ソト(SOTO)ST-310専用アシストセット(ST-3104CS)は必ず買うべきオプションです

この記事をシェアする

こんばんは、キャップです。

専用アシストセット ST-3104CSをレビューします。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ専用アシストセット ST-3104CSを購入

「ママ~!裸じゃ嫌~!!」というCMがあったような無かったような。

ソト(SOTO)ST-310は脚が裸だと火傷するので、専用アシストセットST-3104CSを購入しました。

本当は点火アシストレバーとシリコンチューブだけで良かったんですけど、シリコンチューブって単体では販売してないんですよね。

内径3mmのシリコンチューブならどんなものでも代替品として使えそうですが、あんまり貧乏くさい仕上がりになっても嫌だなーと思い、何となくケースも欲しかったので、SOTO純正セットを購入。

専用アシストセットST-3104CSの装着はとっても簡単

点火アシストレバーの装着

点火アシストレバーのディテールはこんな感じです。

構造としてはシンプルですね。自作しろと言われたら到底ムリですが。

本体スイッチの周囲に被せてネジで固定するだけ。ドライバー1本あれば簡単に装着できます。めっちゃ操作しやすくなりました。

シリコンチューブの装着

シリコンチューブも装着。管の中に洗剤を1滴垂らしてから脚を通します。こちらも手こずることなくすんなり装着。

シリコンチューブにはよく見るとSOTOのロゴが刻まれてます。

専用アシストセットST-3104CSの装着が完了

すんなりと装着完了。

点火アシストレバーとシリコンチューブの装着にかかった時間は約5分。

すごく手軽にバージョンアップできて、かつ見た目も使い勝手もアップ。

満足です。

専用アシストセットST-3104CSには専用収納ポーチも付いている

このケースは「アシストポーチ」という名前です。

折り畳んだレギュレーターストーブがちょうどスッポリ収まる大きさです。

アシスト~という名前ですが、点火アシストレバーやシリコンチューブみたいに機能をアシストする訳じゃありません、当然ながら。

強いて言うなら内側にポケットが付いているので、備品の携帯をアシストします。

点火アシストレバーとシリコンチューブを装着したままの本体が綺麗に収まりました。

ジッパーも無理なくスムーズに閉まります。さすが純正。

それほど高価でもありませんし、ソト(SOTO)ST-310を持ってるなら、専用アシストセットST-3104CSは追加購入しても後悔しないと思います。オススメですね。

以上、ソト(SOTO)ST-310に専用アシストセットST-3104CSを装着してみた話でした。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告