フジカ・ハイペット(反射板付きブラック)購入!

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

とうとうフジカハイペットを購入しました!購入までの道のりと開封レポです!

※アイキャッチ画像は昨年グルキャンした際の知人の所有物デス

冬キャンプの構想は2017年の秋に固まった

2016年末、初めての冬キャンプをアメニティドームと電気カーペットだけで無防備に過ごした反省から、2017年はシェルターとストーブの導入を決めました。

アメニティドームは良いテントですが冬キャンプには不向きです。シェルター+ストーブで暖かい空間を作らないと厳しいです。

2017年末はリビングシェルとフジカ・ハイペットで冬キャンプすることにしました。するはずでした。

まさかの3ヵ月待ちに絶望した2017年の冬

ところが11月に株式会社フジカに電話したところ既に注文が殺到しており納期は3か月以上!!「いま注文いただいても商品のお届けは翌年2月頃になります」と言われ、泣く泣く断念・・・。

Amazonプライムに慣れ過ぎた自分を悔やみながら、ストーブ無しで2017年の冬シーズンを過ごしたのでした。

「申し訳ございません、現在注文が殺到しておりまして、納品は最短でも来年の2月になるかと・・・。」

寒さを耐え忍んだ2017年の冬

早くリビングシェルで冬キャンプがしたい!でも肝心のストーブが無いというジレンマ。

ホットカーペットだけじゃちょっと不安なので暖房器具としてカセットガスストーブを導入しました。

【開封写真あり】ニチネンのミスターヒートは運搬に便利なハードケース付きです。ミスター質実剛健。

リビングシェル+カセットガスストーブ+ホットカーペットで1月のマイアミ浜オートキャンプ場に突撃。

しかしカセットガスストーブに真冬のリビングシェル室内を温めきるパワーは無く、室内温度は常に10℃以下。

夜中にドロップダウンでカセットガスストーブが停止し、室内温度は氷点下に!

息子と2人、凍える一夜を過ごす羽目になりました。

「来年こそは”室内ヌクヌクのストーブキャンプ”を実現してやる!」

そうリベンジを誓った僕は、家族会議で来年の夏ボーナスの使い道を予約したのでした。

万全の早期注文で挑む2018年の夏

「猛暑が警戒されるこんな時期に冬キャンプ用のストーブ注文するの・・・?」と思いますよね。僕もそう思います。なんとも季節外れな話だなーと。

でもフジカ・ハイペットが有るか無いかで冬キャンプの過ごし方、楽しみ方そのものが大きく変わります。石油ストーブはそれくらい影響力の大きなアイテムなのです。

冬のボーナスが出てから注文しても年内入手は絶対に無理。

2017年の僕のように「もっと早めに注文しておけば良かった・・・」と後悔しても、時計の針を戻すことはできないのです。

後で悔やむくらいなら、夏のボーナスが手元にある今のうちに注文してしまえば良いのです。今なら2週間待ちで入手できます。僕の選択は正しい(自分に言い聞かせている)。

注文したのはブラックの反射板付モデル

出典:株式会社フジカ

型番は「KSP-229-21C-J2R-BL」です。

色はブラックにしました。ホワイトもありますが、ちょっと値段がアップします。

リビングシェルの端っこに置くことも多いと思うので反射板付モデルにしました。

とうとうフジカ・ハイペットが到着!

届きました!

8月時点で納期は約10日でした。

8/1に注文して8/10に到着。3ヵ月待ちに絶望した昨年が嘘のようです。

頑丈な段ボールに入って届きました。

箱は2色印刷でそこそこちゃんとデザインされた感じです。

けっこう丁寧な取扱説明書が同梱されていました。

フジカ・ハイペット開封!(写真たくさん)

箱から出しました。

反射板は最初からセットされてました。

ボディ近影。

ダイアルとレバーの操作感は適度な重みがあります。ちゃちな印象は皆無です。

子供の頃のストーブってこの形でしたねー。懐かしい。レトロです。

裏から見るとこんな感じ。

上から覗いただけでは転倒しても石油が漏れないという「転倒時無漏油自然鎮火特殊構造タンク(Safetinaタンク)」の秘密はわかりませんね。

オレゴニアンキャンパーのポップアップトラッシュボックスがジャストフィット

今も入手困難が続いているオレゴニアンキャンパー(Oregonian Camper)のポップアップトラッシュボックス。

入手困難なポップアップトラッシュボックスを運良くゲットできました。大人気アイテムのサイズ感や折り畳み方法等をレビューします。

あつらえたかのようにフジカ・ハイペットがピッタリ収まります。

高さもピッタリ。

ファスナーを締めた状態。まさか中にフジカ・ハイペットが入ってるとは思えないですね。

(今も入手困難なこのボックスを収納ケースにして良いのかはさて置き)

実戦投入に必要な周辺アイテム

灯油ポリタンク

自宅の納屋などに置いて灯油を備蓄するアイテム。

ホームセンターとかAmazonでも800円くらいするのでコストコの538円は破格。こだわる部分じゃないし買うなら安い方が良いです。

ガソリンスタンドで灯油18Lを給油するとだいたい1,800円前後です(2018年10月現在)。

給油ポンプや収納ケース等、いくつか準備しないといけないアイテムがあります。

そのへんはまた追記更新したいと思います。

まだ残暑厳しくエアコンがフル稼働する毎日ですが、今から実戦投入が待ち遠しいですね。

以上、1年越しのフジカ・ハイペット注文と開封レポでした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告