アフィリエイト広告を利用しています

初心者の僕が最初に購入した15のキャンプ道具~スノーピークのアメニティドームM以外は節約~

この記事は約10分で読めます。

※この記事は2020年2月に情報アップデートとリンク切れ修正を行っています。

どうも、キャップです。

僕がキャンプを始めた時、最初に購入したキャンプ道具を紹介します。

ゴールデンウィーク直前の2016年4月末にまとめて購入。

この道具を携えて2016年5月にマキノ高原でキャンプデビューしました。

 

 

 

検討期間は1か月

キャンプを始めることを決心したのが2016年4月上旬。

2016年5月のゴールデンウィークにマキノ高原を予約し、1か月後のキャンプデビューが決まりました。

3週間ほどネットや本を見てキャンプ道具をリサーチ。候補商品を絞り込みました。

2016年4月末、思い切って一気に購入。

実店舗には行かず全てAmazonと楽天で購入しました。

 

 

 

主役はスノーピークのアメニティドームM

やっぱりテントは悩みました。

いわゆるドーム論争(コールマンのタフワイドドームか?スノーピークのアメニティドームか?)に自分なりの回答を出して僕が選んだのはスノーピークのアメニティドームM。

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM 5人用 SDE-001RH
スノーピーク(snow peak)
販売元がAmazon.co.jpを含めた正規販売店以外の第三者の場合、正規のサポートが受けられない可能性があります、ご注意ください。

 

選んだ理由は「格好いいから」。

今でも良い選択をしたと思ってます。

【スノーピーク】アメニティドームMを買って後悔した5つのポイント
銘幕アメドMの不満点を5つ挙げてみます。購入を検討している方はきっと参考になると思います。

 

テントを奮発したのでタープは諦めました。

アメニティドームの前室をリビングにする作戦です。

前室のキャノピーを跳ね上げればちょっとしたリビング空間ができるはず。そこに置いてもかさばらないように、椅子とテーブルは低めに統一したいなと思ってました。

 

 

 

最初に購入した15アイテム

悩みに悩んで購入した最初のキャンプ道具がこちら。

カテゴリ メーカー アイテム
テント・タープ スノーピーク アメニティドームM(SDE-001R)

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM 5人用 SDE-001RH
スノーピーク(snow peak)
販売元がAmazon.co.jpを含めた正規販売店以外の第三者の場合、正規のサポートが受けられない可能性があります、ご注意ください。
テント・タープ ロゴス ぴったりグランドシート270

テント・タープ ドッペルギャンガー タープポール2本セット(XP-01)

寝具 コールマン パフォーマーII/C5(ネイビー/バーミリオン)

寝具 クイックキャンプ インフレータブルキャンピングマット 5cm 2枚セット

[クイックキャンプ] 車中泊マット 5cm 厚手 シングルサイズ 2枚セット スエード QC-CM5.0b*2
クイックキャンプ
ファミリーキャンプや車中泊に適した5cm厚キャンピングマット
照明 ジェントス LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル(EX-777XP)

照明 ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ(HW-999H)

椅子・テーブル ノースイーグル ローコンパクトスリムチェアDX(NE133)

椅子・テーブル FIELDOOR ポータブル アウトドアチェア ボルドー

椅子・テーブル キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル(FPT-100 SL)

[キャンパーズコレクション 山善] ファイアープレイステーブル FPT-100(SL)
キャンパーズコレクション(Campers Collection)
[本体サイズ]:幅100×奥行115×高さ27cm
火器 イワタニ カセットガス ジュニアバーナー

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
Iwatani(イワタニ)
使用サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm/収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm/商品重量:約274g/カラー:[本体] シルバー、[器具せんつまみ] こげ茶/材質:[本体] アルミニウム、[バーナー・ごとく・脚・風防] ステンレス/ガス消費量:約194g/h (気温20~25℃のとき10分間のガス消費量を1時間に換算したもの)/最大発熱量:2.7kW (2,300kcal/h)/連続燃焼時間:[イワタニカセットガス使用時] 約120分、[イワタニカセットガスジュニア使用時] 約40分 (気温20~25℃のとき強火で連続使用したときの目安時間)/点火方式:圧電点火方式/容器着脱方式:押込半回転方式/使用ガス:イワタニカセットガスジュニア、イワタニカセットガス、イワタニカセットガスパワーゴールド/化粧箱サイズ:幅97×奥行85×高さ127mm/化粧箱重量:約430g/付属品:専用ハードケース/生産国:日本
火器 キャプテンスタッグ 炭焼き名人FD火起し器(M-6638)

キャプテンスタッグ 炭焼き名人FD火起し器 M-6638
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
バーベキュー用火起こし器
火器 ユニフレーム ファイアグリル

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040
ユニフレーム(UNIFLAME)
使用時  430×430×330(網高)mm 収納時  380×380×70mm
調理具・食器 スノーピーク トレック900(SCS-008)

収納 キャプテンスタッグ クーラーボックス 14 ブルー(M-8175)

  • 赤色アンダーライン=売却。
  • 黄色アンダーライン=スペックに不満あり

 

 

 

無事にキャンプデビュー

記念すべき初張りの写真です(↑シワシワですね・・・)。

2016年5月、息子と二人でマキノ高原の高原サイトでテント泊しました。

 

自分で道具を揃え、自分の車でキャンプ場に行き、自分でテントを設営して、自分で炭火を起こし、自分で肉を焼き、息子と二人でテントで寝て、無事に翌朝を迎えることができました。

自信がつきました。「よし、次はどこに行こうかな」とハマっていきました。

息子もすごく喜んでくれました。嬉しくて良い思い出になりました。

 

 

 

【反省】寝袋、チェア、クーラーBOXはスペック不足

最初に購入した15アイテムの中でスペック不足を感じたのは

  • 寝袋:【コールマン】パフォーマーII/C5(ネイビー/バーミリオン)
  • チェア:【FIELDOOR】ポータブル アウトドアチェア
  • クーラーBOX:【キャプテンスタッグ】クーラーボックス 14(M-8175)

の3つ。

 

この3つはもっと性能重視で選んでも良かったなと思います。

結局あとから高スペックのアイテムを追加購入したので2軍落ち。

 

使用頻度の高いアイテムは多少オーバースペックと感じても最初から良い品を購入すべき

というのが学び。ビビらずに良品を狙うべきでした。

ま、後から思うことであって、買って届いた時は「これ良いやん!」と思ってたんですけどね。使ってみないとわからないことです。

 

 

 

【悩み】囲炉裏テーブルは微妙

今回の初購入アイテムの中でちょっと異質なのが「キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル FPT-100(SL)」です。いわゆる囲炉裏テーブルですね。

 

[キャンパーズコレクション 山善] ファイアープレイステーブル FPT-100(SL)
キャンパーズコレクション(Campers Collection)
[本体サイズ]:幅100×奥行115×高さ27cm

最初に買ったテーブルはこれだけ。調理にも食事にも囲炉裏テーブルを使う作戦でした。

結果、想定外の用途ですごく活躍してます。期待してたのと違う方向で。この点については別記事でたっぷりと愚痴りたいと思います。

【スノーピーク】囲炉裏テーブルはジカロテーブルを買うべきなのでは?という話
囲炉裏テーブルはキャンパーズコレクションのファイアープレイステーブルを買った後にスノーピークのジカロテーブルが欲しくなりました。困った。

 

 

 

【方向転換】火起し器は使わなくなった

キャプテンスタッグ 炭焼き名人FD火起し器 M-6638
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
バーベキュー用火起こし器

キャプテンスタッグ 炭焼き名人FD火起し器 M-6638はメルカリで売りました。

 

息子と二人のデュオキャンプではBBQが即スタートできないと困るんです。

夕食準備(炭火おこし+α)に時間がかかると「お腹すいた攻撃」が始まります。

 

我慢できず先にラーメンを食べる → せっかく肉を焼いても息子は既に満腹・・・

という最悪のパターンが何度か発生。

「炭火疲れ」がキャンプスタイルを変化させる
「炭火疲れ」がきっかけでキャンプ料理と焚き火に興味が湧きました。

 

なので炭はガスバーナーで最速着火することにしました

 

 

 

「初心者が買ってはいけないアイテム」とか無い

  1. すっごく欲しかったから買った。メンテナンスが大変で買ったことを後悔した。
  2. すっごく欲しかったから買った。メンテナンスは大変だけど大満足。

どっちに転ぶかは、その人次第ですよね。

「初心者」かどうかは殆ど関係ないと思います。

 

  1. すっごく欲しかったから買った。かさばらないし設営が楽で大満足。
  2. すっごく欲しかったから買った。設営は簡単だけど何か物足りない。

これも、どっちに転ぶかは、その人次第ですよね。

「初心者」かどうかは殆ど関係ないと思います。

 

かつて僕も初心者でした。

「初心者=理解が浅く辛抱できない人」というステレオタイプな決めつけ

には、初心者を代表して大いに文句を言いたい。

 

 

僕も「できるだけ出費を抑えて無駄なく買い物したい」と考えたりします。

「しまったなー、これ買うんじゃなかったなー」

と後悔したり、

「これ、もう次のキャンプに持って行くのやめようかな~」

と飽きたり、そういうアイテムって沢山あります。

 

でも、そもそも、野外で寝泊まりする時点で無意味だし無駄です。

それを好んでやろうと言うんですから、無駄な行為に時間とお金を投資してるってことです。

 

キャンプとキャンプ道具選びは無駄だらけで何の制約も無い「ただの遊び」であり、それ以上でもそれ以下でもないですね。

唯一の正解なんてない。仕事じゃないんですから。

ぜんぶ正解。趣味・遊びの世界なんですから。

 

 

「最初に買うべきマストバイアイテム」みたいな記事や書籍も楽しめるなら読めば良いし、読んで窮屈に感じるなら無視したら良いです。

 

欲しいなら買う。

やりたいならやる。

行きたいなら行く。

お金と時間が許す限り。

そのボーダーラインの引き方は人によって千差万別。

 

 

以上、初心者の僕が最初に購入した15のキャンプ道具でした。

コメント