カセットガスストーブを徹底比較!そしてニチネンのミスターヒートを購入!!

この記事をシェアする

どうも、フジカのハイペットが手に入らないのでヤケになってるキャップです。

ニチネンのミスターヒートの購入レポです。

フジカのハイペットはおあずけ

今年はフジカのハイペットで冬キャンプデビューの予定でしたが想像を絶する納期のため年内導入を断念。

「申し訳ございません、現在注文が殺到しておりまして、納品は最短でも来年の2月になるかと・・・。」

奮発してスノーピークのリビングシェルは買ったんですけどねー(自慢)。

【開封写真あり】とうとうリビングシェル購入しました!我が家の条件を全て満たす幕はリビングシェルでした。

いやほんと、買えないとなると欲しくなります。何か暖かくなるものが欲しい!

カセットガスストーブなら石油ストーブと併用できる

12月初旬のグループキャンプでリビングシェルを初投入するので何か暖房器具を導入したいなと思っていたところ「石油ストーブとカセットガスストーブを併用するとすごく暖かい」という記事を発見。

よし、今年のターゲットはカセットガスストーブに決定!

フジカのハイペットと併用できるなら無駄な買い物にはなりませんしね。

GW頃までは肌寒いので「石油ストーブ焚くほどじゃないんだけどね」という気温の時にシェルター内で使用すると便利なのでは、という期待も。

キャンプで使えるカセットガスストーブの候補

CAMP HACKさんが「アウトドアヒーター9選」的なノリで記事をまとめてらっしゃいます。

アウトドアヒーターは、秋冬キャンプに必要な暖房器具です。おすすめのアウトドアヒーターの中から、キャンプにおすすめなガスヒーターと石油ストーブをご紹介。アウトドアヒーターで寒い季節もぽかぽか!温かくキャンプをするためのお役立ちアイテムです!…

カセットボンベ缶を使用するガスストーブだと候補は実質以下の4つになりますね。

その他の候補1:この時期よく楽天ランキング上位に入ってくるこのタイプ。

その他の候補2:イワタニのハイパワーなストーブ。もはや主役級の暖房設備です。

その他の候補3:なんとカセットガス缶使用のファンヒーター。究極。

はてさてどれにしたものか。

カセットガスストーブの比較表

「その他の候補1」の2WAYストーブは楽天1位と言う割にクチコミを読むと評価があんまり良くないんですよね。妙に火力が強いのも微妙に心配。ちょっとナシですね。

「その他の候補2」と「~3」のイワタニ製品はちょっと高価過ぎます。品質は良いんでしょうけど、屋外でラフに使うのが勿体ないですね。

そうなると4強の中から選ぶことになります。

メーカー ユニフレーム イワタニ カリフォルニアパティオ ニチネン
名称 ハンディガスヒーター ワームII カセットガス アウトドアヒーター カセットガスヒーター ミスターヒート
サイズ 260×180×255mm 272×200×294mm  ??? 230×180×180mm
重量 約2kg 約1.5kg 約2.4kg 約1.5kg
火力 600kcal/h 約1.0kW(900kcal/h) 約1.1kW  約0.93kW(800kcal/h)
ガス消費量  ??? 約76g/h 約80g/h 約68g/h
連続燃焼時間 最大火力時:10時間(2本) 約3時間20分 約3時間 約3時間40分
実勢価格(税込) ¥12,800 ¥10,500 ¥7,980 ¥5,530(ケース付)

表が見辛い場合は以下の画像をクリックしてください。

ユニフレームのハンディガスヒーター

カセットガス2本で長時間運転できるのが最大の特徴です。翌朝まで燃料交換ナシで運転可能なのはこれだけですね。

600kcal/hという出力は他と比較すると弱く感じます。一点照射が前提、一人用かつ足元用が前提な感じです。

イワタニのアウトドアヒーター

ガンダムに出てくるドムみたいな形状は好みです。こちらも一点照射型かな。燃焼時間は違うけどユニフレームと同系統。

僕が思ってる「石油ストーブと併用できるガスストーブ」とは少し違うかも。

カリフォルニアパディオ

比較した4機種の中では火力が一番強く、代わりに燃焼時間が一番短いです。ジェネレーター機能付きをアピールしてますが比較した4機種は全てジェネレーター機能付き。

サイズが不明なのですが他の4機種と比べて重量が重いのでサイズも一番大きいのでは、と想像。別売りですが専用ケースがあります。

細かい話ですがAmazon商品ページの火力「0.80kg/hr」は多分「80g/h」の間違いだと思います。この比較表は後者を記載しました。

ニチネンのミスターヒート

価格が最も安く、その上ケース付き。火力は比較した4機種の中で最も弱く燃焼時間は長いです(カセットガス2本で運転するユニフレームのハンディガスヒーターには負けますが)。

カセットガスストーブをコスパで選ぶならニチネンのミスターヒート

比較表も作ってさんざん悩んだ挙句、ニチネンのミスターヒートに決めました。

無骨で主張しない色使いもGOODですが、決め手は価格です。

暖房器具の主役は来年購入予定のフジカのハイペットなので、脇役はコスパ重視で選ぶことにしました。

この価格でケース付きってとこが素晴らしい。

カセットガスストーブはケースがあった方が良い

暖房器具って積載に悩みます。

寒い時期しか持って行かない荷物なので「ベスト車載パターン」を生み出せるほどの登場回数でもなく。慣れない荷物なので、きっちり積めるとは限らない。

カセットガスストーブみたいなサイズの荷物だと尚更。崩れちゃって形が歪む可能性大です。

だからカセットガスストーブを買うなら大丈夫なケースは必需品だと思います。

カリフォルニアパディオは別売りでケースがあるのですがハードケースじゃないんです。それにケース代金も合計すると1万円以上するのはちょっとなぁ、という感想。

あと、カリフォルニアパディオのアメリカンレトロな形状とポップな色使いは、スノーピーク派やユニフレーム派のサイトのトーンには合わせ辛いですね。コールマン派ならアリかも知れません。

ニチネンのミスターヒート購入&開封

あまり質感が良いとは言えないプラスチック製の無骨なケース。

肩掛け紐の「MR HEAT」の綴りがシュールですね。でもケース付きは嬉しい。

ケースにはカセットボンベ缶も3本収納できるようです。この気配り設計は意外。

燃焼パネル部分。面積は食パン1枚よりも小さいですね。

背面。開きます。

ボンベ缶のセット方法と取り外し方法が図解されてました。

脚4本と別に前面にスタンドが付いてます。これで照射方向を上向きに変える訳ですね。

以上3方向からのショット。

印象を一言でまとめると「デザインが上手じゃない会社がそこそこ真面目に作った生活器具」という感じです。悪くはないですね。

オマケ。来年のフジカのハイペット投入に向けて一酸化炭素チェッカーと室外室内温度計も購入しちゃいました。

ニチネンのミスターヒートを実戦投入

「思ったよりも暖かい」というのが印象。

もちろん室内の気温をガンガン上昇させるようなパワーはありませんが、近くに居るとホンワカ暖かいです。ファンを回したら結構暖かい空気が回るんじゃないかと思いました。

以上、フジカのハイペットが買えなかったのでニチネンのミスターヒートを買った話でした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告