キャンプには3つの楽しみがある!~行く前も行った後も楽しい~

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

どうも、キャップです。

 

旅には3つの楽しみがあると言われている。
ひとつは旅をする計画や準備、
ひとつは旅そのもの、
そしてもうひとつは旅の記憶である。

これは浅田次郎という方の名言だそうです。

 

キャンプにも

  1. キャンプをする計画や準備(妄想)
  2. キャンプそのもの(体験)
  3. キャンプの記憶(想い出)

という3つの楽しみがあると思うんですよね。

 

 

 

妄想(行く前)の主役はキャンプ道具

キャンプの楽しみその1、「妄想」の主役はキャンプ道具です(僕の意見です)。

 

 

Gaobabu キャリボ風防

これ、アルコールバーナーの風防・五徳として購入しましたが一度も使ってません。

でも買って後悔はしてないし、持ってるだけで何となく嬉しいです。

Gaobabu(ガオバブ)のキャリボ風防を購入!~エスビット(Esbit)のアルコールバーナーと相性抜群~
写真タップリで紹介します。エスビット(Esbit)のアルコールバーナーがピッタリ収まります。

 

 

「次はどんなキャンプ道具を導入しようかな」と考えるだけでワクワクします。

「次のキャンプにその道具は本当に必要なのか?」という問いはヤボです。そこはさほど重要じゃありません。妄想ですから。

 

僕はどちらかと言うと「キャンプ道具は使ってナンボ」と考えるタイプですが、「必要なものしか買わない」と決めてる訳ではありません。

「こういうのあると良いよな~」という妄想(物欲)が抑えきれず、使いもしないものを買ってしまうことがあります。

でも「買うんじゃなかった・・・」と後悔することは少ないです(たまにある)。

 

「これは使わない」「もう必要ない」と思ったら売却すれば良いですしね。

転売目的で買うのは嫌いですが、使わなくなったものは捨てずに売却する方が健全だと思います。

 

決して散財を推奨している訳ではありませんが、正論・ベキ論だけでキャンプ道具を選ぶのは何かちょっと窮屈だな、と思います。仕事じゃなく趣味なんですから。

 

「期待(計画・妄想)とは違うけど、なかなか良い」というキャンプ道具もいっぱいあります。

食わず嫌いじゃ視野が広がりません。雑食の精神、けっこうオススメです。

 

計画や準備の段階を「妄想」と書きましたが、綿密にシミュレーションすることを楽しむ人もいると思います。そうなると「妄想」ではなく「設計」ですね。それもまた楽しそうです。

 

 

 

体験(本番)の主役は「夜」

キャンプの楽しみその2、「体験」の主役はキャンプ場で過ごす夜です(僕の意見です)。

 

 

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

「体験」の主役が何なのか?

ここは色んな意見があるところだと思うし、正解は無いと思いますし、あくまで僕の意見です。

 

 

リビングシェルロングPro.しまなみ

「夜になっても外に居る」というのはキャンプならではの特殊な体験だと思うんです。

夜は屋内、蛍光灯の下で過ごすのが普通なので。

 

  • 豪快な炭火料理を作る
  • ハンモックに揺られて昼寝する
  • 自然の中で何もせず過ごす

色んな楽しみ方、体験があると思いますが、「昼間に大自然の中で過ごす体験」はキャンプじゃなくても可能です(極論ですが)。

 

 

タトンカ2TC

そう考えると「夜の体験」こそキャンプの真骨頂じゃないかな、と。

 

 

焚き火とケトル

「夜なにをしたか」よりも「野外で夜を過ごした」という印象が記憶に残ります、僕の場合。

焚き火もせずに早く寝てしまったとしても、それはそれ。

 

 

 

余談:夜のキャンプ道具

スタンレー クーラーボックス 15.1L

野外で、夜、ほのかな灯で物を見つめることって、あまり無いですよね。

 

 

スノーピーク ギガパワーランタン天オート

「夜のキャンプ道具」って魅力的。

 

 

スノーピーク ギガパワーランタン天オート

鈍く光る金属の質感が良いですね。

たまりません。

 

 

 

想い出(行った後)の主役は家族

キャンプの楽しみその3、「想い出」の主役は家族です(くどいですが僕の意見です)。

 

 

朽木オートキャンプ場

後で思い返して「やっぱキャンプっていいな~」と感じるのは家族と過ごした時間です。

これは僕がファミリーキャンパーだからですね。

 

山や川のそばで日暮れまで遊び、野外で夕飯を食べ、温泉につかる。

夜空の下で焚き火をし、自然の音を聞きながらテントで寝る。

子供と一緒にこういう体験ができるのって、けっこう貴重だと思っています。

 

ファミリーキャンプはバタバタして大変なので(特に息子・娘と3人でキャンプした時は慌ただしい!)、帰宅するとグッタリなのですが、少し経つと「また早くキャンプに行きたいな~」と思います。

キャンプ写真を撮るのに一眼レフカメラは必要か?
効率を考えればキャンプ写真はスマホで十分。でもキャンプは仕事じゃなく遊びなんだから、効率なんて考えなくていいでしょ。

 

 

 

考察:キャンプと夜の関係について

フジカハイペット

あと、記事を書いてみて気付いたこと。

 

  • 夜(になっても外に居ること)はキャンプならではの特殊な体験
  • 夜のキャンプ道具って魅力的

これ、「確かにそうだな」と自分で妙に納得しています。

 

冬キャンプの記憶は、他シーズンのキャンプの記憶とはちょっと違う、異質な、特別な印象があります。あくまで僕の場合は、という話ですが。

それって、冬は夜が長いからかも、と思いました。

冬は日没時間が早く、夜(キャンプならではの特別な時間)が長くなるので、他シーズンのキャンプよりも特別な印象が強くなるんじゃないかな、と。

 

 

スノーピーク 焚火台L

そして、夜に見つめる機会が多い道具は、特別な愛着が湧くのかも知れません。

焚き火道具なんか特にそうかも。

 

 

 

 

以上、キャンプには3つの楽しみがある、という話でした!

 

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました