初心者の僕が最初に購入した15のキャンプ道具~スノーピークのアメニティドームM以外は節約~

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

僕が最初に購入したキャンプ道具を整理して紹介したいと思います。

購入はゴールデンウィークを間近に控えた2016年4月末でした。この道具を携えて2016年5月にマキノ高原でキャンプデビューしました。

検討期間は1か月

キャンプを始めることを決心したのが2016年4月上旬。2016年5月のゴールデンウィークにマキノ高原を予約し、1か月後のキャンプデビューが決まりました。

3週間ほどネットや本を見てあれこれリサーチし、2016年4月末に最初のキャンプ道具を一気に購入。実店舗には行かず、全てAmazonと楽天で購入しました。

主役はスノーピークのアメニティドームM

やっぱりテントは悩みました。

いわゆるドーム論争(コールマンのタフワイドドームか?スノーピークのアメニティドームか?)に自分なりの回答を出して僕が選んだのはスノーピークのアメニティドームM。

選んだ理由は「格好いいから」。今でも良い選択をしたと思ってます。

オーナーの僕がスノーピークのアメニティドームMの不満点を5つ書きます。購入を検討している方はきっと参考になると思います。

テントを奮発したのでタープは諦め、アメニティドームの前室をリビングにする作戦です。

前室のキャノピーを跳ね上げてポールで支えればその下にちょっとしたリビング空間ができるはず。そこに置いてもかさばらないように、椅子とテーブルは低めに統一したいなと思ってました。

最初に購入した15アイテム

悩みに悩んで購入した最初のキャンプ道具がこちら。

カテゴリ メーカー アイテム
テント・タープ スノーピーク アメニティドームM(SDE-001R)

テント・タープ ロゴス ぴったりグランドシート270

テント・タープ ドッペルギャンガー タープポール2本セット(XP-01)

寝具 コールマン パフォーマーII/C5(ネイビー/バーミリオン)2点セット

寝具 クイックキャンプ インフレータブルキャンピングマット 5cm 2枚セット

照明 ジェントス LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル(EX-777XP)

照明 ジェントス ヘッドライト ヘッドウォーズ(HW-999H)

椅子・テーブル ノースイーグル ローコンパクトスリムチェアDX(NE133)

椅子・テーブル FIELDOOR ポータブル アウトドアチェア ボルドー

椅子・テーブル キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル(FPT-100 SL)

火器 イワタニ カセットガス ジュニアバーナー

火器 キャプテンスタッグ 炭焼き名人FD火起し器(M-6638)

火器 ユニフレーム ファイアグリル(オリジナルケース付き)

調理具・食器 スノーピーク トレック900(SCS-008)

収納 キャプテンスタッグ クーラーボックス 14 ブルー(M-8175)

  • 赤色アンダーライン=売却。
  • 黄色アンダーライン=スペックに不満あり

無事にキャンプデビュー

2016年5月、この道具で、息子と二人でマキノ高原の高原サイト(フリーサイト)でテント泊しました。

記念すべき初張りの写真です(↑シワシワですね・・・)。

自分で道具を揃え、自分の車でキャンプ場に行き、自分でテントを設営して、自分で炭火を起こし、自分で肉を焼き、息子と二人でテントで寝て、無事に翌朝を迎えることができました。

自信がつきました。「よし、次はどこに行こうかな」とハマっていきました。

息子もすごく喜んでくれました。嬉しくて良い思い出になりました。

【反省】寝袋、チェア、クーラーBOXはスペック不足

最初に購入した15アイテムの中でスペック不足を感じたのは

  • 寝袋:【コールマン】パフォーマーII/C5(ネイビー/バーミリオン)
  • チェア:【FIELDOOR】ポータブル アウトドアチェア
  • クーラーBOX:【キャプテンスタッグ】クーラーボックス 14(M-8175)

の3つ。

この3つに関しては、もう少し性能重視で選んでも良かったなと思います。高スペックのアイテムを追加購入して、最初に購入したアイテムは使わなくなり2軍落ち。

学びは【多少オーバースペックと感じても最初から良い品を購入すべき】ということ。ビビらずに良品を狙うべきでした。

ま、後から思うことであって、買って届いた時は「これ良いやん!」と思ってたんですけどね笑。使ってみないとわからないことです。

【悩み】囲炉裏テーブルは微妙

今回の初購入アイテムの中でちょっと異質なのが「キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル FPT-100(SL)」です。いわゆる囲炉裏テーブルですね。

最初に買ったテーブルはこれだけ。調理にも食事にも囲炉裏テーブルを使う作戦でした。

結果、想定外の用途ですごく活躍してます。期待してたのと違う方向で。この点については別記事でたっぷりと愚痴りたいと思います。

囲炉裏テーブルはキャンパーズコレクションのファイアープレイステーブルを買った後にスノーピークのジカロテーブルが欲しくなりました。困った。

【方向転換】火起し器は使わなくなった

キャプテンスタッグ 炭焼き名人FD火起し器 M-6638はメルカリで売っちゃいました。

息子と二人のデュオキャンプではBBQが即スタートできないと困るんです。

夕食準備(炭火おこし+α)に時間がかかると「お腹すいた攻撃」が始まります。収まりがつかず先にラーメンを食べてしまう → せっかく肉を焼いても息子は既に満腹・・・という最悪のパターンが何度か発生。

「炭火疲れ」がきっかけでキャンプ料理と焚き火に興味が湧きました。「炭火疲れ」でキャンプの楽しみが増えました。

なので炭はガスバーナーで最速着火することにしました

「初心者が買ってはいけないアイテム」とか無い

「買わない方が良い」って決まってるアイテムなんて無いです。

一度もキャンプしたことが無い初心者が最初からノルディスクのアスガルドを買ったって何の問題もありません。

唯一の正解なんてない。ぜんぶ正解。趣味・遊びの世界なんですから。

僕も「できるだけ出費を抑えて無駄なく買い物したい」と考えたりします。

「しまったなー、これ買うんじゃなかったなー」と後悔したり、「これ次のキャンプに持って行くの嫌だな」と飽きたり、そういうアイテムって沢山あります。「このお金で別のこっちのアイテムを買っておけば良かったかもな~」と再考察したり。

でも、そもそも、野外で寝泊まりする時点で無意味だし無駄です。それを好んでやろうと言うんですから、無駄な行為に時間とお金を投資してるってことです。

キャンプとキャンプ道具選びは無駄だらけで何の制約も無い「ただの野遊び」であり、それ以上でもそれ以下でもないですね。

「最初に買うべきマストバイアイテム」みたいな記事や書籍も楽しめるなら読めば良いし、読んで窮屈に感じるなら無視したら良いです。

欲しいなら買う。やりたいならやる。行きたいなら行く。お金と時間が許す限り。そのボーダーラインの引き方は人によって千差万別。

以上、初心者の僕が最初に購入した15のキャンプ道具でした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告