快晴の3人キャンプ~久しぶりに娘も参加!~

この記事は約6分で読めます。
当サイトの記事には広告・プロモーションが含まれています

どうも、キャップです。

シルバーウィーク後半、久しぶりに息子と娘と3人でキャンプしてきました。

娘にとっては2ヶ月ぶりのお泊まりキャンプです。

 

 

 

初めてのキャンプ場

今年できたばかりのどんがはたキャンプ場にやってきました。

初めて訪れるキャンプ場はワクワクしますね。

かわいい息子・娘と一緒のキャンプなら尚更です。楽しい2日間の始まりです。

 

 

台風のち晴れ。2日とも好天に恵まれました。

バッタがたくさんいたので娘は大喜びで捕まえてました。

※娘は捕まえたバッタを人に自慢していたらしく、後日それが発覚します。

 

 

 

インナーテントを忘れる

道中から「もしかして・・・」と思ってたのですが。

リビロンのインナーテントを忘れてきました。

地べたにユタカシートとグランドシートを敷いて、インフレータブルマットを置いて寝床にしました。

 

 

 

ぽてぽてパークを探して散歩

息子は林間学校で「るり渓少年自然の家」に来たらしく。

京都府立るり渓少年自然の家・グリーンパルるり渓
少年自然の家は、自然体験や集団宿泊体験などの宿泊研修をとおして青少年の健全育成を図ることを目的とした施設です。

 

その林間学校で行った「ぽてぽてパーク」を探しつつ散歩。

 

 

ここでカレーを作って食べたらしい。

結局、ぽてぽてパークには辿り着けず。

 

 

 

ポテポテ焼き

キャンプ場に戻っておやつの準備。

息子と娘がジャガイモを切り、それを僕がホットサンドメーカーで焼きました。

 

 

ただ焼いただけのジャガイモにマヨネーズを付け、美味しそうに食べてます。

「めっちゃ美味い」そうです。

この料理を「ポテポテ焼き」と命名します。

 

 

 

夕飯はもやし豚と焼き鳥丼

さて、陽も傾き夕食の時間。

ヤエンクッカー1500の出番です。

 

 

鍋でもやし豚を作ります。

モヤシの上に豚バラ肉を敷き詰め、フタをして火にかけるだけ。

 

 

大喜びの2人。

もやし豚、ポン酢で食べるとご機嫌な美味しさです。

 

 

一瞬でなくなりました。

 

 

続いてフライパンで料理。

ヤエンクッカーは鍋とフライパンで2種類の料理ができて便利です。

3人なら1500がちょうど良いサイズですね。買って良かった。

スノーピーク(snow peak) ヤエン クッカー1500 SCS-201
スノーピーク(snow peak)
¥11,220(2023/10/02 13:43時点)
鍋・フライパン・フタ・ハンドル・緩衝材・収納ケース

 

 

コストコの焼鳥肉を串から抜いて塩コショウで炒め、やきとりのタレを絡めながら焼きます。

 

 

ご飯に載せれば焼鳥丼の完成。僕の大好物。

だがしかし、子供達には「もやし豚の方が美味しい」と不評でした。

 

 

2合炊いたお米は半分余っちゃいました。

どーすんだこれ・・・と悩んだ末、塩オニギリにしました。

 

 

 

夜は焚き火と探検

暗くなってきました。

 

 

焚き火の準備。

 

 

娘は久しぶりの焚き火ですね。

息子はポケモンGOをしながら火にあたっております。

 

 

夜の鹿

その後、夜のキャンプ場を探検。

草原の中で鹿の目が光ってるのが見えました(上の写真はイメージです)。

スチールの森で夜中に鹿を追いかけてた娘ですが、今回は何故かえらく怖がってました。

 

 

 

朝食と撤収

翌朝はお決まりのホットサンド。

息子は塩オニギリ(昨日の残り)も食べたので「めっちゃ満腹になった」らしいです。

 

 

どんがはたキャンプ場

翌朝の空気を満喫しながら、9時ごろまでのんびり過ごし、さあ、暑くならないうちにがんばって撤収。

けっこう頑張ったはずですが・・・チェックアウト時間になって周りを見渡すと、我が家の他には2組しか残ってませんでした。

相変わらず撤収スピードが遅いです。

 

 

 

カフェでランチ

人気のカフェ「香らん珈ろん」に。

 

 

前日の散歩の帰りに予約しておきました。

 

 

僕は日替わりランチ。

チキンカツが柔らかくて美味しかったです。

 

 

息子はオムライス。

美味でした(少しもらった)。

 

 

娘はミートスパゲティー。これも美味でした(少しもらった)。

 

3人それぞれ単独でメニューを選んだのは初めてかも。

それぞれ1人前を食べれるようになったとは成長したもんだ。

 

 

食後のデザートとドリンクにご機嫌。

息子よ、そのクリームソーダ、単品で頼むから600円もしたぞ。

 

 

 

るり渓温泉でまったり

ランチの後は、るり渓温泉へ。

ランチも外食だったので贅沢なプランです。

まあでも、娘がキャンプに来れる時くらい良いかな、と。

 

ランタンテラス(漫画の読めるリラックスルーム)では延々とYouTubeを見てました。

 

 

 

後日談

Instagramを見てたら、なんか見覚えのある服装が・・・。

 

どんがはたキャンプ場のアカウントに娘の写真が投稿されてました(顔はカットしてくれてます)。

娘に聞いてみると「バッタを見せたら写真撮っていい?って聞かれたから、いいよって言った!」とのこと。

知らない間にキャンプ場のスタッフと親交を深めてたようです。

 

 

以上、どんがはたキャンプ場のInstagramに娘(バッタ)が投稿されていた話でした!

 

コメント