / グリップスワニー / GRIPSWANYの【GSJ-40 FIREPROOF PONCHO / BLACK】の通販ページです。

ポンチョにも惹かれます。

ダウンアウターを着たまま上から羽織れるくらいオーバーサイズのポンチョなら、好きな冬アウターを着たままで居れるので、寒もくないし火の粉からも守ってくれるので、けっこう便利だと思うんですよね。

場合によっては膨張したテルテル坊主みたいな着ぶくれ感が出ちゃうかもですが。。

Fireproof Poncho ブラック
グリップスワニー(GRIPSWANY)
¥15,180(2024/05/30 17:44時点)
※難燃加工による独特なニオイがありますが使用していくうちに取れていきます。不良ではありませんのでご理解頂きご使用ください。

 

 

 

番外編:焚き火ダウンパンツ

最近ダウンパンツをはく人も増えた気がします。

そんなダウンパンツにも難燃素材バージョンがあります。

通異性・透湿性が低いとムレると思うので、ちょっと勇気がいるな、ということで、僕はまだ焚き火ダウンパンツに手を出したことはありませんが、気なるものを掲載しておきます。

 

 

 

 

以上、いま僕が欲しいと思っている難燃素材の焚き火ウェア、勝手にベスト5紹介でした!

コメント