SOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチは一卵性双生児

SOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチ

どうも、キャップです。

この写真はSOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチです。どちらがトーチでどちらがマッチだかわかりますか?

今回はこの紛らわしくて優秀な2つのアイテムの特徴と役割について。

 

 

SOTO(ソト)スライドガストーチとは?

出典:SOTO

SOTO(ソト)のスライドガストーチはバーナー、いわゆるターボライターです。

一般的な使い捨てのターボライターと違うのは燃料充てん式という点と、火口が伸びる点。

火口が伸びるのは素晴らしい長所。炎と距離をあけて安全に点火することができます。

バーナーなので耐風性が強く野外での使い勝手は抜群。タフギア的なルックスでキャンパーに人気のアイテムです。

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]
SOTO(ソト)
¥2,200(2019/10/15 23:59時点)
[本体サイズ]幅3.5×奥行1.8×高さ11-18.5cm 重量55g

 

SOTO純正カラーはブラック×オリーブなんですが、Amazon限定カラーのブラックが人気。

Amazon限定カラーの方が値段も安いし見た目もカッコいいです。

【2018/11/15追記】

SOTO純正のスライドガストーチ専用レザーケースが発売されます。2018秋冬限定モデルです。

==2018年限定==本革製のSOTO(ソト)スライドガストーチ収納ケースを購入しました
スライドガストーチ用とポケトーチ用のレザーケースが発売されます。どちらもネイビー、ブラウン、グリーンの3色展開です。

 

 

 

SOTO(ソト)スライドガスマッチとは?

出典:SOTO

SOTO(ソト)のスライドガスマッチは火口が伸びる充てん式のライターです。

スライドガストーチと比べると炎の勢いが弱いです。バーナー(ターボライター)じゃなくライターなので。名前は何故か「マッチ」ですが。

もう一度言いますが(くどい)これはライターです。

スライドガストーチと激似なので見分けが困難。Amazonでも「間違って購入した」というクチコミが散見されます。

「なんだ、ただのライターか」と侮るなかれ。これはこれでちゃんと使い道があります。僕はスライドガストーチよりも、このスライドガスマッチをよく使います。

SOTO純正カラーはオリーブ×ブラックなんですが、このスライドガスマッチにもAmazon限定カラーがありまして、色はブラック×ホワイトです。

お気付きの通り、Amazon限定カラーのスライドガストーチとスライドガスマッチもかなり似ております。

 

 

 

スライドガストーチとスライドガスマッチって何が違うの?

SOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチ

写真再掲。左がスライドガスマッチです。右がスライドガストーチです。

形も色もすごく似てますが、

  • スライドガストーチ = バーナー(ターボライター)
  • スライドガスマッチ = ライター

です。

 

トーチの役割は「焼く・焦がす」こと。

スライドガストーチは湿った花火に火を付けたり、焚き火の火種に着火したり、ガイロープの先を溶かして固めたりする時に使います。

一瞬で終わらず、一定時間、強い炎を出し続ける必要がある場面で活躍します。

ろうそく作りでパラフィンを溶かすなら、マッチよりトーチが適してますね。

 

マッチの役割は「点火・着火」すること。

スライドガスマッチはストーブの芯に着火したり、イグナイタ不良のランタンやバーナーに点火したり、マントルを空焼きしたりする時に使います。

炎が灯るだけで良い場面、カチッと火花が飛ぶだけで良い場面で活躍します。

イチオシはスノーピークのノクターンの点火。柔らかで暖かい炎を灯すのにスライドガスマッチは最適だと思います。

 

 

 

スライドガストーチとスライドガスマッチの長所

火口が伸びる

SOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチ

どちらのアイテムも火口が伸びるので火元・熱源から少し離れて作業できます

炎の出る先っちょがちょっと伸びるだけですが作業の安心感がぜんぜん違いますね。

フジカ・ハイペットなどの石油ストーブって芯が奥にあるので普通のライターやマッチだと手を火傷しそうで怖いです。そういう時に火口が伸びるスライドガスマッチが重宝します。

 

 

燃料が充てん式でカセットガス(CB缶)が使える

出典:SOTO

スライドガストーチとスライドガスマッチの燃料はカセットガスとライターガス。

カセットガスとライターガスは成分が微妙に違うんですが、両方とも燃料に使えます。ライターにライターガスを充てんするのと同じ要領でカセットガスが使えます。

 

 

SOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチ

カセットガスを逆さにしてガス注入口に差し込めば燃料を充てんできます。これは嬉しい。使い捨てライターやチャッカマンには無い長所です。

カセットコンロやツーバーナーやランタンで使ったCB缶のガスが余ったら、スライドガストーチ、スライドガスマッチにチャージ!

残った燃料が活用できるなんて素晴らしい。エコだし得した気分になります。限りある資源は無駄なく使い切った方が良いですよね。

それでも残ってしまった燃料はきちんと処理・処分しましょう。

 

 

 

短所:一卵性双生児なので見分けがつかない

スライドガストーチとスライドガスマッチは外装部分のパーツがほぼ共通です。もしかしたら完全に同じかも。

まさに一卵性双生児。もちろん見た目はソックリだし、握った時の手触り・感触も同じ。

見分け辛いので2つ一緒に収納してると使う時に迷います。

 

 

SOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチ

もちろん見分ける方法はあります。

火口が飛び出してる方がスライドガストーチです。これが見分け方。

スライドガストーチは火口が大きいので本体に収納しきれません。火口の飛び出したこの状態がスライドガストーチの最小形態です。

火口の小さいスライドガスマッチは本体に完全に収納できます。

【2018/11/15追記】

新発売の専用レザーケースをスライドガストーチにだけ装着すれば双子問題を解決できます。

==2018年限定==本革製のSOTO(ソト)スライドガストーチ収納ケースを購入しました
スライドガストーチ用とポケトーチ用のレザーケースが発売されます。どちらもネイビー、ブラウン、グリーンの3色展開です。

 

 

 

余談:カセットボンベの処理方法

カセットボンベって、最後まで使い切れず微妙にガスが残ってしまうことありませんか?

ちょっとだけガスが残ったカセットボンベほと厄介なものはありません。暴発すると怖いので放置できないし、アルミ缶みたいに簡単に踏んで潰すこともできず、持ち帰るにもかさばります。

 

 

ガスの残ったカセットボンベはプシュッと穴を空けてから捨てるようにしています。このダイソーの「スプレー缶 穴あけパンチ」で。

スプレー缶処理、問い合わせ相次ぐ 市町村で対応に違い|政治|地域のニュース|京都新聞
スプレー缶のガスが原因とみられる札幌市での爆発事故を受け、京都府宇治市など山城地域の自治体に、ごみ出しや処理方法について住民から問い合わせが相次いでいる。スプレー缶の穴開けや使い切りは、自治体で対応が異なる。「使い切り」をルールとする宇治市で、中身が残ったスプレー缶などがごみ収集車に混入した火災事故もたびたび起きており...

スプレー缶のゴミ分別方法は地域によって異なるので、一般ゴミを引き受けてくれるキャンプ場でもスプレー缶は持ち帰りの場合があります。

そのキャンプ場のゴミ処理ルールをよく読んで、指示に従って処理しましょう。

 

 

 

まとめ

SOTO(ソト)のスライドガストーチはバーナー。スライドガスマッチはライター。

形は似てますが機能と役割が違います。

どちらもカセットガス缶から燃料を充てんできるのでキャンプの燃料をCB缶に集約している僕にとっては非常に有難い存在です。余ったガスを活用できるし、繰り返し使えますしね。

ただ、Amazon限定モデルが安いと言ってもスライドガストーチが1,980円、スライドガスマッチが1,480円(税込、2018/11/15現在)。

年間100回も使わないでしょうし、使い捨てライターやチャッカマンの方が間違いなく安上がりです。コストダウンの為に買うアイテムではなく、所有欲を満たしたくて買う嗜好品ですね。

 

以上、SOTO(ソト)のスライドガストーチとスライドガスマッチは一卵性双生児、でした。

The following two tabs change content below.

コメント

タイトルとURLをコピーしました