一眼レフで撮ったキャンプ写真の紹介

この記事をシェアする

どうも、キャップです。

先週、久しぶりに矢橋帰帆島公園でキャンプしてきました。

キハントウ、実に1年数か月ぶりです。

その時に撮った写真からいくつか紹介します!

カールツァイス Planar T* 1.4/50 ZE

今回EOS 6Dに装着したレンズは単焦点のプラナー。

これ1本。他にレンズは持って行きませんでした。

カールツァイス Planar T* 1.4/50 ZEは本当に良いレンズです。

フルサイズの一眼レフカメラと単焦点レンズなら、スマホでは表現できないボケ味の美味しい写真が撮れます!

マニュアルフォーカスのレンズで撮るなんて物好きですよね。

今は一瞬でピントが合うオートフォーカスレンズが当たり前ですからね。

ピント合わせが手間ですけど、敢えてです、敢えて。

キャンプも敢えて野外で寝泊まりするじゃないですか。快適な生活道具一式が揃ってる自宅を離れて。同じだと思うんですよね、敢えてってところが。

リビングシェル フェチ

※クリックでオリジナルサイズの画像が開きます。

で、何を撮るかって、やっぱりリビングシェルを撮っちゃうんですよね。

この幕が大好きだから。

赤の配色度合い、立ち姿、Aフレームの形状、シールドルーフの被さり方・・・

好きなポイントを挙げ始めたらキリがないですね。色々好きです。

※クリックでオリジナルサイズの画像が開きます。

小春日和。午後には汗ばむくらいの陽気。メッシュにして風の通り道を。

一部をメッシュにするだけで、だいぶ体感温度が変わりますね。

昨年冬に買ったので、まだフルメッシュで寝たことはありせん。

※クリックでオリジナルサイズの画像が開きます。

跳ね上げたキャノピー下の空間って、どこか秘密基地的な要素があってワクワクする。

キャノピー下にはローチェア。

ローチェアってリビングシェルに合いますね。

※クリックでオリジナルサイズの画像が開きます。

ローチェアに座ってコーヒー飲む時間が最高です。

今回初めてケトルを直火で沸かしてみました。一瞬で煤けてしまった。。

※クリックでオリジナルサイズの画像が開きます。

子供が一緒なので、ゆっくり座っていられる時間は、ほんの一瞬。

でも、そういう瞬間が喜びです。

キハントウ、実に1年数か月ぶりだったのですが、やっぱ良いですね。

リヤカーで荷物運ぶのが辛いけど。

「キャンプ場に来たぜ!」と気負わず過ごせる独特の雰囲気。良いです。

何故かホームグランドって感じがします笑。

以上。

The following two tabs change content below.
キャップ
京都在住のサラリーマンキャンパー。家族4人のファミリーキャンプでも無理なく使えるギア選びに悩む日々。スノーピーク好き。カメラ歴10年。詳しいプロフィールはこちら
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告

この記事をシェアする

フォローする

スポンサーリンク
AdSenseレスポンシブ広告