ユニフレームのライスクッカーミニDXで荷物のコンパクト化!~メスティンから乗り換えました~

4.5

クッカーセット

どうも、キャップです。

こんな状況ですのでキャンプ道具のシミュレーションに時間を費やしています。

調理道具のラインナップを諸々検討した結果、ラージメスティンを2軍落ちさせ、ユニフレームのライスクッカーミニDXを導入することにしました。

結果、収納効率がグンとアップしたので紹介したいと思います。

 

 

 

ユニフレームのライスクッカーミニDXを購入

ユニフレーム ライスクッカーミニDX

開封したてホヤホヤのユニフレームのライスクッカーミニDX。

(良く見たら蓋に僕の顔が微妙に映ってますね・・・汗)

 

炊飯容量は3合まで。

「3合炊きでは吹きこぼれる場合があります」とあり実際は2合半くらいまでが目安のようです。

 

ライスクッカーミニDX | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

 

 

ユニフレーム ライスクッカーミニDX

3合までの米と水の分量が目盛りとして刻まれています。さすが炊飯専用。お米を炊くだけなら計量カップは不要ですね。

 

 

ユニフレーム ライスクッカーミニDX 660331
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,500(2021/08/21 20:13時点)
ご飯が旨い!気持ちいいフィールドでの炊きたてのご飯を食べるのも楽しみの一つです。そのご飯が簡単に美味しく炊ける独自の形状を持ったライスクッカー。難しい火加減を蓋の”カタカタ音”で知らせてくれますので安心です。

「美味しく炊ける」というレビュー多数でライスクッカーとしての評価はお墨付き。

ライスクッカーミニDXは単品販売だからか、供給は安定している感じです。

ユニフレームのfan5 DXは品薄になって高騰することがよくあります。

 

 

 

ユニフレームのライスクッカーミニDXを選んだ理由

ライスクッカーミニDX出典:ユニフレーム

 

 

手持ちのクッカーセットにライスクッカーが無い

キャプテンスタッグのラグナステンレスクッカー Lセットを4年使った感想~良い点と残念な点~
収納袋がダサいけどasobito(アソビト)のクックセットケースに入れると愛着が湧いてきます。

僕はキャンプを始めた頃にキャプテンスタッグのラグナステンレスクッカーLセットを購入し、今も所有しています。

 

 

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 鍋 セット ラグナステンレスクッカー LセットM-5504
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥5,384(2021/01/31 17:08時点)
セット内容:20cm鍋1、16cm鍋1、フライパン22cm1、ケットルクッカー900mL1、取っ手1

でもラグナステンレスクッカーLセットにはライスクッカーが含まれていません。

 

キャンプで白米を食べるならフライパンや大鍋よりライスクッカーの使用頻度が高くなります。

もしファミリーキャンプ用にクッカーセットを購入するなら、ライスクッカーが含まれるセットを選んだ方が幸せになれると思います。

 

 

 

コールマンのアルミ製ライスクッカーは優秀だった!〜王者ユニフレームを脅かす黒いヤツ~
焦げ付かない。付属品が豊富(計量カップ、内ぶた、米とぎザル、メッシュポーチ)。付属品は全てスタッキングできる。減点要素が無いです。

一時期、コールマンのライスクッカーを使ってました。

 

 

コールマンのアルミ製ライスクッカー

ラグナステンレスクッカーLセットの大鍋にちょうど収まるサイズだったんですが、

大鍋>ザル>ライスクッカー

の順にスタッキングすることができず、ザルの運搬に苦労してました。

コールマンのライスクッカーには内側にスタッキングできるザルが付いてるのですが、お米を洗う為のものなのでサイズが小さく、大鍋で素麺やパスタを茹でた時の湯切りにはサイズが小さ過ぎます。。。

そのうち内側のコーティングが剥がれてきたので2軍落ちさせて、結局ラージメスティンで炊飯していました。

 

 

メスティン自動炊飯

時にはソロキャンプで自動炊飯にチャレンジしたり、かれこれ3年以上ラージメスティンで炊飯してきました。

ラージメスティンの唯一の不満はクッカーセットとスタッキングできない点。

クッカー内に収納できないので炊飯器具だけ単体で収納スペースを使うことになります。

ラージメスティンの使用頻度が高いので、その他のクッカーを持って行かなくなる、という逆転現象が発生してました。

 

 

 

新しいクッカーセットを買う必要はない

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5DX (ファンゴー) 660232
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥16,000(2021/06/03 10:23時点)
多くのキャンパーの長年の信頼に応えてきたクッキングウェアのベストセラーモデルfan5DX。

いっそのことクッカーセットをユニフレームのfan5 DXに入れ替えようかと真剣に考えました。

でも大鍋、ザル、フライパンは今持っているものが気に入ってます。

結局、欲しいのはスタッキングできるライスクッカーだけ。

だったら無理してセットを買わず、ライスクッカー単品を購入すれば良いだろう、と。

 

 

 

うまくスタッキングできそうな直径16.5cm

fan5 duo出典:ユニフレーム

重要なのはライスクッカーのサイズ。

ラグナステンレスクッカーLセットの大鍋の直径は20cm。

その内側にジャストフィットしてるザルの内径は恐らく18cmほど

なのでライスクッカーの直径は17cm以下が理想です。

 

コールマン ライスクッカー 3合 2000012931
コールマン(Coleman)
¥6,780(2021/06/03 10:37時点)
サイズ:ライスクッカー/約直径19×高さ18hcm、ストレーナー/約直径17.5×高さ12cm、内蓋/約直径17.5cm

前述のコールマンのライスクッカーは直径19cm

大鍋には収まりますが、ザルの内側に収納するには大き過ぎました。

 

fan5 DXにセットのライスクッカーDX(5合炊き)は直径21cm

スタッキングするにはサイズが大き過ぎます。

 

対してfan5 duoにセットのライスクッカーミニDX(3合炊き)は直径16.5cm

これなら手持ちのザルの内側に収納できるはずです。

ご飯は3合炊ければ十分ですしね。

 

 

 

ライスクッカーミニDXでスタッキングを実践

クッカーセット

さて、最初に狙っていたのはこの組み合わせ。

大鍋>ザル>ライスクッカーミニDX>ケトルクッカー

ケトルクッカーはラグナステンレスクッカーLセットのセット品です。

 

 

 

クッカーセット

ふむ、サイズ的にいける気がする。

 

 

クッカーセット

よし!見事に収まりました!!

・・・

でも、ケトルクッカーの把手ネジと注ぎ口がライスクッカーの内側に当たってるのが気になります。

ライスクッカーの内側のコーティングが剥がれてきたら嫌だな、と。

(コールマンのライスクッカーは内側のコーティングが剥がれてお蔵入りしましたし)

 

 

クッカーセット

で、思い至ったのがこの組み合わせ。

 

大鍋>ザル>ライスクッカーミニDX>sotoのアシストポーチ

sotoのアシストポーチにはレギュレーターストーブが入ってます
ソト(SOTO)ST-310専用アシストセットを購入!~これは必ず買うべきオプションです!~
ソト(SOTO)ST-310を持ってるなら、専用アシストセットST-3104CSは追加購入しても後悔しないと思います。オススメです。

 

 

クッカーセット

おっしゃ!

アシストポーチがライスクッカーミニDXの内径にジャストフィットです!

 

 

クッカーセット

ライスクッカーミニDXの蓋を裏返して載せると

 

 

クッカーセット

ちょっと浮きますが、まあ許容範囲かなと。

 

 

クッカーセット

大鍋の蓋を載せて、asobitoのクッカーセットケースに入れてみました。

 

 

 

クッカーセット

更にアルパインフライパン20とちびパンも載せるとこうなりました。

これはちょっと欲張り過ぎですね。。

 

 

クッカーセット

クッカーセット

ちなみにラグナステンレスクッカーLセットの大鍋の蓋は、モンベルのアルパインフライパン20の蓋としても使えそうです。

 

 

 

クッカーセットをシェルコン50に収納できるようになりました

導入前

シェルコン50の収納状態

これまでの状態。

クッカーセットはありません。ラージメスティンが微妙に場所を占有しています。

左側のスペースが余っているのですが、クッカーセットはどう工夫しても収まりませんでした。

 

 

導入後

シェルコン50の収納状態

ライスクッカーミニDXをスタッキングしたクッカーセットを左側に入れることができました。

ラージメスティンが姿を消しました。

 

 

シェルコン50の収納状態

ステンレストップを2枚載せると、気持ち良くフラットになりました。

 

 

 

余談:セットで買っても使わないものは使わない

ラグナステンレスクッカーLセットは大鍋と蓋だけ残し、他は全て2軍落ちになりました。

 

  1. 大鍋:20cm
  2. 片手鍋:16cm
  3. フライパン:22cm
  4. ケトルクッカー:900ml

がラグナステンレスクッカーLセットの内訳ですが、片手鍋なんて5年間で2回しか使いませんでした。

クッカーセットって「一式全てセットで揃ってる」という点に魅かれますが、セットに含まれる各アイテムを全て使うかどうか、良く考えてから購入した方が良いですね。

 

 

 

まとめ

これまではシェルコン50にクッカーセットが収まらなかった為、クッカーセットは必要な時だけ持って行ってました。

事前に「今回のキャンプ料理にクッカーセットは必要か?」を考える必要があり、これが微妙に面倒だったんですよね。

 

今回の整理でクッカーセットもシェルコン50に収まったので、事前にあれこれ考える必要がなくなりました。シェルコン50さえ持って行けば安心です。

 

心配と手間が少し減っただけなんですが、精神衛生上すごく良いことのような気がしています。

 

 

 

以上、ラージメスティンをユニフレームのライスクッカーミニDXに変更してスタッキングしたら荷物がコンパクト化できたよ、という話でした!

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました