僕のキャンプ用コーヒー道具を紹介します!~ミルとドリッパーはすっごく悩みました~

スポンサーリンク

コーヒー道具一式

どうも、キャップです。

キャンプ用のコーヒー道具って、あーでもない、こーでもない、と悩み続けますよね。

焚き火系ギアと同じく嗜好品なので正解はありません。好みの問題です。悩み始めるとキリがありません。

今回は僕が悩みながら揃えたコーヒー道具を紹介したいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

僕のキャンプ用コーヒー道具

asobito(アソビト) ツールボックス XSサイズ

これが僕のキャンプ用コーヒー道具一式です。

「少なっ!」と思いますよね。

もっとデザイン重視のこだわりギアで揃えてみたい、そんな願望は勿論あります。

だがしかし僕は「かさばる道具は持って行かなくなる」という傾向があり、何度も痛い目に遭っておりまして・・・。

心を鬼にして「コンパクト」「シンプル」を条件とし、厳選した結果こうなりました(また気持ちが変わるかも知れませんが)。

厳選したもの

  • コーヒーミル:HARIO(ハリオ)
  • コーヒードリッパー:RIVERS(リバーズ)
  • コーヒービーンズキャニスター:nalgene(ナルゲン)
  • コーヒーフィルターケース:innovator(イノベーター)

諦めたもの

  • ドリップケトル
  • コーヒーサーバー

 

 

 

HARIO(ハリオ) のスマートG

自宅用

自宅ではこれを使ってます。

 

カズマックスさんがYouTubeでおすすめしてるのを見て欲しくなりました。

ボディが透明で挽いた豆の量が目視できるのと、細かく分解できて洗浄しやすいのが良いところ。

自宅で2年ほど使ってますが特に不満はありません。

 

キャンプ用

キャンプ用コーヒーミルはこれが欲しかったんです、ずっと。

ちょっと重そうだけどマットなステンレスの質感が素敵。レビューも良いし、使ってるキャンパーも多い。

ただ、たまにしか使わないキャンプ用に自宅用より高価なものを買うなんて・・・と。

あと、自宅でコーヒー豆を挽いてると「手挽きは面倒だな・・・」と思うことが多くなり、電動ミルを模索しておりました。

 

 

HARIO (ハリオ) スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー
HARIO(ハリオ)
¥14,080(2021/10/07 23:24時点)
パターン(種類):MSG-2-TB+モバイルミル スティック

そんな時に見つけたのがこれ。

HARIO(ハリオ) のコーヒーミルと電動グラインダーのセットです。

その時の僕にとって理想的に思えました。

 

カズマックスさんもレビューしてました。

 

 

HARIO (ハリオ) スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー

色々と思案した結果、電動ハンディーコーヒーグラインダーは自宅用にしました。

キャンプには持って行かず、自宅のコーヒーミル(HARIO MSS-1TB)を電動化してます。

こちらは大成功。自宅で豆を挽くのがすごく楽になりました。

メーカーが推奨する使い方ではありません。真似する場合は自己責任でお願いします(たぶん誰も真似しないと思いますが)

 

 

HARIO(ハリオ) コーヒーミル・スマートG 透明ブラック MSG-2-TB

で、電動ミルとセットになっていた「スマートG」をキャンプ用にしました。

余剰品で妥協した訳ではなく「スマートG」を選んだのにはちゃんと理由があります。

 

 

HARIO(ハリオ) コーヒーミル・スマートG 透明ブラック MSG-2-TB

  • 軽量コンパクト
  • ハンドルを留めるバンドが付いている
  • ハンドルが長過ぎない(ポーレックスはハンドルが16cmあります)
  • ボディが透明で挽いた豆の量が目視できる

といったあたり。キャンプ用に丁度良いです、ほんと。

 

樹脂製ですが質感も悪くありません。単体でも販売されているコーヒーミルなので「電動キットのオマケ」レベルではないです。

あまり「儀式感」なく、気負わず気軽に使えるのが良いです。

 

 

 

RIVERS(リバーズ) のコーヒーポアオーバーセット

自宅用

自宅用はHARIO (ハリオ) V60ドリッパーです。

コスパ最高。これで十分です。何の不満もなく使ってます。

 

 

キャンプ用

ユニフレーム UNIFLAME コーヒーバネット cute(キュート) 664025
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥2,000(2021/10/07 23:24時点)
2人用のコーヒーバネットとフィルターのセット

キャンプ用コーヒードリッパーと言えばユニフレームのコーヒーバネット。そんな印象すらある銘品です。

人気もあるし、悪い品でないことは確か。でも何か決定打に欠く感じがして(あくまで僕の個人的な印象です)、なかなか踏み切れずにいました。

 

 

そんな僕が即決したのがRIVERS(リバーズ) のコーヒーポアオーバーセット。

「便利」と「格好イイ」のバランスに魅かれました。

 

 

RIVERS(リバーズ) コーヒーポアオーバーセット

これ良いです。

「ケイブ リバーシブル」と「ポンド F」がセットになった商品です。

コーヒードリッパーの「ケイブ リバーシブル」はシリコン製です。丸めて収納できるし、衝撃で壊れる心配がありません。

ドリッパーホルダーの「ポンド F」も半分に折りたためるのでコンパクトに収納できます。

 

1つのドリッパーに2つのリブパターン。超マニアックなケイブリバーシブル登場。 – RIVERS
2017年SCAJ(日本最大のスペシャルティコーヒーイベント)において参考出品した際には、 多くのCoffee Peopleの関心を集めた、画期的なコーヒードリッパー「ケイブ リバーシブル」。 どこかの大手企業の役員様がいらっしゃって特許の

ちなみにRIVERS(リバーズ) の「ケイブ リバーシブル」は単にコンパクトなだけじゃありません。想いの詰まったオフィシャルブログを読むと「へー!」と驚かされます。

 

 

 

NALGENE(ナルゲン) のコーヒービーンズキャニスター 150g

自宅用

自宅ではこれを使ってます。

ミルとドリッパーをHARIO (ハリオ)にしたのでHARIO (ハリオ)で揃えました。

冷蔵庫で保管しています。

 

 

キャンプ用

(ナルゲン) NALGENE Coffee Beans Canister 150g
NALGENE(ナルゲン)
コーヒー豆用キャニスターとして登場したボトル!ナルゲン広口0.5Lボトルにペーパードリップのマークが入った限定モデルです。約150gのコーヒー豆を保存できます。豆の分量がはかるようにボトルにはグラム表記の目盛りも入っています。キャップにはパッキンが付いていませんが、もとも研究用の容器として使われていた実績のあるナルゲンボトルは独自の密着リング成形になっているので高い密閉性があり、パッキンの交換が不要なのも人気の秘訣。自然の中で自分で挽いたコーヒーを楽しむためのよきお供となってくれるでしょう。

ナルゲンのボトル、いつか手に入れたいと思ってました。

「やっとその時が来た!」とばかりにナルゲンを選びました。

容量200gのサイズもありますが僕は150gを選びました。

 

 

ナルゲン コーヒービーンズキャニスター 150g

約150gのコーヒー豆が保存できます。

コーヒー1杯で豆10gと言われているので、理論上は15杯分のコーヒー豆をキャンプに持参できます。

ボディカラーはグレーもあります。僕は豆の色がちゃんと確認できる方が良いのでクリアを選びました。

 

 

 

innovator(イノベーター) の携帯用コーヒーフィルターケース

自宅用

コーヒーフィルター

自宅ではコーヒーフィルターを商品パッケージに入れたまま保管してます。

何の工夫もありません。

 

 

キャンプ用

コーヒー道具一式

商品パッケージのままだと何とも味気ないので、携帯用ケースが欲しくなりました。

 

ところがAmazonで探してもこういうタイプ↑の商品しか見つからず苦労しました。

 

 

innovator(イノベーター) 携帯用 コーヒーフィルターケース

探し続けて辿り着いたアイテムがこれ。

innovator(イノベーター) の携帯用コーヒーフィルターケースです。

 

 

innovator(イノベーター) 携帯用 コーヒーフィルターケース

素材感と色が良いです。

 

 

innovator(イノベーター) 携帯用 コーヒーフィルターケース

こういう携帯用ケースを探してたので、見つけた時は嬉しかったです。

 

 

コーヒー道具一式

うん、この方が良い雰囲気。

 

 

コーヒーフィルター ハリオ V60 ペーパーフィルター用 円錐型ケース キャンプ アウトドア ソロドリップ 【Space fire】 (モカ)
Space fire
¥1,480(2021/10/07 23:24時点)
✅1【商品説明】 キャンプなどのアウトドアでコーヒーを楽しむすべての人に贈りたい。 ペーパーフィルター、携帯用ドリッパーの専用ケースです。 ・HARIO V60用 1~4杯用 ・Kalita 2~4人用 ・Tetra Drip 02S ・折り畳み式フィルターホルダー など、1人~4人向けフィルターやソロキャンプ用ドリッパーに合うサイズです。 野外コーヒー向けなので、薄くて軽くて、かさばりません。 また、防水仕様、止水加工のジッパーなので、アウトドアに最適です。

いま買うなら、この↑ケースが良いかも。僕が探してた頃には無かった商品です。

 

 

 

諦めたもの1:ドリップケトル

自宅用

HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル 800ml

自宅ではHARIO(ハリオ) のV60を使っています。容量は800mlを選びました。

何の不満もなく使い続けております。

 

 

HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル 800ml

「ドリップケトル」と言うからには、やはりこの注ぎ口がポイント。

最初の頃はこのドリップケトルをキャンプに持って行ってました。

でも、この形状なので収納にすごく苦労するんですよね。

悩んだ末、コーヒーを飲む為だけにドリップケトルを持参するのは諦めました。

 

 

代用品の紹介

ユニフレームのキャンプケトルを購入!~直火OKな総ステンレス製、軽くて丈夫で1,600mlの大容量!~
【開封写真あり】ケトル選びに悩んだ末、ユニフレームのキャンプケトルを選んだ理由と開封レビュー。

代用品と言えるか微妙ですが、ユニフレームのキャンプケトルで沸かしたお湯をそのままドリッパーに注いでいます。

糸のようにお湯を垂らすのは無理ですが、それなりの細さで注げるようになってきました。

 

 

 

諦めたもの2:コーヒーサーバー

コーヒーサーバー

コーヒーサーバーにコーヒーが溜まっていくのを見るのは大好きです。

 

自宅用

自宅ではハリオのコーヒサーバーを使っています。ガラス製。

 

 

コーヒー道具一式

夏はそのまま冷蔵庫に入れて冷やすことができます。簡単にアイスコーヒーが作れて便利。

冬はフタをしたまま電子レンジで温めることができて便利です。

 

でもガラス製のコーヒーサーバーは割れる心配があります。

そして形状。

「丸い+ハンドルや注ぎ口が付いている」は収納スペース泥棒です。ドリップケトルと同じ課題。

悩んだ末、コーヒーを飲む為だけにコーヒーサーバーを持参するのも諦めました。

 

 

代用品の紹介

これも代用品と言って良いか微妙ですが、僕はスノピークのチタンシングルマグ300にドリップしてます。

 

 

RIVERS(リバーズ) コーヒーポアオーバーセット

1人分のコーヒーが約120ccなので妻と2人分で約250cc。

目分量でチタンシングルマグ300に8分目ほどまでコーヒーが入ったらドリップ完了。

2等分して妻と分けて飲んでいます。

 

 

 

以上、僕のキャンプ用コーヒー道具一式の紹介でした!

 

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました