<2021年版>キャンプ用カセットガスストーブが殆ど生産終了になっている件

出典:Amazon

どうも、キャップです。

キャンプ用のサブ暖房器具として便利なのがカセットガスストーブです。

カセットボンベ缶(CB缶)が使えるストーブなのでアウトドアヒーターとして重宝します。

でも何故か、以前紹介したメジャーな商品が続々と生産終了。

その理由を調べた上で、2021年10月現在のオススメ商品をまとめてみました。

 

 

 

カセットガスストーブとは

要するに家庭用カセットボンベ(CB缶)を燃料に利用できるストーブです。

本ブログでは「カセットガスストーブ」という言い方、表記に統一しておきます。

  • ガスヒーター = 都市ガスが燃料の家庭用のガスファンヒーター
  • ガスストーブ = 都市ガスが燃料のガスホースで繋がったストーブ
  • カセットガスストーブ = CB缶を使う屋外用のストーブ

という解釈から。

各メーカー色々な名称で販売しているので正式名称が定められている訳ではないと思いますが、経済産業省の定義では「屋外式カートリッジガスストーブ」という表現になっています。

 

 

 

キャンプではメインじゃなくサブの暖房器具

先に結論を。

冬キャンプのメイン暖房器具としては役不足です。過度な期待は禁物。

「暖かくない」「使えない」と言ってる訳ではありませんが、真冬に「メイン」で使うのは厳しいかな、と。石油ストーブのように氷点下のシェルター室温を上昇させる程のパワーはありません。

でも「夜ちょっと肌寒くなるかも」と心配な時に積んでおくと安心です。気軽に持ち出せるので石油ストーブと用途はカブらないですね。

 

 

 

【重大ニュース】「PSLPGマーク」のない屋外式カートリッジガスストーブの販売が禁止に!

この記事を最初に書いたのは2018年。

その頃に比較検討していた以下4商品は全て姿を消しました。

  1. ユニフレームのハンディガスヒーター:生産終了
  2. イワタニのアウトドアヒーター:生産終了
  3. カリフォルニアパティオのカセットガスヒーター:生産終了
  4. ニチネンのミスターヒート:生産終了

 

どれも有名なメーカーの商品だしAmazonランキング上位の売れ筋だったので一斉に姿を消すなんて何か不自然です。

調べてみたところ、経済産業省が規制を見直したようです。

 

「屋外式カートリッジガスストーブ」の規制 … – 経済産業省

今回の改正により、2020年6月1日以降、これまで流通していた
「PSLPGマーク」のない屋外式カートリッジガスストーブの販売は禁止
となります。

 

これが原因ですね。輸入品もNGです。

ガスバーナーはもともとこの基準が適用されていたようですが、今後はカセットガスストーブ(屋外式カートリッジガスストーブ)にも適用されるようです。

ガスバーナーを多数発売しているSOTOは基準適合品であることを明言しています。

PSLPGマークについて | SOTO | OutDoor Gear
このサイトは、新富士バーナーが、スタイリッシュで機能的な「道具」を通じて、季節やシーンに合わせて楽しむアウトドア・スタイルを提案しています。

 

 

 

今選ぶなら、このカセットガスストーブ

現在、名の通ったメーカーの製品を買おうとすると

Iwatani(イワタニ)
SENGOKU ALADDIN(センゴクアラジン)

この2つのメーカーくらいしか出てきません。

 

「PSLPGマーク」規格のカセットガスストーブ(屋外式カートリッジガスストーブ)を作っているのが、この2社くらい、ということなのかも知れません。

Amazonや楽天ではPSLPG規格に合格してるのか不明な商品も色々と販売されていますが、ヨドバシで「カセットボンベ ストーブ」と検索するとイワタニとロゴス(センゴクアラジンのOEM)しかヒットしません。

https://www.yodobashi.com/?discontinued=false&word=%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%99%20%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%96&gclid=CjwKCAjw2vOLBhBPEiwAjEeK9iGmgz0NQ84Q91QgSmg0tWipf_-TGh8OLDvasHYKsHZK8mEDtdvFoBoCKOwQAvD_BwE

 

 

2021年10月時点でIwatani(イワタニ)のカセットガス暖房機シリーズは3機種です。

カセットガス暖房機シリーズ | 岩谷産業
イワタニのカセットガス暖房機シリーズのページです。イワタニの商品紹介サイトでは、カセットこんろ(コンロ)、カセットボンベ(ガス)、カセットガスストーブ、ミルサー、コンロ用プレートなどの豊富な商品情報をご紹介。

 

 

イワタニのマイ暖

いま選ぶなら、選択肢として一番無難かな、と思うのは「マイ暖」です。

カセットガスストーブ ポータブルタイプ "マイ暖"| 岩谷産業
イワタニのカセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖のページです。イワタニの商品紹介サイトでは、カセットこんろ(コンロ)、カセットボンベ(ガス)、カセットガスストーブ、ミルサー、コンロ用プレートなどの豊富な商品情報をご紹介。

 

運転モードが標準と弱の2通り選べてエコ運転が可能。

最大発熱量1.0kW(900kcal/h)と暖かさは普通ですが、安心のイワタニ製で価格も1万円前後。ただしイワタニの公式HPには「屋内専用」と書かれています。

 

Iwatani(イワタニ)の製品一覧には無いですが、ポータブルタイプもあります。こちらは屋内専用なのか不明。キャンプで屋外に持ち出すならこちらが適しているのかも。

 

 

イワタニのデカ暖

ハイパワーがウリで「小型石油ストーブに匹敵する暖かさ」だそうです。すごいですね。

カセットガスストーブ "デカ暖" | 岩谷産業
イワタニのカセットガスストーブ デカ暖のページです。イワタニの商品紹介サイトでは、カセットこんろ(コンロ)、カセットボンベ(ガス)、カセットガスストーブ、ミルサー、コンロ用プレートなどの豊富な商品情報をご紹介。

 

「熱溜め燃焼筒」という機構で小型石油ストーブに匹敵する暖かさを実現しながらも、連続燃焼時間は約2時間30分とそこそこの長さです(マイ暖は3時間20分)。

標準価格は2万円台ですが、2021年10月現在Amazonで14,000円ほどで販売されており、かなりお買い得感が高いです。

 

 

イワタニの風暖

究極。なんとカセットガス缶使用のファンヒーターです(世界初だそうです)。

カセットガスファンヒーター "風暖"(KAZEDAN) | 岩谷産業
イワタニのカセットガスファンヒーター 風暖(KAZEDAN)のページです。イワタニの商品紹介サイトでは、カセットこんろ(コンロ)、カセットボンベ(ガス)、カセットガスストーブ、ミルサー、コンロ用プレートなどの豊富な商品情報をご紹介。

 

どうせならカセットガスを複数装着して長時間運転できれば・・・とか妄想が膨らみます。

標準価格はK点超えの3万円台。勿体なくて屋外でラフに使えない。

こちらもAmazonでは2万円を切る価格で販売されている時がありますが、ハイシーズンになると値段が上がります。

 

 

センゴクアラジンのポータブルガスストーブ

2018年10月15日販売開始。当時色んなメディアで紹介され話題になりました。他社とのコラボで限定カラーも発売されています。

暖房性能も優れているとのことですが価格は3万後半。高い。純粋な暖房性能ではイワタニのデカ暖には敵わないんじゃないかなと思いますし、機能・暖房性能と価格が見合ってない感はあります。

アルパカストーブが買えちゃう価格なので、よほどデザインが気に入ったのであればアリかもな、という感じ。

newアルパカストーブコンパクト(黒)専用ケース(黒)プレゼント
newアルパカストーブコンパクト
¥32,890(2021/10/07 23:29時点)
newアルパカストーブ本体+専用ケース付き(1年間の保証付き)32,890円(税込、送料込み)です。

 

 

参考:楽天上位の2WAYストーブ

毎年、冬になると楽天ランキング上位に入ってくるのがこのタイプ。

似た形・機能の商品が何種類も大量に出回ります。

クチコミを読むと評価があんまり良くないんですよね。

日本製の商品を見たことが無いので「PSLPGマーク」規格に合格してるかは疑問。

一応情報として載せますが、今の情勢を考えるとオススメはできないですね。

 

 

 

姿を消した2018年のカセットガスストーブ4強

恐らく「PSLPGマーク」規格の影響で姿を消したのであろう、当時のエース級商品たち。

当時、どれを選ぶか真剣に悩み、比較検討しました。過去アーカイブ的に残しておきます。

以下がスペック比較表。黄色マーカー部分が強みです。

メーカーユニフレームイワタニカリフォルニアパティオニチネン
名称ハンディガスヒーター ワームIIカセットガス アウトドアヒーターカセットガスヒーターミスターヒート
サイズ260×180×255mm272×200×294mm280×230×210mm230×180×180mm
重量約2kg約1.5kg約2.4kg約1.5kg
火力600kcal/h約1.0kW(900kcal/h)約1.1kW(950kcal/h) 約0.93kW(800kcal/h)
ガス消費量 ???約76g/h約80g/h約68g/h
連続燃焼時間最大火力時:10時間(2本)約3時間20分約3時間約3時間40分
実勢価格(税込)¥12,800¥10,500¥9,800¥7,600(ケース付)

表が見辛い場合は以下の画像をクリックしてください。

 

 

ユニフレームのハンディガスヒーター:生産終了

https://www.uniflame.co.jp/9041

カセットガス2本で長時間運転できるのが最大の特徴。翌朝まで燃料交換ナシで運転可能なカセットガスストーブはこれだけでした。

0℃以下でのブタンガスの気化不良を解消する「サーマルコントロール」というシステムを搭載していました。

出力600kcal/hは他と比較すると弱め。一人用かつ足元用が前提な感じでした。

 

 

イワタニのアウトドアヒーター:生産終了

カセットガス暖房機シリーズ生産終了商品 | 岩谷産業
イワタニのカセットガス暖房機シリーズ生産終了商品のページです。イワタニの商品紹介サイトでは、カセットこんろ(コンロ)、カセットボンベ(ガス)、カセットガスストーブ、ミルサー、コンロ用プレートなどの豊富な商品情報をご紹介。

ガンダムに出てくるドムみたいなルックスは好みでした。

イワタニ製なので各種の安全装置はしっかり装備されてますが、ユニフレームのようなドロップダウン抑止の独自機能は無し(勿論ジェネレーターは付いてます)。

ユニフレームとイワタニは熱源が目玉みたいな形で、狭い照射範囲に集中して温めるタイプでした。

 

 

カリフォルニアパディオ:生産終了

https://bbqshop.jp/pages/%E8%87%A8%E6%99%82%E4%BC%91%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B-%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%99%E5%B9%B4%EF%BC%94%E6%9C%88%E5%90%89%E6%97%A5

比較した4機種の中では火力が一番強く、代わりに燃焼時間が一番短い。ジェネレーター機能付きをアピールしてました(比較した4機種は全てジェネレーター機能付き)。

サイズ・重量ともに4機種の中で最大級。別売りですが専用ケースがありました。

毎年マイナーチェンジで樹脂素材やカラー展開が変更されてました。

 

 

ニチネンのミスターヒート:生産終了

コンロ、燃料などの通信販売|埼玉県上尾市 株式会社ニチネン
株式会社ニチネンは、常に好奇心を持ち続け、優れた技術力とスピードある開発力によって、新しい価値を創造することに挑戦し続けます。これにより、顧客満足を提供し、社会に貢献し続けます。コンロ、燃料などの通信販売なら株式会社ニチネンへ。

比較した4機種の中で最も火力が弱く燃焼時間が長い(カセットガス2本で運転するユニフレームのハンディガスヒーターには負けますが)。

価格が最も安く、その上ケース付きでした。

 

当時、色々と悩んだ末に僕はミスターヒートを購入しました。

ニチネンのミスターヒートを購入!~ハードケース付きでこの価格はお買い得~
【開封写真あり】ニチネンのミスターヒートは運搬に便利なハードケース付きです。ミスター質実剛健。

正面に座れば少し離れてもホンワカ暖かいです。

カセットガスストーブは裸で車載すると壊れそうで心配だし、大丈夫なケースが付いているのは嬉しいポイントでした。

 

 

 

一酸化炭素中毒には十分に注意してください

一酸化炭素チェッカーを用意してもリスクはあります。

そもそもテントメーカーはテント内での火器使用を禁止していますし、カセットガスが燃料であっても室内酸素濃度が低くなると危険です。

冬キャンプでの火器使用にはくれぐれもご注意ください。

 

 

 

以上、経産省の法改正で2020年6月1日以降、「PSLPGマーク」のない屋外式カートリッジガスストーブは販売禁止になっていた、という話でした。

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました