オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートを購入!~S、M、L、Mハーフを使い分けると快適です~

4.5
この記事は約9分で読めます。

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

どうも、キャップです。

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシート、良いですよ。

サイズ違いで4枚も揃えてしまいました。

4枚も必要かって?

「必要!」とは言い切れないけど、あると間違いなく「快適」です。

最初に購入してから1年ちょっと経ちましたので、サイズ別の用途や収納方法をレビューしたいと思います!

 

 

 

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートとは?

オレゴニアンキャンパー グランドシート M ハーフ

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートは隠れた銘品です。

 

Oregonian Camper,グランドシート | Oregonian Camper by Oregonian Outfitters Official
「Oregonian Camper by Oregonian Outfitters Official」の「Oregonian Camper,グランドシート」カテゴリーの商品一覧
  • 裏面がしっかりPVCコーティングされています。
  • 厚さがあり、少し重いですが安心感があります。
  • 防水機能を確信できる手触りで質感も良いです。

と言うことで、僕はすごく気に入ってます。

 

 

オレゴニアンキャンパー ポップアップトラッシュボックス R2 マルチカモ OCB2026CM
Oregonian Camper オレゴニアン・キャンパー
¥4,400(2022/07/17 01:31時点)
商品管理番号:ogc-ocb-2026

オレゴニアンキャンパーと言えばポップアップ トラッシュボックス。

そう思っちゃう僕は既に古い人間なのかも知れません。

でも、このアイテムで一躍有名になったのは事実じゃないかと(僕の印象ですが)。

 

これ、出回り始めた頃はほんとに大人気で、ゲットできた時は小躍りしました。

オレゴニアンキャンパー(Oregonian Camper) ポップアップトラッシュボックスの入手方法と開封レポ
入手困難なポップアップトラッシュボックスを運良くゲットできました。大人気アイテムのサイズ感や折り畳み方法等をレビューします。

もう4年も前の話ですね。

 

今では「ひと工夫ある収納系アイテムを展開するブランド」として名を馳せているオレゴニアンキャンパー。

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

インスタでは発売前の開発中アイテムも紹介されます。「ベタープライス」という表現が好き。

 

防水グランドシートはそんなオレゴニアンキャンパーが発売しているアイテムです。

ただし、このアイテムは小細工なしの直球勝負。

シンプルで質実剛健。

他のアイテムのキャラが濃いので、ちょっと地味に感じます。

目立たないアイテムかも知れませんが、隠れた銘品です。

 

 

 

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートはサイズ展開が豊富

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートはサイズ展開がめっちゃ豊富です。

最近ハーフサイズが追加され、サイズ展開は

  • Sサイズ/100×70cm
  • Mサイズ/140×100cm
  • M-HALF サイズ/140×50cm
  • Lサイズ/200×140cm
  • L-HALFサイズ/200×70cm

の5種類になりました。

ちなみにサイドが立ち上がるウォールアップタイプもあります。

 

「そんなにサイズ展開いる?」

 

そう思いますよね。僕も最初はそう思いました。

 

ところがMサイズを購入したら他のサイズも欲しくなり、気が付けば4枚。

持ってないのはLハーフだけです。

 

 

最適なサイズが無くても折り畳んで使えばなんとかなります。

でも、用途に応じて最適なサイズを選べると快適です。

便利と言うより、快適。

 

では、代表的な用途と共に各サイズを紹介していきたいと思います。

 

 

 

Sサイズ(100×70cm)

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

Sサイズは焚き火グッズ置き場に最適です。

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)WP Ground sheet S COYOTE
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
¥1,870(2022/12/11 20:24時点)
100×70cm

 

「こんなに小さいサイズ、必要ないのでは?」と思ってましたが、いざ使ってみると快適

ちょっと物を置くだけの為に、大きなサイズのシートを広げるの、わずらわしいですからね。

実際、Mサイズより使用頻度が高いです(僕の場合は)。

 

 

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

上の写真、よく見るとSサイズが隠れています。

ちょうどLサイズ(200×140cm)の1/4の大きさです。

 

 

 

Mサイズ(140×100cm)

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

Mサイズはソロで利用すると便利なサイズ。

コヨーテ WPグランドシートM Coyote
[Oregonian Camper(オレゴニア) ]
¥3,080(2022/12/12 08:17時点)
140×100cm

 

リュックやクーラーBOXを置いて、その横に自分も座れるくらいのサイズ。

ソロキャンプで重宝するサイズ感じゃないかと思います。

 

 

リビングシェルS インナールーム

最初に買ったのがMサイズでした。

インナールームの前に敷いて使ってましたが、短辺が微妙に長すぎる。

いちいち折り畳んで使うほどでもないけど、「もう少し細長い方が便利なんだけどなー」と思ってました。

Mハーフサイズ(140×50cm)が発売された時は「さすがオレゴニアンキャンパー」と思いました、マジで。

 

Mハーフを手に入れてからは出番が少ないです。

予備として持参し、SサイズやLサイズだと少しスペースが足りないな・・・という時の継ぎ足し用として使ってます(ちょっともったいない使い方ですが)。

 

 

 

Mハーフ(M-HALF) サイズ(140×50cm)

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

Mハーフサイズはインナールーム前の土間エリアに最適。

 

 

オレゴニアンキャンパー グランドシート

インナールームに入りきらない荷物の退避場所としても便利。

土間エリアが広すぎるとリビングスペースが減るので、MサイズよりもMハーフサイズの方が適してます。

 

 

オレゴニアンキャンパー グランドシート M ハーフ

何と言っても細長いのがポイント。

このサイズ設計は神です。Mハーフサイズ大好き。

 

 

 

Lサイズ(200×140cm)

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

Lサイズは設営・撤収時の荷物置き場に最適。

 

Lサイズはひとつ持ってて損は無いと思います。

設営・撤収の便利グッズかつ時短ツールです。

 

 

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

設営時は、まず最初にキャンプ道具を全て降ろして、車の荷室を空っぽにしましょう。

 

 

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

降ろした荷物はLサイズの上の広げます。

こうすることで複数の人が同時に荷物にアクセスできます。これがポイント。

荷下ろし渋滞(車の荷室前で荷下ろしの順番待ちが発生する)が回避できるので、設営時間が短縮できます。

 

撤収時は片付けた荷物をまずLサイズの上に集め、最後に一気に車に積み込みます。

設営時と同じ理屈で撤収時間が短縮できます。

片付けた荷物ひとつずつ順番に考えて積み込むより、最後に一気に積み込む方が積載効率もアップしますし、スピードも速くなります。

全てのパーツを把握してからテトリスしましょう、ってことですね。

この方法の弱点は急に雨が降ってきた時です。

大急ぎでトランクかタープ下に荷物を退避!

 

 

 

収納は軍物のランドリーバッグが便利

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートが4枚。

ユタカのシルバーシート(リビロンをお座敷スタイルにする時に敷く大型)が1枚。

だんだん枚数が増えるグランドシートの収納に悩んでました。

 

  • グランドシートは濡れてることもあるし、砂・泥が付いてたりもするので、開口部の大きいトートバッグだと水や砂がこぼれ出てきそうで、少し不安。
  • 5枚まとめて入れると、そこそこの重量になるので、安物のビニール袋だと破れそうで不安。

そう考えると、なかなか「コレ!」という収納が見つかりませんでした。

 

 

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

たどりついたのが、この軍物のランドリーバッグ。

 

  • 袋状になっており、口を紐で縛っておける
  • 防水(濡れたものを入れる袋なので)
  • 軍物なので、そこそこ丈夫(なはず)

という特徴があり、このランドリーバッグのおかげで収納のストレスが無くなりました。

 

 

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

裏面がゴム引きで防水仕様になってます。

デッドストックなので完全防水かどうか怪しいですが、雑に扱う袋だし、これくらいのがちょうどいいな、と。

我ながら良い物を見つけたな、と思っております。

 

 

 

オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートにも弱点はある

濡れると乾きにくい

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート M ハーフ

濡れたまま折り畳むと、湿ったままになります。

防水なので当然と言えば当然なんですが。

強いて言うなら、これが弱点。

裏返して乾かしてから収納すれば良いだけですが、撤収時が雨の場合、湿気た状態が続きます。

 

 

Mハーフはコヨーテ色が無い

オレゴニアンキャンパー 防水グランドシート

写真の1番左がMハーフ。カラーはウルフブラウン。それ以外のサイズはコヨーテ。

 

Mハーフはカラー展開にコヨーテがありません(2022年12月現在)。

全サイズ、コヨーテで揃えたかったんですけどね。

 

でも、よくよく考えたら、全て同じ色だと見分け辛いですね。

一番よく使うMハーフだけ色が違うので見つけやすい。

これはこれで良かったかも。

 

 

 

以上、オレゴニアンキャンパーの防水グランドシートは全サイズ揃えても後悔しないと思いますよ、という話でした!

 

コメント