【スノーピーク】コネクトタープ ヘキサ グレーを購入!~リビングシェルSにとって最善のタープ~

4.0

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

どうも、キャップです。

とうとう「コネクトタープ ヘキサ グレー」をゲットしました。

廃番商品なので中古品をメルカリで購入。

「リビングシェルSにジャストサイズなタープが欲しい」という夢が叶いました!

 

 

 

コネクトタープ ヘキサ グレーは2017年雪峰祭秋の限定アイテム

2017雪峰祭秋

出典:スノーピーク

 

コネクトタープ ヘキサ グレーは2017年雪峰祭秋の限定アイテムでした。

雪峰祭 2017 -秋-
2000年から行っている雪峰祭(せっぽうさい)。スノーピークの本社があるHeadquarters(新潟)、そして箕面キャンプフィールド(大阪)、奥日田キャンプフィールド(大分)の3つのキャンプフィールドでの開催はもちろんのこと、 全国の直営店、スノーピークストアでも開催致します。

 

僕がその存在を知ったのは今年に入ってからです。

2017年秋はブログを始めたばかりで「雪峰祭ってなに?」という状態ですね。

 

2017年当時の価格は36,080円 (税込)。

この記事を書いている2020年10月現在、ヤフオクやメルカリでは35,000円~40,000円前後で取引されている感じです。

 

 

 

コネクトタープ ヘキサ グレーはリビングシェルSにも接続可能

コネクトタープ ヘキサ グレー

出典:スノーピーク

説明書にはリビングシェルとリビングシェルロングPro.に接続可能と書いてあります。

リビングシェルSの記載がありません。

 

スノーピークのオンラインチャットで質問すると「リビングシェルSにも使えます」とのこと。この当時リビングシェルSは販売されてなかったそうです。

リビングシェルSは旧色が廃番になり、2018年12月に新色(グレー)が発売されたみたいです(2019年新製品として)。2017年時点では製品ラインナップに存在してないんですね。

 

リビングシェルSにも使えるとわかったら欲しくなってきました。

これならヘキサエヴォと用途が被らないはず。

リビングシェルロングPro.にも使えるのでサブのタープとして持ってて損は無いだろう、と。

 

今思えば2019年の雪峰祭でSALEしてたんですよね、2万円台で。

確かスノーピーク箕面自然館で見た気がします。あの時に買っておけば良かった。。

 

 

 

メルカリでコネクトタープ ヘキサ グレーをゲット

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

結局、メルカリで中古品を購入しました。

使用数回、ポール収納袋ナシで3万円台前半。

他が4万円近い値段で出品されている中、良心的な価格に思えたので即決しました。

 

 

 

コネクトタープ ヘキサ グレーを開封&試し張り

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

さあ、近所の淀川河川敷公園で試し張りです。

 

 

開封&設営準備

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

収納ケースはすごくコンパクト。

ポールが入ってないこともあって、押さえつければペタンコにできます。

 

 

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

中身はこれだけです。

ガイロープは自宅でセットしてきました(タープのガイロープは付けっぱなし派です)。

 

 

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

形が普通のタープとは異なります。

テンマクのムササビウイングと似た形状ですね。

テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
tent-Mark DESIGNS
¥18,480(2020/10/13 08:21時点)
パイピングはワインレッド※2017年生産モデルから張綱は「白」 自在は「赤のアルミ自在」に変更になりました。

 

 

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

メインポール側から見るとこんな形状です。

 

 

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

280cmのウイングポールを挿す部分は普通のタープと同じです。

 

 

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

普通のタープと違うのは、尾翼側ですね。

240cmのウイングポールを挿すグロメットの左右に「フレーム取付用自在付ロープ」を接続します。

 

 

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

こちらが「フレーム取付用自在付ロープ」。

これをリビングシェルのAフレームに装着します。

 

 

リビングシェルSとドッキング

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

ドッキングに手こずりました。

Aフレームに取り付ける「フレーム取付用自在付ロープ」の長さを試行錯誤。

 

 

フレーム取付用自在付ロープの長さ出典:スノーピーク

 

説明書にはロープの長さの参考値が載ってます。

リビングシェルとリビングシェルロングPro.の場合は90cm。

でも(当然ながら)リビングシェルSの参考値は載ってません。

 

90cmだとコネクトタープとリビングシェルSの間に隙間が生まれます。長過ぎ。

思い切って半分の45cmくらいにしたけど、まだ隙間が生まれます。

 

試行錯誤した結果、「フレーム取付用自在付ロープ」の長さはリビングシェルSの場合20cmくらいが妥当、という結論に至りました。

納得いくまで何度も長さを調節したので、かなり時間がかかりました・・・。

 

 

 

コネクトタープ ヘキサ グレーはリビングシェルSと相性抜群

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

期待してた通り、タープの大きさとシェルターの大きさのバランスがすごく良いです。
(ちょっとタープ下の荷物がゴチャついてることはご容赦ください。。)

 

リビングシェルSは本体サイズが小さいので「屋根が延長された感」が強く、コネクトタープ ヘキサ グレーのメリットを最大限に享受できます。

この美しいバランスはリビングシェルSだからこそ。

導入して良かった!!

 

たぶんリビングシェルロングPro.に装着しても「屋根が延長された感」は少ないと思います。

でもヘキサエヴォを併設できないような区画サイトでタープを張りたい時に活躍してくれるんじゃないかと期待しています。

 

 

リビングシェルS+ヘキサエヴォ

ちなみにリビングシェルSにヘキサエヴォを小川張りするとこんな感じになります。

これはこれで贅沢な張り方ですが、さすがにタープがデカ過ぎる。

完全にタープ下に配置する過保護張りもできそうですが、インナーテントならまだしもリビングシェルS(シェルター)を入れるのは、いくらなんでも過保護過ぎるかな、と。。

 

 

 

コネクトタープ ヘキサ グレーはシールドルーフと併用できない

スノーピーク コネクトタープ ヘキサ グレー

リビングシェルSと相性抜群のコネクトタープ ヘキサ グレーですが、弱点があります。

シールドルーフと併用ができません。

 

説明書にもシールドルーフと併用はNGと記載されています。

設置位置が重なるので摩擦で生地が傷む可能性アリ、とのこと。

 

「少し重なるくらい大丈夫なのでは?」と思ってました。

が、実際に装着した状態を見ると、確かに重なる部分は摩擦がヤバそう。

これは併用しない方が良いな、と納得しました。

 

 

 

 

 

以上、スノーピークのコネクトタープ ヘキサ グレー購入レビューでした!

 

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました