【スノーピーク】FD LOWチェアを購入!~ロースタイル快適基準寸法で安定感バツグン~

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

エントリーIGTと一緒にFD LOWチェアを購入したので開封レビューします。

FDはFoldingの略だった

ずっと「FDって何の意味なのかなー」と思ってたんですよね。

パッケージを見たら英語名が書いてありました。Foldingの略だったんですね。

略さない名称は「フォールディングローチェア」ということで納得。

「フォールディング」は「折りたたみ式の」という意味です。収納時などに折りたたむことのできる椅子をフォールディングチェア(folding chair)と呼びます。

X形の脚を閉じてたたむタイプはフォールディングチェアの王道。

FD LOWチェアはロースタイル快適基準寸法

座面高は310mm。

地上高400mmのエントリーIGTとの相性は抜群です。

スノーピークが提唱するロースタイル快適基準寸法で設計されています。

ミドルスタイルは660mm。ロースタイルは400mm。グラウンドスタイルは300mm。これがスノーピークの快適基準寸法。設定したのは30年前。

座面の横幅は約50cm。

身長182cm体重85kgの僕が座っても余裕がある横幅です。

このロゴの大きさと位置、良いですね。見る度に感心します。バランスが気持ち良い。

FD LOWチェアの折りたたみ方法

まずパタンと背もたれを手前に倒します。

背もたれにロック機構は無いので、軽い力ですぐにパタンと倒れます。

X脚を閉じます。

連動してアームレストのロックが緩みます。

アームレストを下方に倒します。

背もたれの背面が外側にきます。

背もたれに付いていた黒いループが持ち運び用のストラップになります。

バンドのホックをパチンと留めれば折りたたみ完了。

とっても簡単です。

<この記事で紹介したアイテム>

以上、スノーピークのFD LOWチェア開封レポでした!

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告