Amazonベストセラー1位の一酸化炭素チェッカー(中華製)を買ってみた

どうも、キャップです。

AIスピーカーじゃなくて一酸化炭素チェッカーの話です。

Amazonベストセラー1位の中華製を買ってみたので開封レポです。

 

 

幕内でストーブを焚くと不安

テント内での火器使用は火事や一酸化炭素中毒の危険がありメーカーが禁止している行為です。危険行為であることを認識し、自己責任で対応してください。

これが冬キャンプでストーブ関係の記事を書く際の大前提。

「事故防止策を講じれば大丈夫」と安易に他人にすすめるのはご法度です。

 

僕はこの大前提の元、自分の判断でリビングシェル内にフジカ・ハイペットを入れて暖を取っています。

換気に注意していますが「知らぬ間に一酸化炭素が発生したら・・・」という不安があるので一酸化炭素チェッカーを1台持っています。こういうシンプルなやつです。

一酸化炭素検出器のアラーム、COのガスセンサーの検出器デジタル表示付き目覚まし時計の警告(3単三電池は含まれていません) (1)
Dewsshine
¥1,359(2019/10/16 00:08時点)
小包の中に専門の日本語の説明書がついていますが、もし日本語の説明書が意外に届いていなかったら、連絡してください。 本警報器は天然ガス(メタン)、アタン、ブタン又は他の可燃性原材料の検出に使えない,一酸化炭素をテストすることしかできなくて、自動車の環境保護の要求によって、排気所で直接一酸化炭素を測らないことができません,テストが必要なら、密閉スペースでテストしてください。

 

 

 

一酸化炭素チェッカーを2台体制にする

「そのセンサー、ちゃんと動いてるの?」と聞かれて心配になりました。もしもこの一酸化炭素チェッカーが壊れている時に一酸化炭素が発生したら・・・。

念には念を、ということで1台追加して2台体制にすることにしました(2台体制を推奨したり安全を保証したりする意図はありませんので悪しからず)。

2018年12月1日時点でAmazonのベストセラー1位だったアイテムをゲット。

※既に販売終了してるっぽくリンク先は類似アイテム。

 

 

 

買った翌日に到着

Amazonはほんと届くの早いね。

綺麗な化粧箱に入ってました。これがAIスピーカーだったら、もっと開封もワクワクするんですが。

 

 

予想通り中国製です。

 

 

 

開封&電池セット

箱の中に入ってたのは本体とパンフレット?と壁固定用のビス2本とプラネジ、日本語の説明書。

 

 

文章がヘンですが意味はわかります。

 

 

単三電池が3本必要。手元の初号機は単三2本なのでランニングコストは高めかも。

 

 

電池を入れると120秒のカウントダウンが始まります。その後、緑色LEDのパイロットランプが35秒に1度点滅するよ、と書いてあります。

 

 

電池を入れてみました。

ピッという音と共にカウントダウンが始まりました。デジタルの数字でカウントダウンが確認できます。必要な儀式なんかな、これ。

TSETボタンを押すと、すっごくウルサイ警報音が鳴りました。

夜中にいじってたので家族が起きてこないかヒヤヒヤしました。ま、ブザーは正常に動作してるってことですね。

 

 

TESTボタンがこの位置にあるんですが、ここって電池を入れてフタを閉めてる時に間違って押してしまいがち。やや不便。

側面のラウンド部分はメッシュです。空気を取り入れやすくしてるのか飾りなのかは不明ですが、外観のちょっとした質感アップには貢献してますかね。ただ、全体的に安っぽい質感なのは否めない感じ。

 

 

 

どのジャンルのベストセラー1位なのかは要確認

この商品、実は「防犯ブザー」カテゴリの1位でした。後から気づきました。

ちなみに「放射能測定器」カテゴリの1位も一酸化炭素チェッカーでした。別の商品。

Amazonの「一酸化炭素チェッカー」検索結果画面には「ベストセラー1位」がけっこうたくさん並んでます。

色んな1位を見比べても今回はこの商品を選んだだろうな、と納得はしております。

でも、よく見て実力派と思しきものを選ぶようにしないと、1位だからと即決するのは危険かもですね。

Amazon.co.jp: 一酸化炭素チェッカー
Amazon.co.jp: 一酸化炭素チェッカー

 

 

以上、Amazonベストセラー1位の一酸化炭素チェッカー(中華製)の開封レポでした。

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました