スノーピーク箕面キャンプフィールドを詳しく紹介します~HQの次にできた古株のスノーピーク直営キャンプ場~

4.0

スノーピーク箕面キャンプフィールド

どうも、キャップです。

今回はスノーピーク箕面キャンプフィールドの紹介です!

 

箕面 Campfield | スノーピーク * Snow Peak
大阪の中心部から約40分。豊かな緑に囲まれた湖畔のキャンプフィールド。

 

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドとは?

1:スノーピーク直営店併設

スノーピーク箕面自然館出典:スノーピーク

箕面自然館は旧止々呂美小中学校を再利用した施設。

体育館を改装したスノーピーク直営店があります。ランドロックなどの大型幕も展示されています。雪峰祭も開催されます。

ただしキャンプ場からは少し離れた別の場所にあります。

 

 

2:実は高規格サイト

スノーピーク箕面キャンプフィールド

スノーピーク2か所目となる直営キャンプフィールドとして開業したのが2011年。10年経過してるので少し古さを感じる部分もありますが、電源サイトあり、洋式ウォッシュレット付トイレあり、炊事場に温水給湯器あり、と実は高規格サイトです。

 

 

3:アクセスが良い

高速道路の出口からキャンプ場まで車で5分。

こんなにアクセスの良いキャンプ場なかなか無いのでは。

 

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドの特徴

料金はちょっと割高感アリ

  • 区画サイト(電源ナシ):5,170円~※
  • 電源区画サイト:6,270円~※

土日1泊だと区画サイトで6,270円※になります。チェックインは14時から。

※いずれも2021/7/1以降の価格

 

料金を「~」で表現したのは平日、休日、ハイシーズンで変動するから。

電源区画サイトのハイシーズンだと8,000円を超えます。

高規格でサイトもそこそこ広いのですが、チェックインは14時からと遅め。

関西のキャンプ場の相場からすると少し割高感があります。

利用料金の詳細は以下で。

箕面 Campfield | スノーピーク * Snow Peak
大阪の中心部から約40分。豊かな緑に囲まれた湖畔のキャンプフィールド。

 

 

サイトによって形や水はけの良さはバラバラ

フィールドマップ出典:スノーピーク

 

一応「各サイトの大きさは約144㎡です」という説明なのですが、場所によってはそこまで広く感じない所もあります(自分でサイトを指定できないのですが)。

 

 

Bサイトの19番以降のエリアは水はけも良い

スノーピーク箕面キャンプフィールド

Bサイトの19~24はゆったり広い印象です。

車を横付けして、2ルームとタープを張れる広さがあります。

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド

僕は今回Bサイトの21番に宿泊しました。

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド

ここは広くて水はけも良かったです。雨の上がった翌日はここまで乾燥しました。

 

 

 

Bサイトの10~14番は水はけが悪い

スノーピーク箕面キャンプフィールド

同じBサイトでも炊事棟に近い10番~14番のエリアは水はけが悪いです。

ここがSPWのワークショップと焚火トークの会場になりましたが、宿泊サイトに割り当てなかったのは、水はけが悪いからかも。

 

 

Aサイトには電源付きサイトと車乗入不可サイトがある

スノーピーク箕面キャンプフィールド

電源付きを選ぶとAサイトになります。

以前A-22に宿泊したことがあるのですが、ちょっと狭く感じました。

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド

この角っこのA-29とかだと広々使えるかもですが、電源付きで値段が1,000円高くなるからと言って、電源なしサイトより広いとは限りません。

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド

ちなみにAサイトには車乗り入れ不可のサイト(電源ナシ)があります。A-15からA-18。

指定の駐車エリアに車を停めます。

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド

で、一段高いエリアにあるサイトに荷物を移動して設営します。

プライベート感はありますけど、ちょっと大変ですね。

 

 

 

施設の良い点

トイレはほぼ完ぺき

スノーピーク箕面キャンプフィールド

中の写真は撮りませんでしたが、トレイに不満を感じる人はいないはず。

温水洗浄・暖房便座で綺麗です。バリアフリートイレもあります。

 

 

炊事棟・洗い場もほぼ完ぺき

スノーピーク箕面キャンプフィールド

こちらAサイトとBサイトの間にある炊事棟。

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド

こちらCサイトにある炊事棟。

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールド

どちらにも給湯機が数カ所に設置されており、お湯が使えます。

シンクも綺麗だし、洗い場に不満を感じることは無いと思います。

 

 

 

施設の残念な点

燃えないゴミは持ち帰り

燃えるゴミと炭は捨てて帰れますが、瓶・缶など燃えないゴミは持ち帰りです。

缶ビールを飲んだら空き缶は持ち帰らないといけません。全てのゴミを捨てて帰れないのはちょっと残念。

 

 

お風呂が安いが微妙に遠い

箕面自然館のお風呂出典:スノーピーク

箕面自然館にお風呂があります。

利用は15時~19時まで。タオル、シャンプー等は無いので持参。

大人330円(税込)、小人165円(税込)と良心的な価格なんですが、キャンプ場から車で5分ほどかかるので、夜アルコールを飲んでしまうと使えません。同じ敷地内にあると嬉しいんですけどねー。

結局、このお風呂を利用したことはありません。

ちなみにキャンプ場にあるシャワーが5分100円と比較的安いです。

 

 

 

スノーピーク箕面キャンプフィールドのプチ歴史情報

スノーピーク箕面キャンプフィールド

SPWでスタッフに聞いた話では、このキャンプ場の地域はダムの底に沈む計画もあったそうです。

箕面市が指定管理者を募集し、直営キャンプフィールドの展開を進めようとしていたスノーピークが手を挙げ、平成23年4月15日オープンしました。

箕面市立止々呂美ふるさと自然館指定管理者候補者選定委員会 議事概要

 

以下に開設当初の記事が確認できます。

スノーピーク箕面自然館がオープンしました - 部長ブログ@箕面市役所
 こんにちは、監査委員事務局・公平委員会事務局の坂本です。 さて今日は、以前、工事監査で紹介しました止々呂美ふるさと自然館と野外活動緑地について、その後の状況をお伝えします。 この二つの施設は、アウトドア用品メーカーの株式会社スノーピークが指定管理者となり施設の管理と運営を行っています。また、施設の名称も止々呂美ふるさ...

 

 

 

以上、スノーピーク箕面キャンプフィールドの紹介でした!!

The following two tabs change content below.
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました