ユニフレームのパワーペグSUS 400 ~40cm級の長尺ペグはステンレス製がオススメ!~

ユニフレーム ステンレス パワーペグ 400

どうも、キャップです。

購入したのはもう随分と前なのですがユニフレームのステンレス パワーペグ 400を紹介したいと思います!

 

大型タープ用に40cm級のペグが欲しい

 HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro.

タープをヘキサエヴォにしたことで、ペグダウンの数が減りました。

と言うのも、ヘキサエヴォは

  • ウイングポールを留めるロープ
  • タープ四隅から伸びるロープ

この両方を一つのペグで留めることができるんです。

 

ヘキサエヴォのサイズ

出典:スノーピーク

 

 

ちょっと言葉じゃ伝え辛いので上の図を見ていただければと。

 

少ないペグの数(6本)でタープを張るということは、ペグ1本にかかる荷重も大きい。

説明書の推奨ペグサイズは「25cm以上」になってますが、スノーピークストアのスタッフに聞くと「特にウイングポール側のペグは40cm以上だと安心ですね」とのこと。

確かに25cmじゃ風が強い時とか、ちょっと不安です。

 

 

スノーピークのソリッドステーク40は重さ330g

スノーピークのソリッドステーク一覧

出典:スノーピーク

「よし、じゃあソリステの40cmを買うか」と手に取ってみて、その重さに「なんじゃこりゃ!?」と驚きました。

想像以上にズシリと重い。

それもそのはず、ソリッドステーク40の重さは330g。

4本だと約1.3kg。ペグ4本で1kg超え。

「何もここまで重くなくたって・・・」と弱音が。

重要なのは地面に突き刺す長さと強度なので「重さ」にこだわる必要は無いよな、と。

 

 

ユニフレームのステンレス パワーペグ 400は重さ170g

ユニフレームのパワーペグ400

出典:ユニフレーム

そんな時に目に留まったのがユニフレームのステンレス製ペグ。

鍛造タイプと比べても強度に遜色なく、軽くて錆びにくいのが特徴、とのこと。良いですね!

そして重さは驚愕の170g!

ソリッドステーク40の半分の重さ!これは良いじゃないですか!!

径がソリッドステーク40(φ10mm)より細い(約φ8mm)とは言え、この軽さはすごい。

短いペグ、小さなペグは「軽さ」がそれほど重要じゃないので、鍛造でも良いと思います。と言うか鍛造の方が何となく良い気がする。

でも40cm級ともなると「軽さ」は重要。長さと丈夫さが同等なら、やっぱ軽い方が良いです。

 

 

ユニフレームのパワーペグは最大サイズの400こそがベストバイ!

ユニフレーム ステンレス パワーペグ 400

ユニフレームのパワーペグSUSは最大サイズの400(40cm)がベストバイかと。

大きく長いサイズでこそ、ステンレス製という特徴、魅力が発揮されると思うんです。

 

 

ユニフレーム パワーペグとソリステの比較

比較用のハンマーの下にパワーペグ400、ソリステ30、ソリステ20を並べてみました。

 

いくらソリッドステーク40と比べて軽いと言っても1本で170gある代物ですから決して「軽量アイテム」ではありません。

なので質感が「軽くて安っぽい」ってことはありません。そこそこズシリとした手応えです。

何よりも特筆すべきはステンレスの質感。美しいです。

無垢なので塗装が剥げることも無いし、錆びないので美しさが持続します。

 

 

ステンレスの質感に感動

ユニフレーム ステンレス パワーペグ 400

新品未使用時の先端。美しい。

この後、何度も使用しましたが先端が潰れることもなく。「強靭」であることを実感してます。

 

 

ユニフレーム ステンレス パワーペグ 400

ヘッドはこんな形状。ヘッド部は径が丸ではなく平べったくなってます。

 

 

ユニフレーム ステンレス パワーペグ 400

打ち付ける部分。フラットな部分が無くカーブしてますが、けっこう打ちやすいです。

 

 

 HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro.

大型のタープから伸びるロープを地面にがっちり繋ぎ止める。

そんな重責を担うペグは長く重くなりがち。

ステンレス製のペグは丈夫かつ「軽い」ので、大型タープを張る作業もほんの少し楽になる気がします。

 

以上、ユニフレームのステンレス製ペグ、パワーペグSUS 400の紹介でした!

The following two tabs change content below.

コメント

タイトルとURLをコピーしました